治療スケジュール
概要
監修医師

Nivolumab:ニボルマブ(オプジーボ®)

投与量コース投与日
360mg/body 点滴1~Day1

L-OHP:オキサリプラチン(エルプラット®)

投与量コース投与日
130mg/m² 点滴1~Day1

S-1:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン®)

投与量コース投与日
80mg/m² 経口 (40mg/m²朝夕)1~Day1~14

その他

1コース21日間。
S-1+L-OHPをSOX療法と呼ぶ。

関連する薬剤情報

エルプラット点滴静注液200mg
抗悪性腫瘍薬 > 白金製剤
1).治癒切除不能な進行・再発の結腸癌、治癒切除不能な進行・再発の直腸癌。 2).結腸癌における術後補助療法。 3).治癒切除不能な膵癌。 4).胃癌。 5).小腸癌。
オプジーボ点滴静注120mg
抗悪性腫瘍薬 > ヒト型抗ヒトPD−1モノクローナル抗体
1).悪性黒色腫。 2).切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌。 3).非小細胞肺癌における術前補助療法。 4).根治切除不能又は転移性の腎細胞癌。 5).再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫。 6)...
ティーエスワン配合カプセルT25
抗悪性腫瘍薬 > 代謝拮抗薬
胃癌、結腸癌・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌、ホルモン受容体陽性かつHER2陰性で再発高リスク乳癌における術後薬物療法。
レジメン
SOX+Nivo
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

*小野薬品工業株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

SOX療法¹⁾²⁾

有害事象が発現した場合、 オキサリプラチンは3段階、 S-1は2段階まで減量レベルを設定。 S-1が投与中止となった場合は、 オキサリプラチンの投与を中止したが、 オキサリプラチンが投与中止となった場合はS-1の投与は継続可能であった。
*S-1の投与中止時にはオキサリプラチンの投与も中止する
体表面積計算式 (DuBois)はこちらから算出いただけます

Nivolmab¹⁾²⁾

オプジーボの減量基準は設定されなかった

投与開始基準

SOX療法¹⁾²⁾

投与開始予定日に以下のいずれかの投与開始基準を満たさなかった場合、 当該条件を満たす状態へ回復するまで投与を延期していた。
*オキサリプラチン130mg/m³投与時のみ

Nivolmab¹⁾²⁾

いずれかの基準に合致しない場合、 予定されたオプジーボの投与をスキップ (ただし、 臨床的ベネフィットが期待され、 症例のベースライン及び併用薬の影響を考慮して安全に投与を継続可能と判断された場合に限り、 オプジーボの投与継続が可能とした)。 
  1. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 3以上の有害事象が発現していない
  2. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 2以上の下痢又は大腸炎が発現していない
  3. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 2以上のCre増加が発現していない
  4. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 2以上の神経毒性が発現していない
  5. 治験薬との因果関係が否定できない治験薬投与開始前の結果から2Grade以上のAST、 ALTまたはT-Bilの上昇が認められない
例えば、Grade1からGrade3への上昇、 またはGrade 0からGrade 2への上昇

休薬・中止基準

S-1の休薬基準¹⁾²⁾

S-1投与開始後、 投与期間中にS-1休薬基準のいずれかの項目に抵触した場合はS-1を休薬し、 当該基準を満たさなくなってから投与再開していた。 ただし、 投与再開後の投与期間は休薬前のS-1投与開始15日目の朝までとしていた。

減量基準

SOX療法¹⁾²⁾

有害事象が発現した場合は、 以下のように減量を行っていた。なお、 いずれの薬剤においても減量後の増量は実施しなかった。
*Grade2以下に回復後の1段階減量からの再開

主な有害事象

ATTRACTION-4試験²⁾

SOX /CapeOX+Nivolumabでの有害事象データを一部引用 (カッコ内はGrade3~4)

主な有害事象

  • 好中球減少 44% (20%)
  • 血小板減少 41% (10%)
  • 食欲減退 52% (8%)
  • 貧血 19% (8%)
  • 下痢 34% (4%)

注意すべき有害事象

  • 末梢性感覚ニューロパチー 56% (4%)

上手に使うためのワンポイント

オキサリプラチンの中止について

2次治療でのパクリタキセル投与を考慮するとCIPN (化学療法誘発性末梢神経障害) Grade1の時点でも腫瘍縮小が得られているのであればオキサリプラチン終了を考慮してよいと考える。 

オキサリプラチン130mg/m²なら6コース、 オキサリプラチン100mg/m²なら8コースでの投与終了も選択肢となる。

神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

CPS<5 (+MSS+EBV-) のとき

治療中止となるirAE出現の際、 再投与は積極的には行わない。

神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

特徴と注意点

ガイドラインでは、 HER2陰性胃癌1次治療において 「推奨される化学療法レジメン」 である³⁾。

 

CheckMate649試験において、 CPS低値の場合にニボルマブ併用のSurvival Benefit低下が指摘されているが、 奏効割合はCPS低値でもニボルマブの上乗せ効果が認められている⁴⁾。

 

vulnerableな高齢患者への適用には、 オキサリプラチン併用を要するため、 注意が必要である。

 

診療報酬明細書の摘要欄にHER2陰性を確認した検査実施日の記載が求められることから、 事前のHER2検査は必須である⁵⁾。 

関連する臨床試験①|ATTRACTION-4試験¹⁾²⁾

アジア (日本・韓国・台湾)にて実施された第 II/III 相試験であり、 HER2陰性の未治療胃癌患者を対象に標準治療 (SOX療法もしくはCapeOX 療法)に対するニボルマブの上乗せによるPFSとOSにおける優越性が検討された (PFSとOSともに主要評価項目)。

Ann Oncol. 2019 Feb 1;30(2):250-258.

Lancet Oncol. 2022 Feb;23(2):234-247.

関連する臨床試験②|CheckMate649試験³⁾

未治療の切除不能な進行性または転移性の胃/食道胃接合部/食道腺癌において、 ニボルマブ (NIVO) と化学療法 (chemo) の併用療法の効果を、 chemo単独を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate 649の結果より、 PD-L1 Combined Positive Score (CPS) ≧5の集団における全生存期間 (OS)と無増悪生存期間 (PFS) に対する有効性が示された。

>>臨床試験の詳細を見る

OS中央値

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:14.4ヵ月
(95%CI 13.1-16.2ヵ月)
  • chemo群:11.1ヵ月
(95%CI 10.0-12.1ヵ月)
HR 0.71 (95%CI 0.59-0.86)、 p<0.0001

PD-L1 CPS≧1

  • NIVO+chemo群:14.0ヵ月
(95%CI 12.6-15.0ヵ月)
  • chemo群:11.3ヵ月
(95%CI 10.6-12.3ヵ月)
HR 0.77 (99.3%CI 0.64-0.92)、 p<0.0001

全患者

  • NIVO+chemo群:13.8ヵ月
(95%CI 12.6-14.6ヵ月)
  • chemo群:11.6ヵ月
(95%CI 10.9-12.5ヵ月)
HR 0.80 (99.3%CI 0.68-0.94)、 p=0.0002

OS率 (12ヵ月時)

  • NIVO+chemo群:57%
(95%CI 53-62%)
  • chemo群:46%
(95%CI 42-51%)

PFS中央値

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:7.7ヵ月
(95%CI 7.0-9.2ヵ月)
  • chemo群:6.05ヵ月
(95%CI 5.6-6.9ヵ月)
HR 0.68 (98%CI 0.56-0.81)、 p<0.0001

PD-L1 CPS≧1

  • NIVO+chemo群:7.5ヵ月
(95%CI 7.0-8.4ヵ月)
  • chemo群:6.9ヵ月
(95%CI 6.1-7.0ヵ月)
HR 0.74 (98%CI 0.65-0.85)

全患者

  • NIVO+chemo群:7.7ヵ月
(95%CI 7.1-8.5ヵ月)
  • chemo群:6.9ヵ月
(95%CI 6.6-7.1ヵ月)
HR 0.77 (98%CI 0.68-0.87)

PFS率 (12ヵ月時)

  • NIVO+chemo群:36%
(95%CI 32-41%)
  • chemo群:22%
(95%CI 18-26%)

ORR

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:60%
(95%CI 55-65%)
  • chemo群:45%
(95%CI 40-50%)

PD-L1 CPS<1

  • NIVO+chemo群:51%
  • chemo群:41%

PD-L1 CPS<5

  • NIVO+chemo群:55%
  • chemo群:46%

奏効期間中央値

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:9.5ヵ月
(95%CI 8.0-11.4ヵ月)
  • chemo群:7.0ヵ月
(95%CI 5.7-7.9ヵ月)

参考文献

  1. Nivolumab plus S-1/capecitabine plus oxaliplatin versus placebo plus S-1/capecitabine plus oxaliplatin in patients with previously untreated, unresectable advanced or recurrent HER2-negative gastric/gastroesophageal junction cancer: a multi-centre, randomised, double-blind, phase 3 trial (ATTRACTION-4). Ann Oncol. 2019 Feb 1;30(2):250-258. PMID: 30566590
  2. Nivolumab plus chemotherapy versus placebo plus chemotherapy in patients with HER2-negative, untreated, unresectable advanced or recurrent gastric or gastro-oesophageal junction cancer (ATTRACTION-4): a randomised, multicentre, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2022 Feb;23(2):234-247. PMID: 35030335
  3. Japanese Gastric Cancer Treatment Guidelines 2021 (6th edition). Gastric Cancer. 2023 Jan;26(1):1-25. PMID: 36342574
  4. First-line nivolumab plus chemotherapy versus chemotherapy alone for advanced gastric, gastro-oesophageal junction, and oesophageal adenocarcinoma (CheckMate 649): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet. 2021 Jul 3;398(10294):27-40. PMID: 34102137
  5. 抗PD―1抗体抗悪性腫瘍剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項の一部改正について (令和3年11月25日) https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc6311&dataType=1&pageNo=1 [最終確認 2023/01/30]

 
最終更新日:2023年11月30日
監修医師:神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

関連する薬剤情報

エルプラット点滴静注液200mg
抗悪性腫瘍薬 > 白金製剤
1).治癒切除不能な進行・再発の結腸癌、治癒切除不能な進行・再発の直腸癌。 2).結腸癌における術後補助療法。 3).治癒切除不能な膵癌。 4).胃癌。 5).小腸癌。
オプジーボ点滴静注120mg
抗悪性腫瘍薬 > ヒト型抗ヒトPD−1モノクローナル抗体
1).悪性黒色腫。 2).切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌。 3).非小細胞肺癌における術前補助療法。 4).根治切除不能又は転移性の腎細胞癌。 5).再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫。 6)...
ティーエスワン配合カプセルT25
抗悪性腫瘍薬 > 代謝拮抗薬
胃癌、結腸癌・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌、ホルモン受容体陽性かつHER2陰性で再発高リスク乳癌における術後薬物療法。
レジメン
SOX+Nivo
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧

関連する薬剤情報

エルプラット点滴静注液200mg
抗悪性腫瘍薬 > 白金製剤
1).治癒切除不能な進行・再発の結腸癌、治癒切除不能な進行・再発の直腸癌。 2).結腸癌における術後補助療法。 3).治癒切除不能な膵癌。 4).胃癌。 5).小腸癌。
オプジーボ点滴静注120mg
抗悪性腫瘍薬 > ヒト型抗ヒトPD−1モノクローナル抗体
1).悪性黒色腫。 2).切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌。 3).非小細胞肺癌における術前補助療法。 4).根治切除不能又は転移性の腎細胞癌。 5).再発又は難治性の古典的ホジキンリンパ腫。 6)...
ティーエスワン配合カプセルT25
抗悪性腫瘍薬 > 代謝拮抗薬
胃癌、結腸癌・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌、ホルモン受容体陽性かつHER2陰性で再発高リスク乳癌における術後薬物療法。
レジメン
SOX+Nivo
レジメン
SOX+Nivo

SOX+Nivo

S-1+オキサリプラチン+ニボルマブ
2023年12月05日更新

Nivolumab:ニボルマブ(オプジーボ®)

投与量コース投与日
360mg/body 点滴1~Day1

L-OHP:オキサリプラチン(エルプラット®)

投与量コース投与日
130mg/m² 点滴1~Day1

S-1:テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム(ティーエスワン®)

投与量コース投与日
80mg/m² 経口 (40mg/m²朝夕)1~Day1~14

その他

1コース21日間。
S-1+L-OHPをSOX療法と呼ぶ。

概要

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。  個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

*小野薬品工業株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

SOX療法¹⁾²⁾

有害事象が発現した場合、 オキサリプラチンは3段階、 S-1は2段階まで減量レベルを設定。 S-1が投与中止となった場合は、 オキサリプラチンの投与を中止したが、 オキサリプラチンが投与中止となった場合はS-1の投与は継続可能であった。
*S-1の投与中止時にはオキサリプラチンの投与も中止する
体表面積計算式 (DuBois)はこちらから算出いただけます

Nivolmab¹⁾²⁾

オプジーボの減量基準は設定されなかった

投与開始基準

SOX療法¹⁾²⁾

投与開始予定日に以下のいずれかの投与開始基準を満たさなかった場合、 当該条件を満たす状態へ回復するまで投与を延期していた。
*オキサリプラチン130mg/m³投与時のみ

Nivolmab¹⁾²⁾

いずれかの基準に合致しない場合、 予定されたオプジーボの投与をスキップ (ただし、 臨床的ベネフィットが期待され、 症例のベースライン及び併用薬の影響を考慮して安全に投与を継続可能と判断された場合に限り、 オプジーボの投与継続が可能とした)。 
  1. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 3以上の有害事象が発現していない
  2. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 2以上の下痢又は大腸炎が発現していない
  3. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 2以上のCre増加が発現していない
  4. 治験薬との因果関係が否定できないGrade 2以上の神経毒性が発現していない
  5. 治験薬との因果関係が否定できない治験薬投与開始前の結果から2Grade以上のAST、 ALTまたはT-Bilの上昇が認められない
例えば、Grade1からGrade3への上昇、 またはGrade 0からGrade 2への上昇

休薬・中止基準

S-1の休薬基準¹⁾²⁾

S-1投与開始後、 投与期間中にS-1休薬基準のいずれかの項目に抵触した場合はS-1を休薬し、 当該基準を満たさなくなってから投与再開していた。 ただし、 投与再開後の投与期間は休薬前のS-1投与開始15日目の朝までとしていた。

減量基準

SOX療法¹⁾²⁾

有害事象が発現した場合は、 以下のように減量を行っていた。なお、 いずれの薬剤においても減量後の増量は実施しなかった。
*Grade2以下に回復後の1段階減量からの再開

主な有害事象

ATTRACTION-4試験²⁾

SOX /CapeOX+Nivolumabでの有害事象データを一部引用 (カッコ内はGrade3~4)

主な有害事象

  • 好中球減少 44% (20%)
  • 血小板減少 41% (10%)
  • 食欲減退 52% (8%)
  • 貧血 19% (8%)
  • 下痢 34% (4%)

注意すべき有害事象

  • 末梢性感覚ニューロパチー 56% (4%)

上手に使うためのワンポイント

オキサリプラチンの中止について

2次治療でのパクリタキセル投与を考慮するとCIPN (化学療法誘発性末梢神経障害) Grade1の時点でも腫瘍縮小が得られているのであればオキサリプラチン終了を考慮してよいと考える。 

オキサリプラチン130mg/m²なら6コース、 オキサリプラチン100mg/m²なら8コースでの投与終了も選択肢となる。

神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

CPS<5 (+MSS+EBV-) のとき

治療中止となるirAE出現の際、 再投与は積極的には行わない。

神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

特徴と注意点

ガイドラインでは、 HER2陰性胃癌1次治療において 「推奨される化学療法レジメン」 である³⁾。

 

CheckMate649試験において、 CPS低値の場合にニボルマブ併用のSurvival Benefit低下が指摘されているが、 奏効割合はCPS低値でもニボルマブの上乗せ効果が認められている⁴⁾。

 

vulnerableな高齢患者への適用には、 オキサリプラチン併用を要するため、 注意が必要である。

 

診療報酬明細書の摘要欄にHER2陰性を確認した検査実施日の記載が求められることから、 事前のHER2検査は必須である⁵⁾。 

関連する臨床試験①|ATTRACTION-4試験¹⁾²⁾

アジア (日本・韓国・台湾)にて実施された第 II/III 相試験であり、 HER2陰性の未治療胃癌患者を対象に標準治療 (SOX療法もしくはCapeOX 療法)に対するニボルマブの上乗せによるPFSとOSにおける優越性が検討された (PFSとOSともに主要評価項目)。

Ann Oncol. 2019 Feb 1;30(2):250-258.

Lancet Oncol. 2022 Feb;23(2):234-247.

関連する臨床試験②|CheckMate649試験³⁾

未治療の切除不能な進行性または転移性の胃/食道胃接合部/食道腺癌において、 ニボルマブ (NIVO) と化学療法 (chemo) の併用療法の効果を、 chemo単独を対照に検証した第Ⅲ相ランダム化比較試験CheckMate 649の結果より、 PD-L1 Combined Positive Score (CPS) ≧5の集団における全生存期間 (OS)と無増悪生存期間 (PFS) に対する有効性が示された。

>>臨床試験の詳細を見る

OS中央値

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:14.4ヵ月
(95%CI 13.1-16.2ヵ月)
  • chemo群:11.1ヵ月
(95%CI 10.0-12.1ヵ月)
HR 0.71 (95%CI 0.59-0.86)、 p<0.0001

PD-L1 CPS≧1

  • NIVO+chemo群:14.0ヵ月
(95%CI 12.6-15.0ヵ月)
  • chemo群:11.3ヵ月
(95%CI 10.6-12.3ヵ月)
HR 0.77 (99.3%CI 0.64-0.92)、 p<0.0001

全患者

  • NIVO+chemo群:13.8ヵ月
(95%CI 12.6-14.6ヵ月)
  • chemo群:11.6ヵ月
(95%CI 10.9-12.5ヵ月)
HR 0.80 (99.3%CI 0.68-0.94)、 p=0.0002

OS率 (12ヵ月時)

  • NIVO+chemo群:57%
(95%CI 53-62%)
  • chemo群:46%
(95%CI 42-51%)

PFS中央値

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:7.7ヵ月
(95%CI 7.0-9.2ヵ月)
  • chemo群:6.05ヵ月
(95%CI 5.6-6.9ヵ月)
HR 0.68 (98%CI 0.56-0.81)、 p<0.0001

PD-L1 CPS≧1

  • NIVO+chemo群:7.5ヵ月
(95%CI 7.0-8.4ヵ月)
  • chemo群:6.9ヵ月
(95%CI 6.1-7.0ヵ月)
HR 0.74 (98%CI 0.65-0.85)

全患者

  • NIVO+chemo群:7.7ヵ月
(95%CI 7.1-8.5ヵ月)
  • chemo群:6.9ヵ月
(95%CI 6.6-7.1ヵ月)
HR 0.77 (98%CI 0.68-0.87)

PFS率 (12ヵ月時)

  • NIVO+chemo群:36%
(95%CI 32-41%)
  • chemo群:22%
(95%CI 18-26%)

ORR

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:60%
(95%CI 55-65%)
  • chemo群:45%
(95%CI 40-50%)

PD-L1 CPS<1

  • NIVO+chemo群:51%
  • chemo群:41%

PD-L1 CPS<5

  • NIVO+chemo群:55%
  • chemo群:46%

奏効期間中央値

PD-L1 CPS≧5

  • NIVO+chemo群:9.5ヵ月
(95%CI 8.0-11.4ヵ月)
  • chemo群:7.0ヵ月
(95%CI 5.7-7.9ヵ月)

参考文献

  1. Nivolumab plus S-1/capecitabine plus oxaliplatin versus placebo plus S-1/capecitabine plus oxaliplatin in patients with previously untreated, unresectable advanced or recurrent HER2-negative gastric/gastroesophageal junction cancer: a multi-centre, randomised, double-blind, phase 3 trial (ATTRACTION-4). Ann Oncol. 2019 Feb 1;30(2):250-258. PMID: 30566590
  2. Nivolumab plus chemotherapy versus placebo plus chemotherapy in patients with HER2-negative, untreated, unresectable advanced or recurrent gastric or gastro-oesophageal junction cancer (ATTRACTION-4): a randomised, multicentre, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet Oncol. 2022 Feb;23(2):234-247. PMID: 35030335
  3. Japanese Gastric Cancer Treatment Guidelines 2021 (6th edition). Gastric Cancer. 2023 Jan;26(1):1-25. PMID: 36342574
  4. First-line nivolumab plus chemotherapy versus chemotherapy alone for advanced gastric, gastro-oesophageal junction, and oesophageal adenocarcinoma (CheckMate 649): a randomised, open-label, phase 3 trial. Lancet. 2021 Jul 3;398(10294):27-40. PMID: 34102137
  5. 抗PD―1抗体抗悪性腫瘍剤に係る最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項の一部改正について (令和3年11月25日) https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc6311&dataType=1&pageNo=1 [最終確認 2023/01/30]

 
最終更新日:2023年11月30日
監修医師:神奈川県立がんセンター消化器内科部長 町田望先生

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(消化器)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。

食道癌
胃癌
大腸癌
肝細胞癌
胆道癌
膵癌
膵・消化管神経内分泌腫瘍
胃癌
大腸癌
一次、 二次治療
FOLFOX+Bmab
ベバシズマブ+オキサリプラチン+レボホリナートカルシウム+フルオロウラシル
CAPOX+Bmab
カペシタビン+オキサリプラチン+ベマシズマブ
FOLFOX+Cmab
フルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+オキサリプラチン+セツキシマブ
FOLFOX+Pmab
オキサリプラチン+レボホリナートカルシウム+フルオロウラシル+パニツムマブ
FOLFOXIRI+Bmab
イリノテカン塩酸塩水和物+オキサリプラチン+レボホリナートカルシウム+フルオロウラシル+ベバシズマブ
Pembrolizumab
ペムブロリズマブ (キイトルーダ®) [大腸癌]
IRIS+Bmab
イリノテカン塩酸塩水和物+S-1+ベバシズマブ
FOLFIRI+Bmab
フルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+イリノテカン塩酸塩水和物++ベバシズマブ
FOLFIRI+RAM
イリノテカン塩酸塩水和物+レボホリナートカルシウム+フルオロウラシル+ラムシルマブ
SOX+Bmab
S-1+オキサリプラチン+ベバシズマブ
IRI+Cmab
イリノテカン塩酸塩水和物+セツキシマブ
IRI+Pmab
イリノテカン塩酸塩水和物+パニツムマブ
IPI+Nivo
ニボルマブ (オプジーボ®) +イピリムマブ (ヤーボイ®)
Nivolumab
ニボルマブ (オプジーボ®)
ENCO+Cmab
エンコラフェニブ(ビラフトビ®)+セツキシマブ(アービタックス®)
ENCO+BIN+Cmab
エンコラフェニブ+ビニメチニブ+セツキシマブ
mFOLFOXIRI+Bmab
オキサリプラチン+レボホリナートカルシウム+フルオロウラシル+ベバシズマブ
Entrectinib
エヌトレクチニブ(ロズリートレク®)
Larotrectinib
ラロトレクチニブ (ヴァイトラックビ®)
FOLFIRI+Pmab
フルオロウラシル+ロイコボリン+イリノテカン+パニツムマブ