概要
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

*日本イーライリリーの外部サイトへ遷移します
*中外製薬株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

OCEANS試験¹⁾

ゲムシタビンとカルボプラチンは6サイクルまで、 ベバシズマブのみ10サイクルまで継続後

J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45.より作図、 引用

電子添文の用法および用量
ゲムシタビン²⁾³⁾ : 1回1000mg/m²を30分かけて点滴静注し、 週1回投与を3週連続し、 4週目は休薬
ジェムザール®電子添文 (2021年8月改訂 第1版)、 適正使用ガイド (2021年10月作成) より引用
カルボプラチン⁴⁾ : 1日1回300~400mg/m²を投与し、 少なくとも4週間休薬
パラプラチン®電子添文 (2023年5月改訂 第3版) より引用
ベバシズマブ⁵⁾⁶⁾ : 1回10mg/kgを2週間間隔又は1回15mg/kgを3週間間隔で点滴静脈内注射
アバスチン®電子添文 (2024年3月改訂 第5版)、 適正使用ガイド (2022年6月作成)より引用

中止基準

OCEANS試験¹⁾

  • Grade3、 4の薬物で管理されない高血圧
  • ≧Grade2の肺またはCNS出血、 もしくは他のGrade4の出血
  • Grade4で症状のある静脈血栓症
  • 動脈TE (血栓塞栓) イベント
  • Grade4の左室収縮機能不全
  • ネフローゼ症候群
  • Grade1の原因不明の消化管穿孔*またはGrade2以上の消化管穿孔 (腹腔内膿瘍または瘻孔を含む)
*腹腔穿刺や再手術など他の原因に起因する腹腔内気泡の証拠を除く
  • 内科的または外科的介入後も完全に回復していない≧Grade2の腸閉塞
  • 内科的または外科的介入を要する創傷の開裂
  • RPLS (逆行性後白質脳症症候群)
  • 研究者によって研究薬に関連すると考えられる任意のGrade4の事象
J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45.より引用

主な有害事象

OCEANS試験¹⁾

主な有害事象

  • 発熱性好中球減少症 1.6%
  • 好中球数減少 (≧Grade4) 20.6%

注意すべき有害事象

  • 高血圧 (≧Grade3) 17.4%
  • 蛋白尿 (≧Grade3)  8.5%
J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45.より引用

出典

  1. OCEANS: a randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial of chemotherapy with or without bevacizumab in patients with platinum-sensitive recurrent epithelial ovarian, primary peritoneal, or fallopian tube cancer. J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45. PMID: 22529265
  2. 日本イーライリリー. ジェムザール®電子添文 (2021年8月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  3. 日本イーライリリー. ジェムザール®適正使用ガイド (2021年10月作成) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  4. クリニジェン株式会社. パラプラチン®電子添文 (2023年5月改訂 第3版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  5. 中外製薬株式会社. アバスチン®電子添文 (2024年3月改訂 第5版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  6. 中外製薬株式会社. アバスチン®適正使用ガイド (2022年6月作成) [最終閲覧 : 2024/03/21]
最終更新日 : 2024年3月21日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

レジメン
GEM+CBDCA+Bmab followed by Bmab
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
GEM+CBDCA+Bmab followed by Bmab
レジメン
GEM+CBDCA+Bmab followed by Bmab

GEM+CBDCA+Bmab followed by Bmab

ゲムシタビン+カルボプラチン+ベバシズマブ
2024年04月19日更新
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

*日本イーライリリーの外部サイトへ遷移します
*中外製薬株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

OCEANS試験¹⁾

ゲムシタビンとカルボプラチンは6サイクルまで、 ベバシズマブのみ10サイクルまで継続後

J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45.より作図、 引用

電子添文の用法および用量
ゲムシタビン²⁾³⁾ : 1回1000mg/m²を30分かけて点滴静注し、 週1回投与を3週連続し、 4週目は休薬
ジェムザール®電子添文 (2021年8月改訂 第1版)、 適正使用ガイド (2021年10月作成) より引用
カルボプラチン⁴⁾ : 1日1回300~400mg/m²を投与し、 少なくとも4週間休薬
パラプラチン®電子添文 (2023年5月改訂 第3版) より引用
ベバシズマブ⁵⁾⁶⁾ : 1回10mg/kgを2週間間隔又は1回15mg/kgを3週間間隔で点滴静脈内注射
アバスチン®電子添文 (2024年3月改訂 第5版)、 適正使用ガイド (2022年6月作成)より引用

中止基準

OCEANS試験¹⁾

  • Grade3、 4の薬物で管理されない高血圧
  • ≧Grade2の肺またはCNS出血、 もしくは他のGrade4の出血
  • Grade4で症状のある静脈血栓症
  • 動脈TE (血栓塞栓) イベント
  • Grade4の左室収縮機能不全
  • ネフローゼ症候群
  • Grade1の原因不明の消化管穿孔*またはGrade2以上の消化管穿孔 (腹腔内膿瘍または瘻孔を含む)
*腹腔穿刺や再手術など他の原因に起因する腹腔内気泡の証拠を除く
  • 内科的または外科的介入後も完全に回復していない≧Grade2の腸閉塞
  • 内科的または外科的介入を要する創傷の開裂
  • RPLS (逆行性後白質脳症症候群)
  • 研究者によって研究薬に関連すると考えられる任意のGrade4の事象
J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45.より引用

主な有害事象

OCEANS試験¹⁾

主な有害事象

  • 発熱性好中球減少症 1.6%
  • 好中球数減少 (≧Grade4) 20.6%

注意すべき有害事象

  • 高血圧 (≧Grade3) 17.4%
  • 蛋白尿 (≧Grade3)  8.5%
J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45.より引用

出典

  1. OCEANS: a randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial of chemotherapy with or without bevacizumab in patients with platinum-sensitive recurrent epithelial ovarian, primary peritoneal, or fallopian tube cancer. J Clin Oncol. 2012 Jun 10;30(17):2039-45. PMID: 22529265
  2. 日本イーライリリー. ジェムザール®電子添文 (2021年8月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  3. 日本イーライリリー. ジェムザール®適正使用ガイド (2021年10月作成) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  4. クリニジェン株式会社. パラプラチン®電子添文 (2023年5月改訂 第3版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  5. 中外製薬株式会社. アバスチン®電子添文 (2024年3月改訂 第5版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
  6. 中外製薬株式会社. アバスチン®適正使用ガイド (2022年6月作成) [最終閲覧 : 2024/03/21]
最終更新日 : 2024年3月21日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(婦人科)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。