【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)
著者

HOKUTO編集部

3ヶ月前

【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)

【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)
本コンテンツはNational Comprehensive Cancer Network (NCCN) のガイドラインについて、 専門医の視点からわかりやすい解説を行う企画です。 最新の情報が紹介されておりますので、 是非とも臨床の参考としていただければ幸いです。
本稿はNCCNガイドライン Version 2.2023を基に作成しています(閲覧日:2023年10月27日)

解説医師

【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)

制吐療法における薬剤の進化と課題

最近では多剤併用での制吐薬が一般化しているが、 オランザピンについても推奨されるレジメンに組み込まれている。 また、 NK1受容体拮抗薬についても本邦では使用できない薬剤もあるが、 以前と比して製剤が増えている。 全体的に固定用量のものが多く、 本邦で患者の体格が小さい場合にステロイドなどでそのままの投与量とするかは毒性の観点などから確認が必要である。

制吐療法を最適化することは化学療法中のQoLならびに栄養状態の維持に重要である。そのことにより化学療法の忍容性を高めることにつながると期待される。

高催吐リスクの場合

治療選択肢A、 B、 またはCを選択する。 すべての治療選択肢はカテゴリー1であり、 抗癌剤治療の前に開始すべきである。

【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)

中等度催吐リスクの場合

治療選択肢D、 E、 またはFを選択する。 すべての治療選択肢はカテゴリー1であり、 抗癌剤治療の前に開始すべきである。

【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)

低催吐リスクの場合

【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)

ポストのGif画像
【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【NCCNガイドライン最新解説】悪心・嘔吐 (Part.2)