【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査
著者

亀田総合病院

15日前

【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査

【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査

FilmArray®呼吸器パネル2.1とは

18ウイルス、4細菌の遺伝子を検出

FilmArray®システムは、 multiplex PCR法を用いて、 核酸同定を同時に行う全自動遺伝子解析装置です。 FilmArray®呼吸器パネル2.1は、 鼻咽頭拭い液を用いて以下に示す18種類のウイルスと4種類の細菌の遺伝子を同時に検出することができます。

FilmArray®呼吸器パネル2.1で検出可能な病原体
【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査
FilmArray®呼吸器パネル2.1添付文書を基に編集部作成

約1万円と高額な点に注意

短時間で多くのPCR検査を同時に行える利点がありますが、 高額 (診療報酬点数 : 963点) となっています。

ガイドラインでの位置づけ

成人肺炎診療ガイドライン2024においても、 「肺炎診療において多項目遺伝子検査は推奨されるか」 というクリニカルクエスチョンがあり、 弱い推奨となっています。 よって、 FilmArray®呼吸器パネル2.1の実施においては、 適応を慎重に考える必要があります

適応

統一された適応はないが・・・

実臨床におけるFilmArray®呼吸器パネル2.1の統一された適応はないと考えられます。 筆者らのグループでは、 原則として、 ウイルス性肺炎やマイコプラズマ肺炎を疑う入院症例 (特にSARS-CoV-2とインフルエンザの迅速抗原検査が陰性の場合) で提出するようにしています。

筆者らのグループにおけるFilmArray®呼吸器パネル2.1の適応
【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査

注意点

ウイルスによる感度の違い

呼吸器系ウイルスに関しては、 SARS-CoV-2、 インフルエンザを含めて比較的広範にカバーされていると考えられます。 しかし、 感度は対象ウイルスによって異なり、 最近のメタ解析では、 インフルエンザA 91.1%, インフルエンザB 82.2%, RSウイルス 91.1%、 アデノウイルス 67.0%、 ヒトメタニューモウイルス 91.4%と報告されています¹⁾。

特異度はこれらのウイルスにおいて99%以上でした¹⁾。 したがって、 偽陰性が起こり得るため、 FilmArray®呼吸器パネル2.1が陰性だからといって、 ウイルス性肺炎が完全に否定されるわけではありません。

検査する検体による結果の違い

ウイルス性肺炎症例では、 鼻咽頭拭い液や喀痰は陰性でも、 気管支肺胞洗浄液で陽性になる症例が存在します。 したがって検査する検体によって結果が変わる可能性があります (ただし、 気管支肺胞洗浄液や喀痰は保険適用外となります)。

ウイルスと細菌の重複の可能性

細菌とウイルスの重複感染が市中肺炎の5~10%で認めると報告されています²⁾³⁾。 したがって、 ウイルスが検出されたからといって、 必ずしも細菌性肺炎が否定されるわけではありません。

ウイルスの定着の可能性

ウイルスは健常者の気道に定着することもあるため⁴⁾⁵⁾、 ウイルスの検出が必ずしも呼吸器感染症の起炎菌とは断定はできません。

検出可能な細菌の限界

細菌に関しては、 Bordetella pertussisBordetella parapertussisChlamydophila pneumoniaeMycoplasma pneumoniaeの4つのみであり、 Legionella pneumophilaはカバーされていません。 したがって、 重症呼吸器感染症の起炎病原体を評価する場合に、 FilmArray®呼吸器パネル2.1のみでは不十分であり、 Legionella pneumophilaについては尿中抗原検査、 肺炎球菌を含む一般細菌については喀痰グラム染色、 喀痰培養による評価は必須です。

BioFire®肺炎パネルという、 20項目以上の細菌、 非定型肺炎病原体、 ウイルス、 および薬剤耐性遺伝子の5項目以上を検出するパネルが出ていますが、 今のところ保険適用外のため、 まだ国内で広くは用いられていないと考えられます⁶⁾。

出典

  1. Multiplex PCR system for the rapid diagnosis of respiratory virus infection: systematic review and meta-analysis. Clin Microbiol Infect. 2018 Oct;24(10):1055-1063. PMID: 29208560
  2. Community-Acquired Pneumonia Requiring Hospitalization among U.S. Adults. N Engl J Med. 2015 Jul 30;373(5):415-27. PMID: 26172429
  3. The impact of virus infections on pneumonia mortality is complex in adults: a prospective multicentre observational study. BMC Infect Dis. 2017 Dec 6;17(1):755. PMID: 29212450
  4. A prospective, community-based study on virologic assessment among elderly people with and without symptoms of acute respiratory infection. J Clin Epidemiol. 2003 Dec;56(12):1218-23. PMID: 14680673
  5. Identification of respiratory viruses in asymptomatic subjects: asymptomatic respiratory viral infections. Pediatr Infect Dis J. 2008 Dec;27(12):1103-7. PMID: 18978518
  6. BioFire FilmArray Pneumonia Panel enhances detection of pathogens and antimicrobial resistance in lower respiratory tract specimens. Ann Clin Microbiol Antimicrob. 2022 Jun 4;21(1):24. PMID: 35659683
【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査

呼吸器内科をもっと深く学びたい方は 「レジデントのための呼吸器診療最適解」 (医学書院) でぜひ勉強されて下さい!

亀田総合病院 呼吸器内科 初期研修医向けオンライン説明会 4月~5月の案内

亀田総合病院 呼吸器内科の紹介

呼吸器内科 後期研修医・スタッフ募集

一言 : 当科では教育および人材交流のために、 日本全国から後期研修医・スタッフ (呼吸器専門医取得後の医師) を募集しています。 ぜひ一度見学に来て下さい。

連絡先 : 主任部長 中島啓

メール : kei.7.nakashima@gmail.com

Twitter : https://twitter.com/keinakashima1

Instagram : https://www.instagram.com/kei_nakashima7

関連コンテンツ

非定型肺炎スコア

細菌性肺炎とマイコプラズマ肺炎の鑑別

市中肺炎の原因微生物

日本における市中肺炎の原因微生物の分離頻度

市中肺炎の微生物検査

迅速検査や検出可能な微生物例

ポストのGif画像
【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【解説】FilmArray®呼吸器パネル2.1による肺炎の検査