【JAMA】気道粘液栓がCOPD全死亡増加と関連
著者

海外ジャーナルクラブ

12ヶ月前

【JAMA】気道粘液栓がCOPD全死亡増加と関連

【JAMA】気道粘液栓がCOPD全死亡増加と関連
Diazらは、 COPDの患者を対象に、 胸部CTで確認された気道封鎖型粘液栓と予後の関連性をコホート研究で検討。 その結果、 中~大サイズの気道を閉塞する粘液栓の存在は、 粘液栓のない患者と比べ全死因死亡率の増加と関連していることが明らかとなった。 本研究はJAMA誌において発表された。

📘原著論文

Airway-Occluding Mucus Plugs and Mortality in Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease. JAMA. 2023 Jun 6;329(21):1832-1839. PMID: 37210745

👨‍⚕️監修医師のコメント

本文中のlimitationの1つ目に書いていることは当たり前ですが、 しっかりと理解しておく必要があります。 First, this was an observational study, so conclusions cannot be made that mucus plugging causes death. 結果の正当な解釈は極めて重要です。 また、 日本人でも同じような結果が得られるのかどうか、 是非とも追研究を期待したいです。

🔢関連コンテンツ

COPD増悪時のPSL個別化用量

プレドニゾロン個別化用量の推算式

COPDの病期分類 (GOLD分類)

GOLD (Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)

CAT (COPD評価テスト)

COPDの治療評価

背景

COPD患者では気道粘液栓がよく見られるが、 それと死亡率の関連性は不明であった。

研究デザイン

方法

Genetic Epidemiology of COPDコホートでCOPDと診断された患者の前向きに収集されたデータの観察的レトロスペクティブ解析

対象

45~80歳の非ヒスパニック系黒人または白人で、 10パック/年以上喫煙しているCOPD患者:4,363例

曝露

胸部CTスキャンで中型から大型の気道 (内径約2~10mm) を完全に閉塞した粘液栓の数を評価

主要評価項目

全死因死亡率

研究結果

粘液栓が肺区域に存在する患者数

  • 0個:59.3% (2,585例)
  • 1~2個:21.8% (953例)
  • 3個以上:18.9% (825例)

粘液栓を持つ患者グループごとの死亡率

  • 0個:34.0% (95%CI 32.2-35.8%)
  • 1~2個:46.7% (95%CI 43.5-49.9%)
  • 3個以上:54.1% (95%CI 50.7-57.4%)

死亡の調整ハザード比との関連

  • 1~2個 vs. 0個:1.15 (95%CI 1.02-1.29)
  • 3個以上 vs. 0個:1.24 (95%CI 1.10-1.41)

結論

COPDの参加者において、 中~大サイズの気道を閉塞する粘液栓の存在は、 粘液栓がない患者と比較して、 全死因死亡率の増加と関連していた。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA】気道粘液栓がCOPD全死亡増加と関連