治療スケジュール
概要
監修医師

IPI:イピリムマブ(ヤーボイ®)

投与量コース投与日
3mg/kg 点滴1~Day1

その他

1コース21日間。
レジメン
IPI
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

ヤーボイ® (添付文書)

用法用量

1回3mg/kgを3週間間隔で4回点滴静注

投与開始基準

MDX010-20試験¹⁾より抜粋

18歳以上で、 切除不能なステージIII、 IVの黒色腫と診断されたPS0、 1の患者

ダカルバジン、 テモゾロミド、 フォテムスチン、 カルボプラチン、 またはインターロイキン-2のいずれか1つ以上を含むレジメンの治療歴あり

主な有害事象

MDX010-20試験¹⁾

主な有害事象

  • 下痢 32.8% (5.3%)
  • 悪心 35.1% (2.3%)
  • 便秘 20.6% (2.3%)
  • 嘔吐 23.7% (2.3%)
  • 倦怠感 42.0% (6.9%)
  • 食欲低下 26.7% (1.5%)
  • 発熱 12.2% (0%)
  • 貧血 11.5% ((3.1%)

注意すべき有害事象

  • 甲状腺機能低下症 1.5% (0%)
  • ALT増加 1.5% (0%)
  • AST増加 0.8% (0%)

参考文献

  1. Improved survival with ipilimumab in patients with metastatic melanoma. N Engl J Med. 2010 Aug 19;363(8):711-23. PMID: 20525992
最終更新日 : 2024年2月1日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

レジメン
IPI
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン
IPI
レジメン
IPI

IPI

イピリムマブ (ヤーボイ®)
2024年02月02日更新

IPI:イピリムマブ(ヤーボイ®)

投与量コース投与日
3mg/kg 点滴1~Day1

その他

1コース21日間。

概要

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではありません。 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください。

薬剤情報

ヤーボイ® (添付文書)

用法用量

1回3mg/kgを3週間間隔で4回点滴静注

投与開始基準

MDX010-20試験¹⁾より抜粋

18歳以上で、 切除不能なステージIII、 IVの黒色腫と診断されたPS0、 1の患者

ダカルバジン、 テモゾロミド、 フォテムスチン、 カルボプラチン、 またはインターロイキン-2のいずれか1つ以上を含むレジメンの治療歴あり

主な有害事象

MDX010-20試験¹⁾

主な有害事象

  • 下痢 32.8% (5.3%)
  • 悪心 35.1% (2.3%)
  • 便秘 20.6% (2.3%)
  • 嘔吐 23.7% (2.3%)
  • 倦怠感 42.0% (6.9%)
  • 食欲低下 26.7% (1.5%)
  • 発熱 12.2% (0%)
  • 貧血 11.5% ((3.1%)

注意すべき有害事象

  • 甲状腺機能低下症 1.5% (0%)
  • ALT増加 1.5% (0%)
  • AST増加 0.8% (0%)

参考文献

  1. Improved survival with ipilimumab in patients with metastatic melanoma. N Engl J Med. 2010 Aug 19;363(8):711-23. PMID: 20525992
最終更新日 : 2024年2月1日
監修医師 : HOKUTO編集部監修医師

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(皮膚)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。