【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%
著者

HOKUTO編集部

9ヶ月前

【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%

【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%
進展型小細胞肺癌 (ED-SCLC) を対象に、 化学療法への抗PD-L1抗体アテゾリズマブ追加併用が全生存期間 (OS) に及ぼす影響を検討した第Ⅲ相ランダム化比較試験IMpower133および同試験の延長観察研究である第Ⅳ相単群試験IMbrella Aの成績から、 5年生存率は12%であることが示された。 米・Georgetown UniversityのStephen V. Liu氏が報告した。 

背景と目的

IMpower133試験の追跡期間中央値22.9ヵ月のOSのアップデータでは、 ES-SCLCに対するカルボプラチン (CP) / エトポシド (ET) へのアテゾリズマブ追加併用により、 OSの持続的な改善 (中央値12.3ヵ月 vs 10.3ヵ月、 HR 0.76) が報告されている (J Clin Oncol 2021; 39:619-30) 。

試験の概要

対象

測定可能病変を有する全身療法が未治療のES-SCLC (ECOG PS 0/1)

方法

IMpower133試験においてCP+ET+アテリズマブ群にランダム化された201例および、 201例中試験終了時に生存し、 かつアテゾリズマブを継続できた18例で以下を評価 (プラセボ群は除外)。

CP (AUC 5 IV day1) +ET (100 mg/m² IV day1-3) +アテゾリズマブ (1,200mg day1) を4サイクル後、 アテゾリズマブのみ同スケジュールで継続
【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%
【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%

評価項目

長期OS、 OSと関連する転写因子表現型

試験結果 (IMpower133、 IMbrella A) 

患者背景

  • 年齢中央値:64.0歳、 60.5歳
65歳未満は55.2%、 77.8%
  • 非喫煙者:4.5%、 5.6%
  • ECOG PS 0:36.3%、 66.7%
  • 脳転移あり:8.5%、 11.1%
  • 肝転移:38.3%、 11.1%

長期OS

  • 中央値:12.3カ月、 --
IMpower133試験の201例のみ  95%CI 10.8-15.8ヵ月
  • 5年OS率:12%、 NE
95%CI 7-17%

転写因子表現型

IMbrella Aでは5年生存11例中7例で解析

・SCLC-N:22.5%、 57.1% (4例) 

・SCLC-I:18.1%、 28.6% (2例) 

・SCLC-A:51.7%、 14.3% (1例) 

・SCLC-P:7.7%、 0%

安全性 (IMbrella A)

遅発性の免疫介在性毒性はまれであり、 管理可能であった。

  • 重篤な有害事象の発現:3例 (16.7%) 下痢、 肺炎、 手技による気胸
  • Grade2の甲状腺機能低下症1例

Liu氏らの結論

ES-SCLCに対するアテゾリズマブ併用療法により、 化学療法単独に比べ、 5年までの持続的な生存改善効果が示された。 アテゾリズマブ追加は長期安全性も期待できる。 


関連コンテンツ

CBDCA/Etop+Atezolizumab

【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%
【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【IMpower133/IMbrella A】ES-SCLCへのアテゾリズマブ追加で5年OS率は12%