著者

海外ジャーナルクラブ

15日前

【JAMA】妊娠初期の中絶を禁止するテキサス州法施行後、州外での中絶件数が増加

Whiteらは、 胎児心拍検出後の中絶を禁止したテキサス州上院法案8 (SB8) の施行前後の中絶件数の変化を後ろ向き研究で検討した。 その結果、 SB8施行後の6カ月間で、 テキサス州居住者が州外で行った妊娠12 週以上の中絶件数の割合が有意に増加した。 本研究は、 JAMA誌において発表された。 
論文情報をもとにHOKUTO編集部が作成

📘原著論文

Association of Texas' 2021 Ban on Abortion in Early Pregnancy With the Number of Facility-Based Abortions in Texas and Surrounding States. JAMA. 2022 Nov 1. doi: 10.1001/jama.2022.20423.PMID: 36318197

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

本研究で一番言いたいことは、 SB8施行後にテキサス居住者の人口妊娠中絶の件数が減った、 ということだと思います。


研究デザイン

対象と曝露内容

2020年9月1日から2022年2月28日までの間のテキサス州居住者

テキサス州の施設による中絶 68,820件と州外での中絶 11,287件が含まれる。

SB8施行後 (2021年9月~2022年2月) と施行前 (2020年9月~2021年8月) に受けた人工妊娠中絶医療

評価項目

主要評価項目:テキサス州住民のテキサス州内・州外における施設ベースの中絶件数の変化 (SB8施行前後の1カ月間の変化)。

副次評価項目:SB8施行後6ヵ月間におけるテキサス州住民の妊娠12週以上での州外人工妊娠中絶の割合の変化。

研究結果

主要評価項目

SB8施行前と比較して、 SB8施行後の1ヵ月で、 テキサス州の施設ベースの人工妊娠中絶数は5,451件から2,169件に有意に減少した。

差:-3,282 、 95%CI -3,171~-3,396、 IRR:0.43、 95%CI 0.36-0.51

テキサス州住民の州外での中絶件数は、 222件から1,332件へと有意に増加した。

差:1,110 、 95%CI 1,047-1,177、 IRR 5.38、 95%CI 4.19-6.91

全体として、 テキサス州居住者におけるテキサス施設ベースの中絶および州外での中絶の総記録件数は、 5,673件から 3,501件に有意に減少した。

絶対変化:-2,172、 95%CI -2,083—2,265、 IRR:0.67、 95%CI 0.56-0.79

副次評価項目

テキサス州住民の妊娠12週以上で行われた州外での中絶は、 SB8施行後6ヵ月間 (2021年9月~2022年2月) の間に17.1%から31.0%へと増加した (P for trend<0.001)。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師