監修・協力医師一覧

監修・協力医師一覧

(五十音順)

赤松 弘朗
和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科 (内科学第三講座) 准教授
赤松 弘朗先生

2021年より和歌山県立医科大学附属病院 准教授。 日本内科学会 (総合内科専門医)、 日本呼吸器学会 (専門医・指導医)、 日本臨床腫瘍学会 (専門医・指導医)、 日本肺癌学会 (評議員、 国際委員会委員、 データベース委員会委員)

和歌山県立医科大学
出雲雄大
日本赤十字社医療センター呼吸器内科 部長
出雲雄大先生

2000年関西医科大学医学部医学科卒業後、東京女子医科大学呼吸器内科へ入局。 2009年、同大大学院医学研究科博士課程修了。 12年国立がん研究センター中央病院へ移り、15年には同病院内視鏡センターの医長を務める。 2017年から現職。

日本赤十字社医療センター
上野 誠
神奈川県立がんセンター消化器内科 (肝胆膵) 部長
上野 誠先生

1998年、横浜市立大学卒業。 初期臨床研修修了後、 藤沢市民病院消化器内科に勤務。 2003年神奈川県立がんセンターへ移り、 2020年より消化器内科肝胆膵部長を務めている。 日本臨床腫瘍学会 (監事・評議員)、 がん薬物療法専門医・指導医。

神奈川県立がんセンター
尾崎 由記範
がん研有明病院乳腺内科 医長・ 先端医療開発科併任
尾崎 由記範先生

2008年慶應義塾大学医学部卒業、 2022年東京医科歯科大学大学院卒業。 初期研修修了後、 亀田総合病院、 虎の門病院を経て、 現在、 がん研有明病院 乳腺内科医長・先端医療開発科併任として、 乳癌診療および臨床研究に従事している。 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、 協議員。 日本内科学会総合内科専門医。

がん研有明病院
扇屋大輔
東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科
扇屋大輔先生

2006年、山梨大学医学部医学科卒業。初期臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科へ入局。 その後、 ダナ•ファーバーがん研究所多発性骨髄腫研究センターへの留学を経て、現職は東海大学医学部付属病院血液腫瘍内科 講師。 日本血液学会血液専門医・指導医・評議員。 日本臨床腫瘍学会専門医・指導医。

東海大学医学部付属病院
垣内誠司
淀川キリスト教病院血液内科
垣内誠司先生

現職は淀川キリスト教病院 血液内科。 日本血液学会血液専門医・指導医、 日本内科学会総合内科専門医、 日本内科学会認定内科医・認定内科指導医、 医学博士。 HOKUTOでは若手医師向けの連載を担当。

淀川キリスト教病院
近藤 千紘
国立がん研究センター東病院腫瘍内科 医員
近藤 千紘先生

岐阜大学医学部卒業。愛知県がんセンター中央病院、豊橋市民病院、名古屋第一赤十字病院、虎の門病院を経て、2020年国立がん研究センター東病院 腫瘍内科 医員。泌尿器がんの薬物療法が専門分野。2015年には米国MDアンダーソンがんセンターに短期留学。日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医・協議員。

国立がん研究センター東病院
後藤正博
聖路加国際病院救急部
後藤正博先生

聖路加国際病院での初期臨床研修修了後、同院救急部へ入局。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、皮膚科領域の対応にも造詣が深い今注目の若手医師のひとり。

聖路加国際病院
清水真人
コンテンツ事業責任者 / 聖路加国際病院救急部
清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。現在、 救急医として勤務しながら、 株式会社HOKUTOコンテンツ事業責任者を兼任している。

コンテンツ事業責任者 / 聖路加国際病院
西澤俊紀
聖路加国際病院一般内科
西澤俊紀先生

東京医科歯科大学医学部卒業後、 聖路加国際病院にて初期研修を修了。 聖路加国際病院の総合診療プログラム時代には内科チーフレジデントも経験。ストップ風疹プロジェクトなど、院外での活動にも精力的に取り組む注目の若手医師。

聖路加国際病院
福原 宏樹
山形大学医学部 腎泌尿器外科学講座助教
福原 宏樹先生

2010年山形大学医学部卒業。2012年より同大学腎泌尿器外科学講座、日本海総合病院、日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院、鶴岡市立荘内病院などを経て、2020年10月から再び山形大学腎泌尿器外科学講座に勤務。日本泌尿器科学会専門医・指導医、がん治療認定医、日本臨床腎移植学会腎移植専門医。

山形大学医学部 腎泌尿器外科学講座
藤野貴久
聖路加国際病院血液内科
藤野貴久先生

2016年に福岡大学卒業後、 初期研修から聖路加国際病院にて勤務。 2017年にベストレジデントを受賞後、 2019年に内科チーフレジデントを経験。 2020年には聖路加研修医が選ぶベストティーチャー賞に選出。 自治医大さいたま医療センターICU、 諏訪中央病院、 国立国際医療研究センターなどで院外研修を積む。

聖路加国際病院
町田 望
神奈川県立がんセンター消化器内科 (消化管) 部長
町田 望先生

北大第3内科関連病院研修後、2008年〜2020年静岡がんセンター消化器内科に勤務。JCOG/WJOGの研究事務局や企業治験施設PIを多数経験。2020年4月の現職着任と同時に横浜市大消化器内科学教室に入局し、新規治療開発と同時に若手医師教育を行っている。

神奈川県立がんセンター
松尾貴公
MDアンダーソンがんセンター感染症科
松尾貴公先生

2011年、聖路加国際病院 ベストレジデント受賞。 2013年~2020年、聖路加ベストティーチャー賞受賞。 聖路加国際病院感染症科医員で、現在はテキサス大学ヒューストン校 / MDアンダーソンがんセンター 感染症科に留学中。

MDアンダーソンがんセンター
溝江篤
藤田医科大学総合診療プログラム
溝江篤先生

2015年、 昭和大学藤が丘病院初期臨床研修修了。 2017年、 赤穂市民病院 総合診療科。 2021年から藤田医科大学 総合診療プログラム。 認定資格は、日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医、日本内科学会 認定内科医など。

藤田医科大学
群星沖縄臨床研修センター
臨床研修病院群一般社団法人
群星沖縄臨床研修センター

群星沖縄は、 「よい医師を育てる」 という一点で協力し、基幹型病院と協力型病院・施設で病院群を形成して相補的に研修医教育を担う臨床研修病院群プロジェクトです。

臨床研修病院群
森本将矢
紀南病院血液内科
森本将矢先生

2018年、 聖路加国際病院血液内科フェロー。 2019年 和歌山県立医科大学附属病院血液内科。 2019年10月~現職 紀南病院血液内科医長。

紀南病院
監修・協力医師一覧