概要
監修医師
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

リムパーザ® (添付文書)

用法用量

電子添文の用法および用量¹⁾

1回300mgを1日2回、 経口投与

*100mg錠と150mg錠の生物学的同等性は示されていないため、 300mgを投与する際には100mg錠を使用しないこと
リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) より作図

投与開始基準

SOLO1試験²⁾のプロトコル

N Engl J Med. 2018 Dec 27;379(26):2495-2505.より作図

電子添文¹⁾の効能または効果

  • 白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法
  • 再発時の白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法で奏効が維持されている患者
  • BRCA遺伝子変異陽性の卵巣癌における初回化学療法後の維持療法
  • 国際産婦人科連合 (FIGO) 進行期分類III期またはIV期の卵巣癌と診断され、 白金系抗悪性腫瘍剤を含む初回化学療法で奏効が維持されている患者
  • 承認された体外診断用医薬品または医療機器を用いた検査により、 BRCA遺伝子変異を有することが確認された患者
リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) より引用

減量・休薬・中止基準

電子添文の減量・休薬・中止基準¹⁾

リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) より作図

主な有害事象

SOLO2試験²⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 貧血 43.6% (19.5%)
  • 好中球数減少 19.5% (5.1%)
  • 血小板数減少 13.8% (1.0%)
  • クレアチニン上昇 10.8% (0%)
  • 白血球数減少 10.3% (1.5%)
  • 悪心 75.9% (2.6%)
  • 倦怠感/無力症 65.6% (4.1%)
  • 嘔吐 37.4% (2.6%)
  • 下痢 32.8% (1.0%)
  • 食欲減退 22.1% (0%)
  • 便秘 20.5% (0%)
  • 発熱 13.3% (0%)
Lancet Oncol. 2017 Sep;18(9):1274-1284.より引用

SOLO1試験³⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 貧血 38.8% (21.5%)
  • 好中球数減少 23.1% (8.5%)
  • 食欲減退 19.6% (0%)
  • 血小板数減少 11.2% (0.8%)
  • 悪心 77.3% (0.8%)
  • 倦怠感/無力症 63.5% (3.8%)
  • 嘔吐 40.0% (0.4%)
  • 下痢 34.2% (3.1%)
  • 便秘 27.7% (0%)
N Engl J Med. 2018 Dec 27;379(26):2495-2505.より引用

出典

  1. アストラゼネカ株式会社. リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) [最終閲覧:2024/03/19]
  2. Olaparib tablets as maintenance therapy in patients with platinum-sensitive, relapsed ovarian cancer and a BRCA1/2 mutation (SOLO2/ENGOT-Ov21): a double-blind, randomised, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2017 Sep;18(9):1274-1284. PMID: 2875448
  3. Maintenance Olaparib in Patients with Newly Diagnosed Advanced Ovarian Cancer. N Engl J Med. 2018 Dec 27;379(26):2495-2505. PMID: 30345884
最終更新日 : 2024年4月2日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

レジメン
Olaparib
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
Olaparib
レジメン
Olaparib

Olaparib

オラパリブ (リムパーザ®)
2024年04月12日更新
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

リムパーザ® (添付文書)

用法用量

電子添文の用法および用量¹⁾

1回300mgを1日2回、 経口投与

*100mg錠と150mg錠の生物学的同等性は示されていないため、 300mgを投与する際には100mg錠を使用しないこと
リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) より作図

投与開始基準

SOLO1試験²⁾のプロトコル

N Engl J Med. 2018 Dec 27;379(26):2495-2505.より作図

電子添文¹⁾の効能または効果

  • 白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法
  • 再発時の白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法で奏効が維持されている患者
  • BRCA遺伝子変異陽性の卵巣癌における初回化学療法後の維持療法
  • 国際産婦人科連合 (FIGO) 進行期分類III期またはIV期の卵巣癌と診断され、 白金系抗悪性腫瘍剤を含む初回化学療法で奏効が維持されている患者
  • 承認された体外診断用医薬品または医療機器を用いた検査により、 BRCA遺伝子変異を有することが確認された患者
リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) より引用

減量・休薬・中止基準

電子添文の減量・休薬・中止基準¹⁾

リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) より作図

主な有害事象

SOLO2試験²⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 貧血 43.6% (19.5%)
  • 好中球数減少 19.5% (5.1%)
  • 血小板数減少 13.8% (1.0%)
  • クレアチニン上昇 10.8% (0%)
  • 白血球数減少 10.3% (1.5%)
  • 悪心 75.9% (2.6%)
  • 倦怠感/無力症 65.6% (4.1%)
  • 嘔吐 37.4% (2.6%)
  • 下痢 32.8% (1.0%)
  • 食欲減退 22.1% (0%)
  • 便秘 20.5% (0%)
  • 発熱 13.3% (0%)
Lancet Oncol. 2017 Sep;18(9):1274-1284.より引用

SOLO1試験³⁾

主な有害事象 (カッコ内はGrade3~4)

  • 貧血 38.8% (21.5%)
  • 好中球数減少 23.1% (8.5%)
  • 食欲減退 19.6% (0%)
  • 血小板数減少 11.2% (0.8%)
  • 悪心 77.3% (0.8%)
  • 倦怠感/無力症 63.5% (3.8%)
  • 嘔吐 40.0% (0.4%)
  • 下痢 34.2% (3.1%)
  • 便秘 27.7% (0%)
N Engl J Med. 2018 Dec 27;379(26):2495-2505.より引用

出典

  1. アストラゼネカ株式会社. リムパーザ®電子添文 (2023年8月改訂第5版) [最終閲覧:2024/03/19]
  2. Olaparib tablets as maintenance therapy in patients with platinum-sensitive, relapsed ovarian cancer and a BRCA1/2 mutation (SOLO2/ENGOT-Ov21): a double-blind, randomised, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2017 Sep;18(9):1274-1284. PMID: 2875448
  3. Maintenance Olaparib in Patients with Newly Diagnosed Advanced Ovarian Cancer. N Engl J Med. 2018 Dec 27;379(26):2495-2505. PMID: 30345884
最終更新日 : 2024年4月2日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(婦人科)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。