著者

HOKUTO編集部

69日前

【血液内科】SLiM-CRAB ~IMWG多発性骨髄腫診断基準のエビデンスと注意点~

新たに「多発性骨髄腫」のカテゴリーを追加しました.

多発性骨髄腫の診断基準 🔢 SLiM-CRAB を、右上の☆ボタンからお気に入り登録してご利用ください!


多発性骨髄腫とは¹⁾

  • 多発性骨髄腫 (multiple myeloma:MM)は、 形質細胞の単クローン性増殖と、その産物である単クローン性免疫グロブリン(M蛋白)血清/尿中増加により特徴づけられる疾患である.
  • 国際骨髄腫作業部会 (IMWG*)による診断規準が広く用いられている.
  • *International Myeloma Working Group

SLiM-CRABとは¹⁾²⁾

  • 2015年に改訂されたIMWG診断基準では、 従来のCRABと称される臓器障害 (高カルシウム血症 / 腎不全 / 貧血 /骨病変) に加え、 myeloma-defining biomarker < SLiM : 骨髄中形質細胞≧60%involved/uninvolved血清遊離軽鎖比≧100MRIで2カ所以上の5mmを超える巣状病変あり > のいずれか1つを有する場合も (症候性) 多発性骨髄腫と定めた.
  • この改訂は、 CRAB 症状を認めずに無症候性骨髄腫と従来診断されていた症例が、 2年以内に80%以上の確率で症候性骨髄腫に移行するとの事実に基づいている.

使用上の注意 ²⁾

  • SLiMのみを有しCRAB症候を示さない多発性骨髄腫の中には長期間進展しない患者も一部含まれている.
  • 日常診療においては直ちに治療開始すべきか注意深い経過観察を行うかは個別に判断することが望ましい.

関連コンテンツ

多発性骨髄腫

🔢 SLiM-CRAB (診断基準)

🔢 ISS (国際病期分類)

🔢 R-ISS (改訂国際病期分類)

📘 造血器腫瘍診療ガイドライン2018補訂版

📘 造血細胞移植ガイドライン|MM、類縁疾患

参考文献

  1. 造血器腫瘍診療ガイドライン 2018年版捕訂版
  2. Lancet Oncol.2014 Nov;15(12):e538-48.PMID: 25439696

監修医師:伊勢原協同病院血液内科 扇屋大輔

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!