治療スケジュール
概要
監修医師

Cape:Capecitabine(エルプラット®)

投与量コース投与日
2000mg/m²/日 経口 1日2回1~Day1 (夕)~15 (朝)

L-OHP:Oxaliplatin(エルプラット®)

投与量コース投与日
130mg/m² 点滴1~Day1

前投薬

制吐目的:パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg2A
制吐目的+アレルギー予防:パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg4A+ファモチジン10mg1A+クロルフェニラミン5mg1A

その他

1コース21日間。
L-OHPとCapeをCAPOXと呼ぶ。
レジメン
Adj. CAPOX
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

*チェプラファームの外部サイトへ遷移します

用法用量

電子添文¹⁾³⁾の用法および用量

ゼローダ®電子添文 (2024年2月改訂 第3版)¹⁾ 、 エルプラット®電子添文 (2024年4月改訂 第4版)³⁾ より作図

前投薬

制吐目的 : パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg2A

制吐目的+アレルギー予防 : パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg4A+ファモチジン10mg1A+クロルフェニラミン5mg1A

執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生

減量・休薬・再開・中止基準

カペシタビン適正使用ガイド²⁾の減量・休薬・再開・中止基準

ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾ より作図

カペシタビンの初回基準量と減量レベル

ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾ より作図

L-OHPの初回基準量と減量レベル

ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾ より作図

主な有害事象

NO16968試験⁴⁻⁶⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 悪心 65.9% (5.1%)
  • 下痢 60.1% (18.9%)
  • 嘔吐 43.3% (6.2%)
  • 疲労 34.6% (0%)
  • 好中球減少 27.3% (8.6%)
  • 食欲不振 24.2% (0%)
  • 口内炎 20.6% (0.6%)
  • 血小板減少 4.8% (4.8%)
  • 発熱性好中球減少 0.4% (0.4%)

注意すべき有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 神経毒性 77.8% (11.2%)
  • 手足症候群 29.1% (5.4%)
  • 脱毛 4.3% (0%)
ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾より引用

上手に使うためのワンポイント

  • アレルギーがGrade2以内で、 かつ、 末梢神経障害の忍容性があれば、 アレルギー予防を行い、 可能な限りオキサリプラチンは継続する⁷⁾。
  • Adjuvantの場合は、 オキサリプラチンの計画的中止は推奨されていない。 術後補助化学療法の11試験のプール解析で、 オキサリプラチンの早期中止の予後への影響が検討され、 オキサリプラチンのみの早期中止 (4サイクル未満のOX投与) はDFS、 OSを悪化させないが、 CAPOX自体の早期中止はDFS、 OSを悪化させることが報告されている⁸⁾。
  • CAPOXを8サイクル予定で開始した症例は、 末梢神経障害でOX継続が困難な場合であっても、 カペシタビンは8サイクルまで継続する。
  • オキサリプラチン130mg/m²は、 悪心・嘔吐を訴える症例が多く、 著者はルーチンでNK1受容体阻害薬 (例 : アプレピタント) を投与している。
執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生

特徴と注意点

  • 大腸癌治療ガイドラインでは、 術後補助化学療法の標準治療の1つである⁹⁾。
  • 投与期間は6ヵ月間 (8サイクル) が強く推奨されている⁴⁾。
  • 結腸癌 (盲腸~RS) で再発低リスク (T1–3かつN1) の症例は3ヵ月間の投与 (4サイクル) が弱く推奨されている⁹⁾。
執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生

関連する臨床試験

NO16968試験⁴⁻⁶⁾

化学療法未施行のステージⅢ結腸癌患者を対象に、 急速静注5-FU/LV療法 (Mayoレジメン又はRPMIレジメン) に対するXELOX (ゼローダ・オキ
サリプラチン) 療法の有効性及び安全性を検討するための海外第Ⅲ相臨床試験。 主要評価項目は無病生存期間 (DFS)、 副次的評価項目は無再発生存期(RFS)、 全生存期間 (OS)、 安全性などとされた。

J Clin Oncol. 2011 Apr 10;29(11):1465-71.⁴⁾

J Clin Oncol. 2007 Jan 1;25(1):102-9.⁵⁾

J Clin Oncol. 2015 Nov 10;33(32):3733-40.⁶⁾

出典

  1. チェプラファーム. ゼローダ®電子添文 (2024年2月改訂 第3版) [最終閲覧 : 2024/04/17]
  2. チェプラファーム. ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂) [最終閲覧 : 2024/04/17]
  3. ヤクルト本社. エルプラット®電子添文 (2024年4月改訂 第4版) [最終閲覧 : 2024/04/17]
  4. Capecitabine plus oxaliplatin compared with fluorouracil and folinic acid as adjuvant therapy for stage III colon cancer. J Clin Oncol. 2011 Apr 10;29(11):1465-71.PMID: 21383294
  5. Phase III trial of capecitabine plus oxaliplatin as adjuvant therapy for stage III colon cancer: a planned safety analysis in 1,864 patients. J Clin Oncol. 2007 Jan 1;25(1):102-9. PMID: 17194911
  6. Capecitabine Plus Oxaliplatin Compared With Fluorouracil/Folinic Acid As Adjuvant Therapy for Stage III Colon Cancer: Final Results of the NO16968 Randomized Controlled Phase III Trial. J Clin Oncol. 2015 Nov 10;33(32):3733-40. PMID: 26324362
  7. A single-arm Phase II validation study of preventing oxaliplatin-induced hypersensitivity reactions by dexamethasone: the AVOID trial. Drug Des Devel Ther. 2015 Nov 11;9:6067-73. PMID: 26648694
  8. Prognostic Impact of Early Treatment and Oxaliplatin Discontinuation in Patients With Stage III Colon Cancer: An ACCENT/IDEA Pooled Analysis of 11 Adjuvant Trials. J Clin Oncol. 2023 Feb 1;41(4):803-815. PMID: 36306483
  9. 金原出版株式会社. 大腸癌治療ガイドライン医師用2022年版. 大腸癌研究会編.
最終更新日 : 2024年5月2日
執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生
監修医師 : 神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

レジメン
Adj. CAPOX
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
Adj. CAPOX
レジメン
Adj. CAPOX

Adj. CAPOX

カペシタビン (ゼローダ®) +オキサリプラチン (エルプラット®)
2024年05月02日更新

Cape:Capecitabine(エルプラット®)

投与量コース投与日
2000mg/m²/日 経口 1日2回1~Day1 (夕)~15 (朝)

L-OHP:Oxaliplatin(エルプラット®)

投与量コース投与日
130mg/m² 点滴1~Day1

前投薬

制吐目的:パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg2A
制吐目的+アレルギー予防:パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg4A+ファモチジン10mg1A+クロルフェニラミン5mg1A

その他

1コース21日間。
L-OHPとCapeをCAPOXと呼ぶ。

概要

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

*チェプラファームの外部サイトへ遷移します

用法用量

電子添文¹⁾³⁾の用法および用量

ゼローダ®電子添文 (2024年2月改訂 第3版)¹⁾ 、 エルプラット®電子添文 (2024年4月改訂 第4版)³⁾ より作図

前投薬

制吐目的 : パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg2A

制吐目的+アレルギー予防 : パロノセトロン点滴静注バッグ0.75mg50mL+デキサメタゾン注射液3.3mg4A+ファモチジン10mg1A+クロルフェニラミン5mg1A

執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生

減量・休薬・再開・中止基準

カペシタビン適正使用ガイド²⁾の減量・休薬・再開・中止基準

ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾ より作図

カペシタビンの初回基準量と減量レベル

ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾ より作図

L-OHPの初回基準量と減量レベル

ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾ より作図

主な有害事象

NO16968試験⁴⁻⁶⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 悪心 65.9% (5.1%)
  • 下痢 60.1% (18.9%)
  • 嘔吐 43.3% (6.2%)
  • 疲労 34.6% (0%)
  • 好中球減少 27.3% (8.6%)
  • 食欲不振 24.2% (0%)
  • 口内炎 20.6% (0.6%)
  • 血小板減少 4.8% (4.8%)
  • 発熱性好中球減少 0.4% (0.4%)

注意すべき有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 神経毒性 77.8% (11.2%)
  • 手足症候群 29.1% (5.4%)
  • 脱毛 4.3% (0%)
ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂)²⁾より引用

上手に使うためのワンポイント

  • アレルギーがGrade2以内で、 かつ、 末梢神経障害の忍容性があれば、 アレルギー予防を行い、 可能な限りオキサリプラチンは継続する⁷⁾。
  • Adjuvantの場合は、 オキサリプラチンの計画的中止は推奨されていない。 術後補助化学療法の11試験のプール解析で、 オキサリプラチンの早期中止の予後への影響が検討され、 オキサリプラチンのみの早期中止 (4サイクル未満のOX投与) はDFS、 OSを悪化させないが、 CAPOX自体の早期中止はDFS、 OSを悪化させることが報告されている⁸⁾。
  • CAPOXを8サイクル予定で開始した症例は、 末梢神経障害でOX継続が困難な場合であっても、 カペシタビンは8サイクルまで継続する。
  • オキサリプラチン130mg/m²は、 悪心・嘔吐を訴える症例が多く、 著者はルーチンでNK1受容体阻害薬 (例 : アプレピタント) を投与している。
執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生

特徴と注意点

  • 大腸癌治療ガイドラインでは、 術後補助化学療法の標準治療の1つである⁹⁾。
  • 投与期間は6ヵ月間 (8サイクル) が強く推奨されている⁴⁾。
  • 結腸癌 (盲腸~RS) で再発低リスク (T1–3かつN1) の症例は3ヵ月間の投与 (4サイクル) が弱く推奨されている⁹⁾。
執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生

関連する臨床試験

NO16968試験⁴⁻⁶⁾

化学療法未施行のステージⅢ結腸癌患者を対象に、 急速静注5-FU/LV療法 (Mayoレジメン又はRPMIレジメン) に対するXELOX (ゼローダ・オキ
サリプラチン) 療法の有効性及び安全性を検討するための海外第Ⅲ相臨床試験。 主要評価項目は無病生存期間 (DFS)、 副次的評価項目は無再発生存期(RFS)、 全生存期間 (OS)、 安全性などとされた。

J Clin Oncol. 2011 Apr 10;29(11):1465-71.⁴⁾

J Clin Oncol. 2007 Jan 1;25(1):102-9.⁵⁾

J Clin Oncol. 2015 Nov 10;33(32):3733-40.⁶⁾

出典

  1. チェプラファーム. ゼローダ®電子添文 (2024年2月改訂 第3版) [最終閲覧 : 2024/04/17]
  2. チェプラファーム. ゼローダ®適正使用ガイド (2024年2月改訂) [最終閲覧 : 2024/04/17]
  3. ヤクルト本社. エルプラット®電子添文 (2024年4月改訂 第4版) [最終閲覧 : 2024/04/17]
  4. Capecitabine plus oxaliplatin compared with fluorouracil and folinic acid as adjuvant therapy for stage III colon cancer. J Clin Oncol. 2011 Apr 10;29(11):1465-71.PMID: 21383294
  5. Phase III trial of capecitabine plus oxaliplatin as adjuvant therapy for stage III colon cancer: a planned safety analysis in 1,864 patients. J Clin Oncol. 2007 Jan 1;25(1):102-9. PMID: 17194911
  6. Capecitabine Plus Oxaliplatin Compared With Fluorouracil/Folinic Acid As Adjuvant Therapy for Stage III Colon Cancer: Final Results of the NO16968 Randomized Controlled Phase III Trial. J Clin Oncol. 2015 Nov 10;33(32):3733-40. PMID: 26324362
  7. A single-arm Phase II validation study of preventing oxaliplatin-induced hypersensitivity reactions by dexamethasone: the AVOID trial. Drug Des Devel Ther. 2015 Nov 11;9:6067-73. PMID: 26648694
  8. Prognostic Impact of Early Treatment and Oxaliplatin Discontinuation in Patients With Stage III Colon Cancer: An ACCENT/IDEA Pooled Analysis of 11 Adjuvant Trials. J Clin Oncol. 2023 Feb 1;41(4):803-815. PMID: 36306483
  9. 金原出版株式会社. 大腸癌治療ガイドライン医師用2022年版. 大腸癌研究会編.
最終更新日 : 2024年5月2日
執筆医 : 静岡県立静岡がんセンター 消化器内科 川上 武志先生
監修医師 : 神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(消化器)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。