薬剤情報
後発品
薬効分類ナトリウム (Na) 製剤
一般名塩化ナトリウム
薬価6.6
メーカー日医工
最終更新2013年07月改訂(第1版)

用法・用量

1.経口:塩化ナトリウムとして、1回1〜2gをそのまま、又は水に溶かして経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

2.外用:

1).等張液として皮膚、創傷面、粘膜の洗浄、湿布に用いる。

2).等張液として含嗽、噴霧吸入に用いる。

効能・効果

1.経口:食塩喪失時の補給。

2.外用:皮膚・創傷面・粘膜の洗浄・湿布。

3.外用:含嗽・噴霧吸入剤として気管支粘膜洗浄・喀痰排出促進。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

(経口)大量投与:(頻度不明)悪心・嘔吐等の消化器症状、高ナトリウム血症、うっ血性心不全、浮腫。

慎重投与

1.(経口)心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[塩化ナトリウムを負荷することから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。

2.(経口)腎障害のある患者[塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。

高齢者への注意

(高齢者への投与)

(経口):一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

保管上の注意

1.防湿(固結する場合があるが、品質には影響ない)。

2.気密容器。

塩化ナトリウム「日医工」
塩化ナトリウム「日医工」

塩化ナトリウム「日医工」

ナトリウム (Na) 製剤
2013年07月改訂(第1版)
薬剤情報
後発品
薬効分類ナトリウム (Na) 製剤
一般名塩化ナトリウム
薬価6.6
メーカー日医工
最終更新2013年07月改訂(第1版)

用法・用量

1.経口:塩化ナトリウムとして、1回1〜2gをそのまま、又は水に溶かして経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

2.外用:

1).等張液として皮膚、創傷面、粘膜の洗浄、湿布に用いる。

2).等張液として含嗽、噴霧吸入に用いる。

効能・効果

1.経口:食塩喪失時の補給。

2.外用:皮膚・創傷面・粘膜の洗浄・湿布。

3.外用:含嗽・噴霧吸入剤として気管支粘膜洗浄・喀痰排出促進。

副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用

(経口)大量投与:(頻度不明)悪心・嘔吐等の消化器症状、高ナトリウム血症、うっ血性心不全、浮腫。

慎重投与

1.(経口)心臓機能障害、循環器系機能障害のある患者[塩化ナトリウムを負荷することから心臓に負担をかけ、症状が悪化する恐れがある]。

2.(経口)腎障害のある患者[塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく、症状が悪化する恐れがある]。

高齢者への注意

(高齢者への投与)

(経口):一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

保管上の注意

1.防湿(固結する場合があるが、品質には影響ない)。

2.気密容器。

薬剤情報

薬剤写真、用法用量、効能効果や後発品の情報が一度に参照でき、関連情報へ簡単にアクセスができます。

一般名、製品名どちらでも検索可能!

※ ご使用いただく際に、必ず最新の添付文書および安全性情報も併せてご確認下さい。