【海外論文】限局性dMMR大腸癌、PD-1阻害剤を用いた術前補助療法が有効
著者

海外ジャーナルクラブ

19日前

【海外論文】限局性dMMR大腸癌、PD-1阻害剤を用いた術前補助療法が有効

論文
大腸癌
消化器
J Natl Compr Canc Netw
【海外論文】限局性dMMR大腸癌、PD-1阻害剤を用いた術前補助療法が有効
Xiaoらは、限局性ミスマッチ修復欠損 (dMMR) 大腸癌 (CRC) 患者を対象に、PD-1阻害薬を用いた術前補助療法の有効性と実施可能性をコホート研究で検討。 その結果、PD-1阻害剤を用いた術前補助療法は、限局性dMMR CRCに対して高い有効性を示し、安全性も許容範囲内であることが明らかとなった。 本研究は、J Natl Compr Canc Netw誌において発表された。

📘原著論文

Neoadjuvant Immunotherapy Leads to Major Response and Low Recurrence in Localized Mismatch Repair-Deficient Colorectal Cancer. J Natl Compr Canc Netw. 2023 Jan;21(1):60-66.e5.PMID: 36630898

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

後ろ向き解析のため、PD-1阻害薬の種類、単剤か併用、回数が異なる点が最大のlimitationと言えます。

🔢関連コンテンツ

大腸癌のTNM分類 (規約版)

大腸癌の進行度分類 (取扱い規約第9版)

大腸癌のTNM分類 (UICC-8版)

大腸癌 (結腸および直腸) の臨床病期分類 (UICC-8版)

研究デザイン

対象

術前補助療法としてPD-1阻害剤を投与された限局性dMMR CRC患者

適格基準

年齢:18~75歳

ECOG PS:0または1

PD-1阻害薬の投与回数:2回以上

研究結果

解析対象

73名の患者が組み入れられた。

ほとんどの腫瘍は局所進行型で、19例 (26.0%) のT4a、29例 (39.7%) のT4bが含まれていた。
79.5%がPD-1阻害薬単剤療法であった。

放射線学的評価による客観的奏効

放射線学的評価による客観的奏効:84.9% (62名)

  • 完全奏効 (CR) :23.3% (17名)
  • 部分奏効:61.6% (45名)
  • 奏効までの期間の中央値:9.6週間

ステージ別の奏効率

T4a/4bの患者の奏効率は、T2-3の患者と同等であった (P=0.999)。

  • T4a/4b:84.0%
  • T2-3:85.4%

病理学的CR

病理学的CR: 57.1%

  • T4a/4b:59.5% (38名)

経過観察群と手術群の転帰

CRとなった17名の患者は手術を受けず、経過観察した。

追跡期間中央値17.2カ月後の無再発生存期間と全生存期間 (OS) の中央値は未達であり、手術を受けた患者またはCRに達した患者の2年腫瘍特異的無病生存率およびOSは、いずれも100%であった。

安全性評価

治療中にグレード3・4の有害事象が8人に発生し、4人が急性期治療を必要とした。

術後の重篤な合併症は4例に認められ、うち3例は再手術を要した。

結論

PD-1阻害薬による術前補助療法は、限局したdMMR CRCに対して高い有効性を示し、許容範囲の安全性と低い再発率を有する。 この治療法は、限局性dMMR CRCに対する新しい標準治療となることが期待される。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【海外論文】限局性dMMR大腸癌、PD-1阻害剤を用いた術前補助療法が有効

あなたは医師もしくは医療関係者ですか?

HOKUTOへようこそ。当サイトでは、医師の方を対象に株式会社HOKUTOの臨床支援コンテンツを提供しています。