概要
監修医師

薬剤情報

カンプト® (添付文書)

用法用量

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.¹⁾

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.より作図

電子添文²⁾

A法 : 1日1回、 100mg/m²を1週間間隔で3~4回点滴静注し、 少なくとも2週間休薬

B法 : 1日1回、 150mg/m²を2週間間隔で2~3回点滴静注し、 少なくとも3週間休薬

カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) より引用

投与開始基準

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.¹⁾

  • プラチナまたはタキサン難治性で、 治療中または治療終了後3ヵ月以内に腫瘍の進行が見られる患者
  • プラチナまたはタキサン抵抗性で、 直近の治療終了後3~6ヵ月の間に腫瘍進行が見られる患者
Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.より引用

休薬・中止基準

電子添文²⁾

カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) より作図
  • 投与可能な数値であっても、 白血球数又は血小板数が急激な減少傾向にあるなど、 骨髄機能抑制が疑われる場合には、 中止又は延期
  • 白血球数が異常な高値を示す患者及びCRPが異常値を示すなど感染症が疑われる患者において、 投与後に白血球の急激な減少が起こった場合、 投与可能な数値であっても、 骨髄機能の回復を十分に確認してから投与を行うこと
カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) より引用

主な有害事象

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.¹⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 白血球数数減少 75.0% (17.9%)
  • 好中球数減少 71.4% (17.9%)
  • 貧血 85.7% (3.6%)
  • 悪心 92.9% (0%)
  • 下痢 82.1% (10.7%)
  • 嘔吐 64.3% (0%)
  • 便秘 25.0% (0%)

注意すべき有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 脱毛症 50.0% (0%)
Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.より引用

出典

  1. The safety and efficacy of the weekly dosing of irinotecan for platinum- and taxanes-resistant epithelial ovarian cancer. Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6. PMID: 16298422
  2. ヤクルト本社. カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
最終更新日 : 2024年3月21日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

レジメン
CPT-11
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
CPT-11
レジメン
CPT-11

CPT-11

イリノテカン (カンプト®)
2024年03月25日更新

薬剤情報

カンプト® (添付文書)

用法用量

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.¹⁾

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.より作図

電子添文²⁾

A法 : 1日1回、 100mg/m²を1週間間隔で3~4回点滴静注し、 少なくとも2週間休薬

B法 : 1日1回、 150mg/m²を2週間間隔で2~3回点滴静注し、 少なくとも3週間休薬

カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) より引用

投与開始基準

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.¹⁾

  • プラチナまたはタキサン難治性で、 治療中または治療終了後3ヵ月以内に腫瘍の進行が見られる患者
  • プラチナまたはタキサン抵抗性で、 直近の治療終了後3~6ヵ月の間に腫瘍進行が見られる患者
Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.より引用

休薬・中止基準

電子添文²⁾

カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) より作図
  • 投与可能な数値であっても、 白血球数又は血小板数が急激な減少傾向にあるなど、 骨髄機能抑制が疑われる場合には、 中止又は延期
  • 白血球数が異常な高値を示す患者及びCRPが異常値を示すなど感染症が疑われる患者において、 投与後に白血球の急激な減少が起こった場合、 投与可能な数値であっても、 骨髄機能の回復を十分に確認してから投与を行うこと
カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) より引用

主な有害事象

Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.¹⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 白血球数数減少 75.0% (17.9%)
  • 好中球数減少 71.4% (17.9%)
  • 貧血 85.7% (3.6%)
  • 悪心 92.9% (0%)
  • 下痢 82.1% (10.7%)
  • 嘔吐 64.3% (0%)
  • 便秘 25.0% (0%)

注意すべき有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 脱毛症 50.0% (0%)
Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6.より引用

出典

  1. The safety and efficacy of the weekly dosing of irinotecan for platinum- and taxanes-resistant epithelial ovarian cancer. Gynecol Oncol. 2006 Feb;100(2):412-6. PMID: 16298422
  2. ヤクルト本社. カンプト®電子添文 (2022年12月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/03/21]
最終更新日 : 2024年3月21日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(婦人科)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。