治療スケジュール
概要
監修医師

Lorlatinib:ロルラチニブ(ローブレナ®)

投与量コース投与日
100mg/日 経口連日内服Day 1~

その他

適応はALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌である。
投与前に間質性肺炎、 肝機能障害、 QT延長がないことを確認する。
連日内服、 PDまで継続する。
本剤投与により副作用が発現した場合には、 休薬・減量・中止する。 50mg/日で忍容性が得られない場合は投与を中止する。

関連する薬剤情報

ローブレナ錠100mg
抗悪性腫瘍薬 > 未分化リンパ腫キナーゼ (ALK) 阻害薬
ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌。
レジメン
Lorlatinib
本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません. 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

薬剤情報

💊ロルラチニブ (ローブレナ®)

添付文書 / 適正使用ガイド*

*ファイザー株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

通常、 成人には1日1回100mgを経口投与する。 なお、患者の状態により適宜減量する¹⁾。

減量・中止する場合の用量

本剤投与により副作用が発現した場合には、 電子添文や適正使用ガイドの基準を考慮し、 休薬・減量・中止する。 50mg/日で忍容性が得られない場合は投与中止¹⁾。

レジメンの特徴と注意点

国内で4番目に承認された第3世代ALK阻害薬。 ALK陽性進行NSCLCは、 NSCLCの3~5%で認められ、 特に若年者や非喫煙者に多い²⁾。

効能又は効果¹⁾

ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

重大な副作用¹⁾

間質性肺疾患、 QT間隔延長、 中枢神経系障害、 膵炎、 肝機能障害

肺癌診療ガイドライン2023の推奨³⁾

PS 0-1の場合、 1次治療でALK-TKIを推奨・提案 (以下薬剤について記載あり)。
PS 2-4の場合,1次治療とでアレクチニブ単剤療法を行うよう推奨[1C]。
アレクチニブ耐性または増悪後の症例に対して、 ALK-TKI単剤療法 (ブリグチニブ、 ロルラチニブ、 セリチニブ) を行うよう提案[2C]。

その他の注意点

脂質異常症は発現頻度が高く注意を要する

CROWN試験では、 脂質異常症は約7割に認めた⁴⁾。 比較的早期から出現し、 最初の数サイクルでスタチンを導入しない場合、 次の治療サイクルまでにGrade3レベルに上昇する可能性がある⁴⁾。  CYP450酵素の相互作用が低いピタバスタチン (リバロ®)、 ロスバスタチン (クレストール®) などで対応すると良い。

主要な臨床試験

📊CROWN試験 (NCT03052608)⁴⁾⁵⁾

第3相試験 (ロルラチニブ vs クリゾチニブ)

国際共同無作為化第3相試験 (日本含む)。 ALK融合遺伝子陽性、 PS 0-1のⅣ期NSCLC患者296例を対象に、 1次治療薬としてロルラチニブとクリゾチニブを比較した。

PFS  (主要評価項目)⁴⁾

ロルラチニブ群 未到達

クリゾチニブ群 9.3カ月

 (HR 0.28. 95%CI0.19-0.41, P<0.001) 

PFS率 12ヵ月⁴⁾→36ヶ月時点⁵⁾

ロルラチニブ群 78%→64%

クリゾチニブ群 39%→19%

Grade 3以上の有害事象⁴⁾

ロルラチニブ群 72%

主な有害事象:高コレステロール血症、 高TG血症、 体重増加、 高血圧

特徴的な有害事象:認知障害 (2%)

クリゾチニブ群 56%

その他の有害事象⁴⁾

参考文献

1)  ファイザー株式会社 「ローブレナ®︎適正使用ガイド」 2023年8月作成 [最終閲覧:2023/12/6]

*ファイザー株式会社の外部サイトへ遷移します

2)  日本肺癌学会バイオマーカー委員会. 肺癌患者におけるALK融合遺伝子検査の手引き第4.0版

3)  日本肺癌学会. 肺癌診療ガイドライン−悪性胸膜中皮腫・ 胸腺腫瘍含む−2023年版

4)  First-Line Lorlatinib or Crizotinib in Advanced ALK-Positive Lung Cancer. N Engl J Med. 2020 Nov 19;383(21):2018-2029. PMID: 33207094

5)  Efficacy and safety of first-line lorlatinib versus crizotinib in patients with advanced, ALK-positive non-small-cell lung cancer: updated analysis of data from the phase 3, randomised, open-label CROWN study. Lancet Respir Med. 2023 Apr;11(4):354-366. PMID: 36535300

最終更新日:2023年12月6日
HOKUTO編集部医師監修

関連する薬剤情報

ローブレナ錠100mg
抗悪性腫瘍薬 > 未分化リンパ腫キナーゼ (ALK) 阻害薬
ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌。
レジメン
Lorlatinib
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧

関連する薬剤情報

ローブレナ錠100mg
抗悪性腫瘍薬 > 未分化リンパ腫キナーゼ (ALK) 阻害薬
ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌。
レジメン
Lorlatinib
レジメン
Lorlatinib

Lorlatinib

ロルラチニブ (ローブレナ®︎)
2023年12月06日更新

Lorlatinib:ロルラチニブ(ローブレナ®)

投与量コース投与日
100mg/日 経口連日内服Day 1~

その他

適応はALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌である。
投与前に間質性肺炎、 肝機能障害、 QT延長がないことを確認する。
連日内服、 PDまで継続する。
本剤投与により副作用が発現した場合には、 休薬・減量・中止する。 50mg/日で忍容性が得られない場合は投与を中止する。

概要

本コンテンツは特定の治療法を推奨するものではございません. 個々の患者の病態や、 実際の薬剤情報やガイドラインを確認の上、 利用者の判断と責任でご利用ください.

薬剤情報

💊ロルラチニブ (ローブレナ®)

添付文書 / 適正使用ガイド*

*ファイザー株式会社の外部サイトへ遷移します

用法用量

通常、 成人には1日1回100mgを経口投与する。 なお、患者の状態により適宜減量する¹⁾。

減量・中止する場合の用量

本剤投与により副作用が発現した場合には、 電子添文や適正使用ガイドの基準を考慮し、 休薬・減量・中止する。 50mg/日で忍容性が得られない場合は投与中止¹⁾。

レジメンの特徴と注意点

国内で4番目に承認された第3世代ALK阻害薬。 ALK陽性進行NSCLCは、 NSCLCの3~5%で認められ、 特に若年者や非喫煙者に多い²⁾。

効能又は効果¹⁾

ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

重大な副作用¹⁾

間質性肺疾患、 QT間隔延長、 中枢神経系障害、 膵炎、 肝機能障害

肺癌診療ガイドライン2023の推奨³⁾

PS 0-1の場合、 1次治療でALK-TKIを推奨・提案 (以下薬剤について記載あり)。
PS 2-4の場合,1次治療とでアレクチニブ単剤療法を行うよう推奨[1C]。
アレクチニブ耐性または増悪後の症例に対して、 ALK-TKI単剤療法 (ブリグチニブ、 ロルラチニブ、 セリチニブ) を行うよう提案[2C]。

その他の注意点

脂質異常症は発現頻度が高く注意を要する

CROWN試験では、 脂質異常症は約7割に認めた⁴⁾。 比較的早期から出現し、 最初の数サイクルでスタチンを導入しない場合、 次の治療サイクルまでにGrade3レベルに上昇する可能性がある⁴⁾。  CYP450酵素の相互作用が低いピタバスタチン (リバロ®)、 ロスバスタチン (クレストール®) などで対応すると良い。

主要な臨床試験

📊CROWN試験 (NCT03052608)⁴⁾⁵⁾

第3相試験 (ロルラチニブ vs クリゾチニブ)

国際共同無作為化第3相試験 (日本含む)。 ALK融合遺伝子陽性、 PS 0-1のⅣ期NSCLC患者296例を対象に、 1次治療薬としてロルラチニブとクリゾチニブを比較した。

PFS  (主要評価項目)⁴⁾

ロルラチニブ群 未到達

クリゾチニブ群 9.3カ月

 (HR 0.28. 95%CI0.19-0.41, P<0.001) 

PFS率 12ヵ月⁴⁾→36ヶ月時点⁵⁾

ロルラチニブ群 78%→64%

クリゾチニブ群 39%→19%

Grade 3以上の有害事象⁴⁾

ロルラチニブ群 72%

主な有害事象:高コレステロール血症、 高TG血症、 体重増加、 高血圧

特徴的な有害事象:認知障害 (2%)

クリゾチニブ群 56%

その他の有害事象⁴⁾

参考文献

1)  ファイザー株式会社 「ローブレナ®︎適正使用ガイド」 2023年8月作成 [最終閲覧:2023/12/6]

*ファイザー株式会社の外部サイトへ遷移します

2)  日本肺癌学会バイオマーカー委員会. 肺癌患者におけるALK融合遺伝子検査の手引き第4.0版

3)  日本肺癌学会. 肺癌診療ガイドライン−悪性胸膜中皮腫・ 胸腺腫瘍含む−2023年版

4)  First-Line Lorlatinib or Crizotinib in Advanced ALK-Positive Lung Cancer. N Engl J Med. 2020 Nov 19;383(21):2018-2029. PMID: 33207094

5)  Efficacy and safety of first-line lorlatinib versus crizotinib in patients with advanced, ALK-positive non-small-cell lung cancer: updated analysis of data from the phase 3, randomised, open-label CROWN study. Lancet Respir Med. 2023 Apr;11(4):354-366. PMID: 36535300

最終更新日:2023年12月6日
HOKUTO編集部医師監修

こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
レジメン(呼吸器)

がん薬物療法における治療計画をまとめたものです。

主要論文や適正使用ガイドをもとにした用量調整プロトコール、 有害事象対応をご紹介します。

なお、 本ツールは医師向けの教育用資料であり、 実臨床での使用は想定しておりません。 最新の添付文書やガイドラインを必ずご確認下さい。

また、 一般の方への情報提供ではないことを予めご了承ください。

NSCLC (遺伝子変異/転座+)
NSCLC (遺伝子変異/転座−)
NSCLC (Ⅲ期、CRT後)
NSCLC (周術期)
NSCLC (二次治療以降)
ED-SCLC
SCLC (二次治療以降)
悪性胸膜中皮腫
NSCLC (遺伝子変異/転座+)
NSCLC (Ⅲ期、CRT後)