概要
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

エンハーツ® (添付文書/適正使用情報*)

*第一三共株式会社の外部サイトへ遷移します¹⁾

投与スケジュール

【1コース】3週間
【催吐性】 中等度~高度催吐性*
【FN発症】低リスク (<20%)

1回5.4mg/kgを90分かけ3週間間隔で点滴静注

初回の忍容性良好なら2回目以降の投与時間は30分間まで短縮

*催吐性と前投薬

NCCN GL²⁾では高度、 2023年10月改訂の国内ガイドライン³⁾では中等度催吐性として扱われている。 制吐薬は、 NK1拮抗薬や5HT3拮抗薬、 デキサメタゾン、 その併用を投与することがある。

KeyData|臨床試験結果

第Ⅱ相試験 (DESTINY-Lung02)⁷⁾

対象: HER2遺変異陽性の既治療NSCLC152例
方法: T-DXd単剤療法 5.4 vs 6.4mg/kg

【有効性】5.4mg/kg vs 6.4mg/kg群

- ORR 49.0% vs 56.0%

- mPFS 9.9ヵ月 vs 15.4ヵ月

- mOS 19.5ヵ月 vs 未到達

2022年12月23日のデータカットオフ時点での観察期間中央値は、 5.4mg/kg群が11.5ヵ月、 6.4mg/kg群が11.8ヵ月

【安全性】

Grade 3以上は5.4群 38.6% vs 6.4群 58.0%

(間質性肺炎は12.9% vs 28.0%)

5.4mg/kg投与時の有害事象データを引用

(カッコ内はGrade3~4)

- 悪心 67.3% (4.0%)

- 好中球数減少 42.6% (18.8%)

- 疲労 44.6% (7.9%)

- 食欲減退 39.6% (2.0%)

- 貧血 36.6%(10.9%)

- 便秘 36.6% (1.0%)

- 嘔吐 31.7% (3.0%)

- 白血球数減少 28.7% (5.0%)

- 血小板数減少 27.7% (5.9%)

- 下痢 22.8% (1.0%)

- 脱毛症 21.8% (0%)

- AST上昇 21.8% (3.0%)

- 筋骨格痛 16.8% (1.0%)

- 口内炎 15.8% (0%)

- COVID-19 13.9% (0%)

- 発熱 12.9% (0%)

- 低K血症 12.9% (6.9%)

- 浮動性めまい 12.9% (0%)

- 体重減少 10.9% (3.0%)

第Ⅱ相試験 (DESTINY-Lung01)⁶⁾

対象:HER2変異陽性の既治療NSCLC 91例
方法:T-DXd単剤療法 6.4mg/kgを評価

▼有効性

- ORR 55%

- mPFS 8.2ヵ月

- mOS 17.8ヵ月

▼安全性

消化器毒性 (悪心・嘔吐、下痢など)、 血液毒性 (好中球減少、貧血など)、 倦怠感、 脱毛、 食欲不振 (間質性肺炎は13% (12例)、 うち1例はGrade 5)

減量・休薬・中止基準

適正使用ガイド 2023年8月改訂、 電子添付文書をもとに作成 (NCI-CTCAE ver.5.0)

3.2mg/kgで忍容性が得られない場合、 中止

DESTINY-Lung02プロトコル

>>外部リンクへ遷移します

実際の副作用マネジメント

第一三共株式会社 エンハーツ®︎ 適正使用ガイドを参照

>>外部リンクへ遷移します

特徴と注意点

肺癌診療ガイドライン2023の推奨⁵⁾

2023年8月のエンハーツ®︎適応追加と、 DESTINY-Lung01、02試験の結果⁶⁾⁷⁾をもって、肺癌診療ガイドライン2023ではHER2遺伝子変異陽性NSCLCに対し、 二次治療以降でT-DXd単剤療法を行うよう推奨されている [推奨の強さ:1、 エビデンスの強さ:C]。

その他の注意点

一般名が類似しているトラスツズマブ及びトラスツズマブ エムタンシンとの取り違えが起こらないように処方、 調剤時には十分注意する。 また、 カンプトテシン誘導体を含むが、 グルクロン酸抱合体の検出はなく、 また、 ヒト肝ミクロソームを用いた検討からもUGT依存的な代謝は認められていないため、 UGT1A1の遺伝子多型が有効性・安全性に影響する可能性は低いと考えられている。

参考文献

  1. 第一三共株式会社 エンハーツ®︎ 適正使用ガイド 2023年8月改訂 [最終閲覧日 2023/11/12]
  2. NCCN guidelines. Antiemesis Version 2.2023
  3. 日本癌治療学会. 制吐薬適正使用ガイドライン 2023年10月改訂 第3版. 金原出版 2023
  4. Incidence of interstitial lung disease and cardiotoxicity with trastuzumab deruxtecan in breast cancer patients: a systematic review and single-arm meta-analysis. ESMO Open. 2023 Aug;8(4):101613. PMID: 37481956
  5. 日本肺癌学会. 肺癌診療ガイドライン-悪性胸膜中皮腫・ 胸腺腫瘍含む-2023年版
  6. Trastuzumab Deruxtecan in HER2-Mutant Non-Small-Cell Lung Cancer. N Engl J Med. 2022 Jan 20;386(3):241-251. PMID: 34534430
  7. Trastuzumab Deruxtecan in Patients With HER2-Mutant Metastatic Non-Small-Cell Lung Cancer: Primary Results From the Randomized, Phase II DESTINY-Lung02 Trial. J Clin Oncol. 2023 Nov 1;41(31):4852-4863. PMID: 37694347

最終更新日 : 2023年11月12日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

レジメン
T-DXd
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
T-DXd
レジメン
T-DXd

T-DXd

トラスツズマブ デルクステカン (エンハーツ®︎)
2024年04月02日更新
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

エンハーツ® (添付文書/適正使用情報*)

*第一三共株式会社の外部サイトへ遷移します¹⁾

投与スケジュール

【1コース】3週間
【催吐性】 中等度~高度催吐性*
【FN発症】低リスク (<20%)

1回5.4mg/kgを90分かけ3週間間隔で点滴静注

初回の忍容性良好なら2回目以降の投与時間は30分間まで短縮

*催吐性と前投薬

NCCN GL²⁾では高度、 2023年10月改訂の国内ガイドライン³⁾では中等度催吐性として扱われている。 制吐薬は、 NK1拮抗薬や5HT3拮抗薬、 デキサメタゾン、 その併用を投与することがある。

KeyData|臨床試験結果

第Ⅱ相試験 (DESTINY-Lung02)⁷⁾

対象: HER2遺変異陽性の既治療NSCLC152例
方法: T-DXd単剤療法 5.4 vs 6.4mg/kg

【有効性】5.4mg/kg vs 6.4mg/kg群

- ORR 49.0% vs 56.0%

- mPFS 9.9ヵ月 vs 15.4ヵ月

- mOS 19.5ヵ月 vs 未到達

2022年12月23日のデータカットオフ時点での観察期間中央値は、 5.4mg/kg群が11.5ヵ月、 6.4mg/kg群が11.8ヵ月

【安全性】

Grade 3以上は5.4群 38.6% vs 6.4群 58.0%

(間質性肺炎は12.9% vs 28.0%)

5.4mg/kg投与時の有害事象データを引用

(カッコ内はGrade3~4)

- 悪心 67.3% (4.0%)

- 好中球数減少 42.6% (18.8%)

- 疲労 44.6% (7.9%)

- 食欲減退 39.6% (2.0%)

- 貧血 36.6%(10.9%)

- 便秘 36.6% (1.0%)

- 嘔吐 31.7% (3.0%)

- 白血球数減少 28.7% (5.0%)

- 血小板数減少 27.7% (5.9%)

- 下痢 22.8% (1.0%)

- 脱毛症 21.8% (0%)

- AST上昇 21.8% (3.0%)

- 筋骨格痛 16.8% (1.0%)

- 口内炎 15.8% (0%)

- COVID-19 13.9% (0%)

- 発熱 12.9% (0%)

- 低K血症 12.9% (6.9%)

- 浮動性めまい 12.9% (0%)

- 体重減少 10.9% (3.0%)

第Ⅱ相試験 (DESTINY-Lung01)⁶⁾

対象:HER2変異陽性の既治療NSCLC 91例
方法:T-DXd単剤療法 6.4mg/kgを評価

▼有効性

- ORR 55%

- mPFS 8.2ヵ月

- mOS 17.8ヵ月

▼安全性

消化器毒性 (悪心・嘔吐、下痢など)、 血液毒性 (好中球減少、貧血など)、 倦怠感、 脱毛、 食欲不振 (間質性肺炎は13% (12例)、 うち1例はGrade 5)

減量・休薬・中止基準

適正使用ガイド 2023年8月改訂、 電子添付文書をもとに作成 (NCI-CTCAE ver.5.0)

3.2mg/kgで忍容性が得られない場合、 中止

DESTINY-Lung02プロトコル

>>外部リンクへ遷移します

実際の副作用マネジメント

第一三共株式会社 エンハーツ®︎ 適正使用ガイドを参照

>>外部リンクへ遷移します

特徴と注意点

肺癌診療ガイドライン2023の推奨⁵⁾

2023年8月のエンハーツ®︎適応追加と、 DESTINY-Lung01、02試験の結果⁶⁾⁷⁾をもって、肺癌診療ガイドライン2023ではHER2遺伝子変異陽性NSCLCに対し、 二次治療以降でT-DXd単剤療法を行うよう推奨されている [推奨の強さ:1、 エビデンスの強さ:C]。

その他の注意点

一般名が類似しているトラスツズマブ及びトラスツズマブ エムタンシンとの取り違えが起こらないように処方、 調剤時には十分注意する。 また、 カンプトテシン誘導体を含むが、 グルクロン酸抱合体の検出はなく、 また、 ヒト肝ミクロソームを用いた検討からもUGT依存的な代謝は認められていないため、 UGT1A1の遺伝子多型が有効性・安全性に影響する可能性は低いと考えられている。

参考文献

  1. 第一三共株式会社 エンハーツ®︎ 適正使用ガイド 2023年8月改訂 [最終閲覧日 2023/11/12]
  2. NCCN guidelines. Antiemesis Version 2.2023
  3. 日本癌治療学会. 制吐薬適正使用ガイドライン 2023年10月改訂 第3版. 金原出版 2023
  4. Incidence of interstitial lung disease and cardiotoxicity with trastuzumab deruxtecan in breast cancer patients: a systematic review and single-arm meta-analysis. ESMO Open. 2023 Aug;8(4):101613. PMID: 37481956
  5. 日本肺癌学会. 肺癌診療ガイドライン-悪性胸膜中皮腫・ 胸腺腫瘍含む-2023年版
  6. Trastuzumab Deruxtecan in HER2-Mutant Non-Small-Cell Lung Cancer. N Engl J Med. 2022 Jan 20;386(3):241-251. PMID: 34534430
  7. Trastuzumab Deruxtecan in Patients With HER2-Mutant Metastatic Non-Small-Cell Lung Cancer: Primary Results From the Randomized, Phase II DESTINY-Lung02 Trial. J Clin Oncol. 2023 Nov 1;41(31):4852-4863. PMID: 37694347

最終更新日 : 2023年11月12日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(呼吸器)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。