著者

HOKUTO編集部

27日前

【腎盂腎炎】非専門医のためのまとめ (抗菌薬の選択と推奨投与期間)


ポイント

  1. グラム陰性桿菌が原因菌の大部分を占める!
  2. 抗菌薬投与前に必ず血液培養尿一般培養を提出し、菌名判明後速やかにde-escalation!
  3. 男性で本症を疑う場合、急性前立腺炎精巣炎精巣上体炎の評価をセットで行う!
  4. 発症から受診まで時間を要した例については、腎膿瘍などの膿瘍形成を否定する!

抗菌薬の選択

基本はグラム陰性桿菌をカバー

第2世代セフェム (以下例)

⚠保険適応は4g/日まで

第3世代セフェム (以下例)

ESBL産生菌の関与を疑うが安定

⚠カバー範囲が広いため乱用しない

ESBL産生菌の関与を疑いショック

カルバペネム系 (以下例)

⚠菌名、感受性判定後にde-escalation必須

結石での閉塞性腎盂腎炎(結石性腎盂腎炎)

  • 泌尿器科にコンサルトする.

(D-Jステント挿入によるドレナージ適応)

  • なお、3cm大の腎膿瘍も、ドレナージ適応.

抗菌薬の推奨投与期間

*セファレキシン、アモキシシリン・クラブラン酸の場合5~7日間

すぐには解熱しないことが多い. 全身状態が保たれていれば72時間程度経過を見る. 改善しなければ通過障害を疑い「画像精査」を検討.

病態・疫学

  • 女性に非常に多い疾患である.
  • E.coliが原因菌の大部分を占める.
  • 腸球菌やレンサ球菌は病原性が弱く通常は起炎菌にならないが、免疫が低下した高齢者ではその限りではない.
  • リスクとしては、性交渉殺精子剤尿路感染症の既往新たなパートナー母親または娘に尿路感染症の既往がある場合など.

診断

診断は以下の1~3で行う

  1. 尿沈渣で白血球≧10/HPF菌量≧10⁵
  2. 尿路症状あり (発熱、 側腹部痛、 腰痛、 CVA叩打痛、 嘔気、 嘔吐など)
  3. 他の熱源を否定する

その他の注意点

  • 尿グラム染色で、 白血球による貪食を伴う菌を多数認める。単一菌であればより本症が疑わしい.
  • 尿白血球エラスターゼ陽性亜硝酸塩陽性も診断的である.
  • 腎臓の肋骨脊柱角(CVA)叩打痛や腎双手診が患側で陽性になることは診断を支持するが、 尿路結石、 腸腰筋膿瘍、 憩室炎、 卵巣病変等でも陽性になりうる等特異度が低い.
  • 超音波検査で、 結石による閉塞性腎盂腎炎を否定する.
  • 悪寒戦慄や抗菌薬投与後の熱の遷延を伴う場合、腎膿瘍を疑って画像検査を行う.

参考文献

  1. David N. Gilbert, M.D.et al. サンフォード抗菌薬ガイドライン2021 (第51版) .ライフサイエンス出版. 2021, 412p
  2. Therapy for prostatitis, with emphasis on bacterial prostatitis. Expert Opin Pharmacother . 2007 Aug;8(11):1667-74. PMID: 17685884

関連コンテンツ

🚑ERマニュアル|膀胱炎

📖日本版敗血症診療ガイドライン2020

📖JAID/JSC感染症治療ガイドライン2015


最終更新:2022年8月17日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人


こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師