概要
監修医師
最終確認日 : 2024年5月30日
注) 最新の情報については、 医薬品医療機器総合機構(PMDA)公式サイトでご確認ください

主要なコンパニオン診断薬

<更新履歴>
2024/5/30 : MET ex14変異・カプマチニブに対するAmoy Dx肺癌マルチ遺伝子PCRパネルの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2024/5/23 : MET ex14変異・カプマチニブに対するオンコマイン Dx Target Test マルチ CDxシステムの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2024/3/5 : RET変異・セルペルカチニブに対するFoundation Oneの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2024/3/5 : BRAF/RET/KRAS G12C変異・ダブラフェニブ、 トラメチニブ/セルペルカチニブ/ソトラシブに対する肺がんコンパクトパネルの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2023/6/28 : MET ex14変異・カプマチニブに対するFoundation One Liquidの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2023/7/20 : MET変異・テポチニブに対するArcherMETコンパニオン診断システムの供給終了を受け、 該当部分を削除しました
2023/9/4 : HER2変異・トラスツズマブ デルクステカンに対するオンコマイン Dx Target Test マルチ CDxシステムの承認を受け、赤字の部分を追記しました

その他のコンパニオン診断薬

EGFR

ALK

ROS1

KRAS G12C

NTRK 1/2/3

HER2

BRAF

<更新履歴>
2023/11/14 : HER2変異・トラスツズマブ デルクステカンに対するGuardant360 CDxの承認を受け、赤字の部分を追記しました
2023/12/5 : BRAF変異・ダブラフェニブ、 トラメチニブに対するMEBGEN BRAF 3 キットの承認を受け、赤字の部分を追記しました

参考文献

医薬品医療機器総合機構(PMDA)

コンパニオン診断薬等の情報(令和6年5月17日版)

レジメン
肺癌コンパニオン診断薬
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
肺癌コンパニオン診断薬
レジメン
肺癌コンパニオン診断薬

肺癌コンパニオン診断薬

PMDA 2024年5月17日版より
2024年05月30日更新
最終確認日 : 2024年5月30日
注) 最新の情報については、 医薬品医療機器総合機構(PMDA)公式サイトでご確認ください

主要なコンパニオン診断薬

<更新履歴>
2024/5/30 : MET ex14変異・カプマチニブに対するAmoy Dx肺癌マルチ遺伝子PCRパネルの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2024/5/23 : MET ex14変異・カプマチニブに対するオンコマイン Dx Target Test マルチ CDxシステムの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2024/3/5 : RET変異・セルペルカチニブに対するFoundation Oneの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2024/3/5 : BRAF/RET/KRAS G12C変異・ダブラフェニブ、 トラメチニブ/セルペルカチニブ/ソトラシブに対する肺がんコンパクトパネルの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2023/6/28 : MET ex14変異・カプマチニブに対するFoundation One Liquidの承認を受けて、 赤字の部分を更新しました
2023/7/20 : MET変異・テポチニブに対するArcherMETコンパニオン診断システムの供給終了を受け、 該当部分を削除しました
2023/9/4 : HER2変異・トラスツズマブ デルクステカンに対するオンコマイン Dx Target Test マルチ CDxシステムの承認を受け、赤字の部分を追記しました

その他のコンパニオン診断薬

EGFR

ALK

ROS1

KRAS G12C

NTRK 1/2/3

HER2

BRAF

<更新履歴>
2023/11/14 : HER2変異・トラスツズマブ デルクステカンに対するGuardant360 CDxの承認を受け、赤字の部分を追記しました
2023/12/5 : BRAF変異・ダブラフェニブ、 トラメチニブに対するMEBGEN BRAF 3 キットの承認を受け、赤字の部分を追記しました

参考文献

医薬品医療機器総合機構(PMDA)

コンパニオン診断薬等の情報(令和6年5月17日版)

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(呼吸器)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。