【Hypertens Res】30~49歳の高血圧は後年の大腸癌死亡リスクと関連
著者

海外ジャーナルクラブ

5ヶ月前

【Hypertens Res】30~49歳の高血圧は後年の大腸癌死亡リスクと関連

【Hypertens Res】30~49歳の高血圧は後年の大腸癌死亡リスクと関連
Hisamatsuらは、 日本人を対象にした前向きコホートNIPPON DATA80を基に、 高血圧と胃癌、 肺癌、 大腸癌、 肝癌、 膵癌による死亡リスクとの関連を検討した。 その結果、 特に30~49歳の高血圧は、 後年における大腸癌死亡リスクと独立して関連していることが明らかとなった。 本研究はHypertens Res誌において発表された。

📘原著論文

High blood pressure and colorectal cancer mortality in a 29-year follow-up of the Japanese general population: NIPPON DATA80. Hypertens Res. 2023 Nov 22. PMID: 37993591

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

今回の仮説の提唱からは、 やはり高血圧に対する治療や生活スタイルの改善が大腸癌死亡リスクを改善するかどうかが気になります。

🔢関連コンテンツ

胃癌のTNM分類 (規約版)

胃癌の進行度分類 (取扱い規約 第15版)

胃癌のTNM分類 (UICC-8版)

胃癌の臨床病期分類 (UICC-8版)

肺癌のTNM臨床病期分類

肺癌の病期分類 (UICC-8版)

大腸癌のTNM分類 (UICC-8版)

大腸癌 (結腸および直腸) の臨床病期分類 (UICC-8版)

大腸癌のTNM分類 (規約版)

大腸癌の進行度分類 (取扱い規約第9版)

肝癌のTNM臨床病期分類

肝癌の病期分類 (UICC-8版)

膵癌のTNM臨床病期分類

膵癌の病期分類 (UICC-8版)

背景

高血圧と癌リスクとの関連については、 一貫した結果が得られていない。

研究デザイン

方法

  • NIPPON DATA80において、 ベースライン時に心血管系疾患や降圧薬の服用がなかった8,088例を2009年まで追跡した。
  • 喫煙、 飲酒、 肥満、 糖尿病などの交絡因子で調整したFine-Gray競合リスク回帰を用いて、 血圧が10mmHg以上上昇した場合のHRを推定した。

研究結果

29年の追跡期間中における癌による死亡

  • 胃癌 : 2.0% (159例)
  • 肺癌 : 2.0% (159例)
  • 大腸癌 : 1.1% (89例)
  • 肝癌 : 1.1% (86例)
  • 膵癌 : 0.8% (68例)

高血圧と癌死亡リスクとの関連

高血圧は大腸癌死亡リスクと正の関連を認めたが、 他の癌による死亡リスクとは相関しなかった。

収縮期および拡張期血圧の大腸癌死亡率との関連

収縮期および拡張期血圧の大腸癌死亡率との関連は、 30~49歳では明らかであった。

収縮期血圧におけるHR 1.43(95%CI 1.22-1.67)
拡張期血圧におけるHR 1.86(95%CI 1.32-2.62)

一方、 50~59歳および60歳以上では認められなかった。

収縮期および拡張期血圧における年齢交互作用のp<0.01

喫煙、 飲酒、 肥満、 糖尿病の有無と大腸癌死亡リスクとの関連

大腸癌死亡リスクとの関連は、 喫煙、 飲酒、 肥満、 糖尿病の有無で層別化した解析でも同様であった。

結論

30~49歳の高血圧は、 後年の大腸癌死亡リスクと独立して関連していることが示された。

ポストのGif画像
【Hypertens Res】30~49歳の高血圧は後年の大腸癌死亡リスクと関連の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Hypertens Res】30~49歳の高血圧は後年の大腸癌死亡リスクと関連