概要
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

ハイカムチン® (添付文書 / 適正使用情報*)

*日本化薬株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

電子添文¹⁾の用法および用量

1日1回、 1.5mg/m²を5日間連日点滴静注し、 少なくとも16日間休薬

ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より作図、 引用

前投薬

適正使用ガイド²⁾の前投薬

投与前に、 デキサメタゾン3.3~6.6mg静注 (4~8mg経口) 単剤投与

状況に応じてプロクロルペラジンもしくはメトクロプラミドの使用も検討、 ロラゼパムやH2受容体拮抗薬あるいはプロトンポンプ阻害薬の併用も検討
ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成)より引用

投与開始基準

電子添文¹⁾の投与開始基準

白金製剤を含む化学療法施行後の症例を対象とし、 白金製剤に対する感受性を考慮してノギテカン以外の治療法を慎重に検討した上で、 投与を開始

ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より引用

適正使用ガイド²⁾の投与開始基準

初回投与時の目安

ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成)より作図

次コース以降の投与時の目安

ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成)より作図

減量・休薬・中止基準

電子添文¹⁾の減量・休薬・中止基準

腎障害 (CrCl 20~39mL/分) のある患者では、 初回投与量は通常用量の半量

ノギテカンの血漿クリアランスの低下及び血中半減期の延長が起こるおそれがある。
CrClが20mL/分未満の腎障害患者では十分な成績は得られていない。
ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より引用

初回基準量と増減量レベル

ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より作図

主な有害事象

231試験¹⁾

主な有害事象

  • 白血球数減少 100%
  • Hb減少 100%
  • 赤血球数減少 100%
  • 好中球数減少 94.4%
  • 悪心 61.1%
  • 疲労 61.1%
  • 食欲減退 55.6%
ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より引用

出典

  1. 日本化薬株式会社. ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/03/26]
  2. 日本化薬株式会社. ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成) [最終閲覧 : 2024/03/26]
  3. Topotecan versus paclitaxel for the treatment of recurrent epithelial ovarian cancer. J Clin Oncol. 1997 Jun;15(6):2183-93. PMID: 9196130
最終更新日 : 2024年4月9日
監修医師 : HOKUTO編集部医師監修

レジメン
Nogitecan
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
Nogitecan
レジメン
Nogitecan

Nogitecan

ノギテカン (ハイカムチン®)
2024年04月09日更新
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

ハイカムチン® (添付文書 / 適正使用情報*)

*日本化薬株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

電子添文¹⁾の用法および用量

1日1回、 1.5mg/m²を5日間連日点滴静注し、 少なくとも16日間休薬

ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より作図、 引用

前投薬

適正使用ガイド²⁾の前投薬

投与前に、 デキサメタゾン3.3~6.6mg静注 (4~8mg経口) 単剤投与

状況に応じてプロクロルペラジンもしくはメトクロプラミドの使用も検討、 ロラゼパムやH2受容体拮抗薬あるいはプロトンポンプ阻害薬の併用も検討
ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成)より引用

投与開始基準

電子添文¹⁾の投与開始基準

白金製剤を含む化学療法施行後の症例を対象とし、 白金製剤に対する感受性を考慮してノギテカン以外の治療法を慎重に検討した上で、 投与を開始

ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より引用

適正使用ガイド²⁾の投与開始基準

初回投与時の目安

ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成)より作図

次コース以降の投与時の目安

ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成)より作図

減量・休薬・中止基準

電子添文¹⁾の減量・休薬・中止基準

腎障害 (CrCl 20~39mL/分) のある患者では、 初回投与量は通常用量の半量

ノギテカンの血漿クリアランスの低下及び血中半減期の延長が起こるおそれがある。
CrClが20mL/分未満の腎障害患者では十分な成績は得られていない。
ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より引用

初回基準量と増減量レベル

ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より作図

主な有害事象

231試験¹⁾

主な有害事象

  • 白血球数減少 100%
  • Hb減少 100%
  • 赤血球数減少 100%
  • 好中球数減少 94.4%
  • 悪心 61.1%
  • 疲労 61.1%
  • 食欲減退 55.6%
ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) より引用

出典

  1. 日本化薬株式会社. ハイカムチン®電子添文 (2023年5月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/03/26]
  2. 日本化薬株式会社. ハイカムチン®適正使用ガイド (2023年9月作成) [最終閲覧 : 2024/03/26]
  3. Topotecan versus paclitaxel for the treatment of recurrent epithelial ovarian cancer. J Clin Oncol. 1997 Jun;15(6):2183-93. PMID: 9196130
最終更新日 : 2024年4月9日
監修医師 : HOKUTO編集部医師監修

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(婦人科)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。