【JAMA】未診断のCOPD患者特定に用いるCAPTUREツール、 感度は低いが特異度に優れる
著者

海外ジャーナルクラブ

12ヶ月前

【JAMA】未診断のCOPD患者特定に用いるCAPTUREツール、 感度は低いが特異度に優れる

【JAMA】未診断のCOPD患者特定に用いるCAPTUREツール、 感度は低いが特異度に優れる
Martinezらは、 米国のプライマリケアにおいて、 臨床的に重要な未診断の慢性閉塞性肺疾患 (COPD) 患者を特定するために開発されたスクリーニングツール「COPD Assessment in Primary Care To Identify Undiagnosed Respiratory Disease and Exacerbation Risk」 (CAPTURE) の性能を横断研究で評価。 その結果、 CAPTUREスクリーニングツールは、 臨床的に重大なCOPDを特定するための感度は低いが特異度は高かった。 本研究はJAMA誌において発表された。

📘原著論文

Discriminative Accuracy of the CAPTURE Tool for Identifying Chronic Obstructive Pulmonary Disease in US Primary Care Settings. JAMA. 2023 Feb 14;329(6):490-501. PMID: 36786790

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

CAPTUREスクリーニングツールは米国のプライマリケア集団において検証すると感度が50%未満であったということですね (特異度は約9割ですが…… ) 。 これは当たり前のことなのですが、 よくERでの診断でどこぞで開発されたスクリーニングツールをそのまま自施設のERでの診断に当てはめて使っていることがありますが、 こんな形のリスクを常にはらんでいることを本研究は証明しています。

🔢関連コンテンツ

COPDの病期分類 (GOLD分類)

GOLD (Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease)

COPD増悪時のPSL個別化用量

プレドニゾロン個別化用量の推算式

CAT (COPD評価テスト)

COPDの治療評価

BODE指数

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の生存期間予測

BAP-65スコア

慢性閉塞性肺疾患(COPD)急性増悪の院内死亡予測

DECAFスコア

慢性閉塞性肺疾患(COPD)急性増悪の死亡リスク評価

ADO指数

慢性閉塞性肺疾患 (COPD) の生存期間予測

ACOの重症度分類

喘息とCOPDのオーバーラップ

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA】未診断のCOPD患者特定に用いるCAPTUREツール、 感度は低いが特異度に優れる