デュルバルマブの術前併用+術後単剤でEFS延長:AEGEAN
著者

HOKUTO編集部

10ヶ月前

デュルバルマブの術前併用+術後単剤でEFS延長:AEGEAN

2023/04/24.記事を一部更新
デュルバルマブの術前併用+術後単剤でEFS延長:AEGEAN
切除可能な非小細胞肺がん (NSCLC) の周術期療法において、 術前療法としての抗PD-L1抗体デュルバルマブ+化学療法併用療法および術後療法としてのデュルバルマブ単剤療法の有効性および安全性を検証した国際第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験AEGEANの中間解析の結果から、 主要評価項目の1つである無イベント生存期間 (EFS) を含む予後改善効果が示された。 2023年4月14〜19日に開催された米国癌研究協会 (AACR 2023) において、 米・M.D. Anderson Cancer CenterのJohn V. Heymach氏が発表した。

術前と術後の両方にデュルバルマブを投与

概要

対象は、 未治療な切除可能〔ⅡA〜ⅢB期 (N2) 〕NSCLCで、 ①全身状態 (PS) が0/1、 ②PD-L1の発現状況を確認できた症例、 ③EGFR/ALK遺伝子変異がいずれも陰性ーなどの適格基準を満たした患者。

登録された802例が1:1で以下の2群にランダムに割り付けられた。

  • 術前併用療法〔デュルバルマブ (1,500mg静注を3週ごとに4サイクル) +プラチナベースの化学療法〕→手術→術後単剤療法〔デュルバルマブ (1,500mg静注を4週ごとに12サイクル) 〕
  • 術前併用療法 (プラセボ+プラチナベースの化学療法〕→手術→術後単剤療法 (プラセボ)

主要評価項目は以下の2つ。

  • 中央判定による病理学的完全奏効率 (pCR)
  • 盲検下独立中央評価 (BICR) によるEFS

副次評価項目は以下の3つ。

  • 中央判定による主要病理学的奏効 (MPR)
  • BICRによる無病生存期間 (DFS)
  • 全生存期間 (OS)

EFSのイベントリスクを32%低減

今回は事前に計画されたEFSの最初の中間解析の結果が報告された。

データカットオフ日を2022年11月10日とするEFSの追跡期間中央値は11.7カ月だった。

患者背景

両群の患者背景は同様で、 術前の化学療法は70%以上の症例がカルボプラチンベースのレジメンを受療していた。

病期 (Ⅱ/ⅢA/ⅢB) は以下のとおりだった。

  • デュルバルマブ群:28.4%/47.3%/24.0%
  • プラセボ群:29.4%/44.1%/26.2%

PD-L1 (TC) の発現 (1%未満/1〜49%/50%以上) は以下のとおりだった。

  • デュルバルマブ群:33.3%/36.9%/29.8%
  • プラセボ群:33.4%/38.0%/28.6%

中間解析の結果

modified ITT集団におけるEFS中央値 (maturity 31.9%) は以下のとおりだった () 。

  • デュルバルマブ群:未到達 (NR、 95%CI 31.9カ月〜NR)
  • プラセボ群:25.9カ月 (95%CI 18.9カ月〜NR)
  • HR 0.68、 95%CI 0.53〜0.88、 P=0.003902

デュルバルマブ群におけるEFSのベネフィットは、 術前療法の化学療法のレジメン別 (シスプラチン vs. カルボプラチン) にみても一貫して認められた。

図. EFS

デュルバルマブの術前併用+術後単剤でEFS延長:AEGEAN
(AACR 2023発表データを基に編集部作成)

pCR

  • デュルバルマブ群:17.2%
  • プラセボ群:4.3%
  • 両群差は13.0%ポイント (中間解析402例に基づくP値は0.000036)。

MPR

  • デュルバルマブ群:33.3%
  • プラセボ群:12.3%
  • 両群差は21.0%ポイント (中間解析402例に基づくP値は0.000002)。

治療関連のグレード3/4の有害事象、 および間質性肺炎 (全グレード)の発現

  • デュルバルマブ群:32.3% (うち死亡は1.8%)、 3.8%
  • プラセボ群:33.1% (同0.5%)、 1.8%

周術期免疫療法+術前化学療法の有効性を示した初の第Ⅲ相試験

結論

周術期療法におけるデュルバルマブの追加により、 術前化学療法 (4サイクル) および手術の完遂に影響は認められなかった。

AEGEAN試験は、 周術期免疫療法+術前化学療法の有効性を示した初の第Ⅲ相試験である。

周術期免疫療法+術前化学療法は切除可能NSCLCに対する新たな治療選択肢となりうる。


専門医コメント「私はこう考える」

デュルバルマブの術前併用+術後単剤でEFS延長:AEGEAN

CM816レジメンと効果・安全性は同等

CheckMate 816レジメン〔化学療法(Chemo)+免疫チェックポイント阻害薬(IO)→手術、 以下CM816〕¹⁾が既に使用可能な中、 今回発表されたAEGEAN試験のレジメン (Chemo+IO→手術→IO) ですが、 ざっくりとしたまとめは、

  1. 現時点のpCR・DFSはほぼ同等
  2. 手術施行率も含めた安全性もほぼ同等 

ということでした。

より簡便かつ患者負担が少ないCM816で十分か

AEGEANでは化学療法4コースに対してCM816は3コース。 さらに、 術後にIOを継続できたAEGEANに対してCM816はなし。 それにも関わらず、 有効性が同等なのであれば、 より簡便かつ患者負担が少ないCM816で十分なのでしょうか。

今回、 AEGEANでは病期やPD-L1発現別のDFS曲線は公表されませんでした。 こうしたサブセット解析や、 より長期の有効性結果が待たれます。

参考文献

1) Neoadjuvant Nivolumab plus Chemotherapy in Resectable Lung Cancer.N Engl J Med. 2022 May 26;386(21):1973-1985.PMID: 35403841

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
デュルバルマブの術前併用+術後単剤でEFS延長:AEGEAN