【Lancet Haematol】再発/難治性DLBCLに対するR2へのポラツズマブ ベドチン上乗せは?
著者

海外ジャーナルクラブ

3ヶ月前

【Lancet Haematol】再発/難治性DLBCLに対するR2へのポラツズマブ ベドチン上乗せは?

【Lancet Haematol】再発/難治性DLBCLに対するR2へのポラツズマブ ベドチン上乗せは?
Abrisqueta氏らは、 再発/難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者を対象に、 抗体薬物複合体ポラツズマブ ベドチン+抗CD20抗体リツキシマブ+免疫調節薬レナリドミド併用療法 (Pola+R+Len) の有効性と安全性について、 第Ib/II相多施設共同単群試験で検討した。 その結果、 全体的な奏効は限定的であるものの、 一部の患者には一定の効果が認められ、 忍容性のある安全性プロファイルを有していることが示された。 本研究はLancet Haematol誌において発表された。

📘原著論文

Polatuzumab vedotin plus rituximab and lenalidomide in patients with relapsed or refractory diffuse large B-cell lymphoma: a cohort of a multicentre, single-arm, phase 1b/2 study. Lancet Haematol. 2024 Feb;11(2):e136-e146. PMID: 38190832

👨‍⚕HOKUTO監修医コメント

事前に規定された the response rates は40%でしたので、 それには達しなかったということです。

🔢関連コンテンツ

NCCN-IPI

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の国際予後指標

R-IPI

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の修正国際予後指標

Pola+BR

Pola-R-CHP


研究の背景

再発/難治性DLBCLは造血幹細胞移植が不適格で治療選択肢が限られ、 予後が不良であるため、 新規併用療法の有効性と安全性を検証する。

研究デザイン

対象

18歳以上の再発または難治性DLBCLで、 抗CD20抗体を含む化学免疫療法の前治療を1ライン以上受け、 造血幹細胞移植が不適格な患者 (ECOG PS≦2)

方法

用量漸増フェーズ (第Ⅰb相*) : 18例

リツキシマブ 375mg/m²+ポラツズマブ ベドチン 1.8mg/kg (全コホート) による導入療法 (28日間6サイクル)** →レナリドミド10mg (コホートA) /15mg (コホートB) /20mg (コホートC) を経口投与

*レナリドミドの用量を漸増し、 フェーズ2 (P2) の推奨用量を決定
**リツキシマブおよびポラツズマブ ベドチンは1日目に、 レナリドミドは28日サイクルの各1-21日目に投与

用量拡大フェーズ (第Ⅱ相) : 39例

設定された第Ⅱ相の推奨用量でのPola+R+Len (28日間6サイクル)

主要評価項目

  • 第Ⅰb相 : 用量制限毒性発現率によるレナリドミド最大耐用量の確認
  • 第Ⅱ相 : PET-CTの評価に基づく導入期終了時の完全奏効 (CR) 率

解析は、 安全性集団および有効性集団において実施された。

副次評価項目

有害事象 (AE) の発現率

研究結果

用量制限毒性発現率によるレナリドミド最大耐用量

第Ⅰb相では、 第Ⅱ相におけるレナリドマイドの推奨用量として20mgが確認された。

PET-CTに基づく導入期終了時のCR率

31%

(90%CI 20-43%)

副次評価項目

最も多かったGrade3~4のAEは好中球減少症 (61%) および血小板減少症 (14%) であった。

重篤なAEは40%、 1例が治療関連AEにより死亡した。

結論

再発または難治性DLBCLに対するポラツズマブ ベドチン+リツキシマブ+レナリドミド併用療法は事前に規定されたCR率を達成しなかった。 しかし、 一部の患者においては年単位での疾患コントロールが可能であり、 臨床的有益性が認められた。

ポストのGif画像
【Lancet Haematol】再発/難治性DLBCLに対するR2へのポラツズマブ ベドチン上乗せは?の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Lancet Haematol】再発/難治性DLBCLに対するR2へのポラツズマブ ベドチン上乗せは?