治療スケジュール
概要
監修医師

Etoposide:Etoposide(ベプシド®)

投与量コース投与日
80~120mg/m² 点滴1~Day1~3

CDDP: Cisplatin(ランダ®)

投与量コース投与日
60-80mg/m² 点滴1~Day1
レジメン
EP (Etoposide+CDDP)
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

  *日本化薬の外部サイトへ遷移します

用法用量

EORTCガイドライン⁴⁾

Eur J Cancer. 2022 Aug:171:203-231.⁴⁾より作図

エキスパートによるワンポイント

2次治療の選択肢

  • アベルマブ承認前は小細胞肺癌に準じた薬物療法が1次治療として行われており、 本レジメンもそのうちの一つであった。 アベルマブ不応、 不耐例や免疫チェックポイント阻害薬が使用できない患者で選択される。 高齢患者の多いメルケル細胞癌ではCDDPの代わりにCBDCAが使用されることが多い。 他のレジメンとの比較試験は無いため、 患者の状態や既往歴、 合併症および薬剤の特性などから治療薬を選択するが、 アベルマブ以外にメルケル細胞癌の保険適用を持つ薬剤は無い。

投与方法と副作用管理

  • シスプラチン1回60-80mg/m² (体表面積) をDay1に点滴静注し、 エトポシド80-120mg/m²をDay1-3に点滴静注する。 これを1サイクルとして3-4週毎に繰り返す。 カルボプラチンを使用する場合は1回AUC5 mg・min/mL相当量をDay1に点滴静注し、 エトポシド80-100 mg/m²をDay1-3に点滴静注する。 これを1サイクルとして4週毎に繰り返す⁴⁾。 副作用として骨髄抑制が見られることが多く、 発熱性好中球減少症や敗血症の報告もあるため、 患者の状態に応じて減量や休薬を検討する。
  • 高齢者に多い疾患であるためCDDPを使用する機会は少ない。 骨髄抑制や倦怠感、 脱毛、 悪心、 嘔吐、 腎毒性などの有害事象が多く見られ、 治療関連死の報告もある。 奏効率は高いものの奏効の持続は限られており、 副作用の観点からも昨今では1次治療として使用されることは無く、 アベルマブ投与後の2次治療として用いられる。

臨床試験成績

  • 前向き試験は存在しないが、 症例集積研究では27例に対して奏効率60% (CR36%、 PR24%) であったと報告されている⁵⁾。 またEP/EC療法が69%を占める化学療法の症例集積では、 1次治療として使用された場合は奏効率55% (CR13%、 PR42%)、 無増悪生存期間中央値94日、 奏効持続期間中央値85日と報告されている⁶⁾。 2次治療の場合は有効性が劣るとされているが、 免疫チェックポイント阻害薬の承認前のデータであり、 今後の検証が必要である。 副作用は重篤なものとして発熱性好中球減少、 敗血症が挙げられている。

出典

  1. 小野薬品工業株式会社. ベプシド®電子添文 (2023年2月改訂第1版) [最終閲覧 : 2024/04/18]
  2. 日本化薬. ランダ®電子添文 (2021年4月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/04/18]
  3. 日本化薬. ランダ®安全性情報 (2021年6月作成) [最終閲覧 : 2024/04/18]
  4. Diagnosis and treatment of Merkel cell carcinoma: European consensus-based interdisciplinary guideline - Update 2022. Eur J Cancer. 2022 Aug:171:203-231. PMID: 35732101
  5. Chemotherapy in neuroendocrine/Merkel cell carcinoma of the skin: case series and review of 204 cases. J Clin Oncol. 2000 Jun;18(12):2493-9. PMID: 10856110
  6. Response rates and durability of chemotherapy among 62 patients with metastatic Merkel cell carcinoma. Cancer Med. 2016 Sep;5(9):2294-301. PMID: 27431483
最終更新日 : 2024年4月18日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

レジメン
EP (Etoposide+CDDP)
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
EP (Etoposide+CDDP)
レジメン
EP (Etoposide+CDDP)

EP (Etoposide+CDDP)

エトポシド (ベプシド®)+シスプラチン(ランダ®)
2024年04月23日更新

Etoposide:Etoposide(ベプシド®)

投与量コース投与日
80~120mg/m² 点滴1~Day1~3

CDDP: Cisplatin(ランダ®)

投与量コース投与日
60-80mg/m² 点滴1~Day1

概要

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

  *日本化薬の外部サイトへ遷移します

用法用量

EORTCガイドライン⁴⁾

Eur J Cancer. 2022 Aug:171:203-231.⁴⁾より作図

エキスパートによるワンポイント

2次治療の選択肢

  • アベルマブ承認前は小細胞肺癌に準じた薬物療法が1次治療として行われており、 本レジメンもそのうちの一つであった。 アベルマブ不応、 不耐例や免疫チェックポイント阻害薬が使用できない患者で選択される。 高齢患者の多いメルケル細胞癌ではCDDPの代わりにCBDCAが使用されることが多い。 他のレジメンとの比較試験は無いため、 患者の状態や既往歴、 合併症および薬剤の特性などから治療薬を選択するが、 アベルマブ以外にメルケル細胞癌の保険適用を持つ薬剤は無い。

投与方法と副作用管理

  • シスプラチン1回60-80mg/m² (体表面積) をDay1に点滴静注し、 エトポシド80-120mg/m²をDay1-3に点滴静注する。 これを1サイクルとして3-4週毎に繰り返す。 カルボプラチンを使用する場合は1回AUC5 mg・min/mL相当量をDay1に点滴静注し、 エトポシド80-100 mg/m²をDay1-3に点滴静注する。 これを1サイクルとして4週毎に繰り返す⁴⁾。 副作用として骨髄抑制が見られることが多く、 発熱性好中球減少症や敗血症の報告もあるため、 患者の状態に応じて減量や休薬を検討する。
  • 高齢者に多い疾患であるためCDDPを使用する機会は少ない。 骨髄抑制や倦怠感、 脱毛、 悪心、 嘔吐、 腎毒性などの有害事象が多く見られ、 治療関連死の報告もある。 奏効率は高いものの奏効の持続は限られており、 副作用の観点からも昨今では1次治療として使用されることは無く、 アベルマブ投与後の2次治療として用いられる。

臨床試験成績

  • 前向き試験は存在しないが、 症例集積研究では27例に対して奏効率60% (CR36%、 PR24%) であったと報告されている⁵⁾。 またEP/EC療法が69%を占める化学療法の症例集積では、 1次治療として使用された場合は奏効率55% (CR13%、 PR42%)、 無増悪生存期間中央値94日、 奏効持続期間中央値85日と報告されている⁶⁾。 2次治療の場合は有効性が劣るとされているが、 免疫チェックポイント阻害薬の承認前のデータであり、 今後の検証が必要である。 副作用は重篤なものとして発熱性好中球減少、 敗血症が挙げられている。

出典

  1. 小野薬品工業株式会社. ベプシド®電子添文 (2023年2月改訂第1版) [最終閲覧 : 2024/04/18]
  2. 日本化薬. ランダ®電子添文 (2021年4月改訂 第1版) [最終閲覧 : 2024/04/18]
  3. 日本化薬. ランダ®安全性情報 (2021年6月作成) [最終閲覧 : 2024/04/18]
  4. Diagnosis and treatment of Merkel cell carcinoma: European consensus-based interdisciplinary guideline - Update 2022. Eur J Cancer. 2022 Aug:171:203-231. PMID: 35732101
  5. Chemotherapy in neuroendocrine/Merkel cell carcinoma of the skin: case series and review of 204 cases. J Clin Oncol. 2000 Jun;18(12):2493-9. PMID: 10856110
  6. Response rates and durability of chemotherapy among 62 patients with metastatic Merkel cell carcinoma. Cancer Med. 2016 Sep;5(9):2294-301. PMID: 27431483
最終更新日 : 2024年4月18日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(皮膚)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。