著者

海外ジャーナルクラブ

49日前

【BMJ】消化器外科医の手術の転帰に男女による有意差なし

Okoshiらは, National Clinical Database (NCD) のデータを基に, 消化器外科医の男女間の短期手術成績を後ろ向きコホート研究で比較. その結果, 消化器外科医の手術の転帰に, 男女差による有意な調整後リスク差はないことが明らかとなった. 本研究は, BMJ誌において発表された. 

📘原著論文

Comparison of short term surgical outcomes of male and female gastrointestinal surgeons in Japan: retrospective cohort study. BMJ. 2022 Sep 28;378:e070568.PMID: 36170985

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

少し冷静に本研究報告を読む必要がありそうですね. タイトルは, 後ろ向きに比較しました…結論は男女で有意な調整リスクの差はありませんでした. 結果を詳細に見ると男性外科医の方が良い傾向, またその逆の女性外科医の方が良い傾向のサブグループがありそうですね.


研究デザイン

  • 対象:幽門側胃切除術, 胃全摘術, 低位前方切除術を施行した男女の外科医.
  • 主要評価項目:手術死亡率, 手術死亡率と術後合併症の組み合わせ, 膵液瘻 (遠位胃切除術/胃全摘術のみ) , 吻合部リーク (低位前方切除術のみ) .

研究結果

  • 幽門側胃切除術:149,193例 (男性外科医:94.5%, 女性外科医:5.5%)
  • 胃切除術:63,417例 (男性外科医:94.5%, 女性外科医:5.5%)
  • 前方下部切除:81,593例 (男性外科医:95.4%, 女性外科医:4.6%)
  • 平均して, 女性外科医は男性外科医より登録後の年数が少なく, よりリスクの高い患者を手術し, 腹腔鏡手術の数も少なかった.
  • 手術死亡率, Clavien-Dindoグレード3以上の合併症を伴う手術死亡率, 膵液瘻, 吻合部リークには男女間で有意差は認められなかった.
  • 手術死亡率
  • 幽門側胃切除術:aOR 0.98 (95%CI 0.74-1.29) ,
  • 胃全摘術:aOR 0.83 (95%CI 0.57-1.19) ,
  • 低位前方切除術:aOR 0.56 (95%CI 0.30-1.05) ) ,
  • Clavien-Dindoグレード3以上の術後合併症を伴う手術死亡率
  • 幽門側胃切除術:aOR 1.03 (95%CI 0.93~1.14) ,
  • 胃全摘術:aOR 0.92 (95%CI 0.81~1.05) ,
  • 低位前方切除術:aOR 1.02 (95%CI 0.91~1.15) ,
  • 膵液瘻
  • 幽門側胃切除術:aOR 1.16 (95%CI 0.97-1.38)
  • 胃全摘術:aOR 1.02 (95%CI 0.84-1.23)
  • 吻合部リーク
  • 低位前方切除術:aOR 1.04 (95%CI 0.92-1.18)

結論

本研究では, 消化器外科医が行った手術の転帰に, 男女差による有意な調整後リスク差は認められなかった. デメリットがあるにもかかわらず, 女性外科医は高リスクの患者を引き受けている. 日本では, 女性医師の外科トレーニングへのアクセスを増やすことが正当化される.

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師