著者

海外ジャーナルクラブ

16日前

【BMJ】金銭的インセンティブの追加で妊娠中の禁煙率が増加

Tappinらは、 英国で現在行われている禁煙支援サービスに妊娠中の禁煙に対する報奨金を追加した場合の有効性や費用対効果を検討する多施設共同単盲検第Ⅲ相無作為化比較試験 (CPIT Ⅲ試験) を実施。 その結果、 妊娠中の禁煙に対し最大400ポンドの金銭的インセンティブを提供することは非常に効果的であった。 本研究はBMJ誌において発表された。

📘原著論文

Effect of financial voucher incentives provided with UK stop smoking services on the cessation of smoking in pregnant women (CPIT III): pragmatic, multicentre, single blinded, phase 3, randomised controlled trial. BMJ. 2022 Oct 19;379:e071522.PMID: 36261162

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

実社会の研究を反映した研究です。 6~7万円のバウチャーチケットで妊娠中の禁煙率が12%から27%に増加するのであれば、 これは素晴らしい効果と言えると思います。 それだけ実装社会でのタバコ、 酒に関する介入は難しいと思います。

🔢関連コンテンツ

タバコ依存症スクリーニング (TDS)

ニコチン依存症のスクリーニングテスト

研究デザイン

  • 対象:初産婦訪問時の質問で喫煙者 (過去1週間に1本以上) と自己申告した妊娠24週未満の妊婦 (年齢16歳以上) 944名。
  • 以下の2群に1:1で無作為に割り付け。
  • 介入群:471名
  • 対照群:470名
  • 対照群には、 特別な訓練を受けた職員によるカウンセリングの提供や、 無料のニコチン置換療法の提供など、 標準的な禁煙サービスが提供された。
  • 介入:禁煙サービスによる通常のサポートに加え、 現在の禁煙サービスへの参加、 妊娠中の禁煙、 またはその両方に対して、 最大400ポンド (440ドル、 455ユーロ) の金銭的バウチャーインセンティブを追加。
  • 主評価項目:妊娠後期 (妊娠34~38週の間) の自己申告による禁煙を唾液中のコチニン (ニコチン置換剤を使用している場合はアナバシン) で確認。
  • 副次評価項目:出産予定日の6カ月後の点状禁煙と継続的禁煙、 禁煙サービスへの関与、 禁煙日後4週間の生化学的禁煙の検証、 出生体重、 費用効果、 禁煙サービスのフォーマットを記録する一般性、 妊婦とその介護者への受容性。

研究結果

  • 介入群の27% (471名中126名)、 対照群の12% (470名中58名) が禁煙した。
aOR 2.78、 1.94-3.97、 P<0.001
  • 重篤な有害事象は,流産および入院を必要とするその他の予想される妊娠事象であった。 すべての重篤な有害事象は介入とは無関係であった。
  • 両群とも禁煙した人のほとんどが出産後に喫煙を再開した。

結論

英国の現行の禁煙サービスに追加して、 妊娠中に禁煙するため最大400ポンドの金銭的バウチャーインセンティブを提供することは非常に効果的である。 この介入は、 妊婦の禁煙を支援するための金銭的インセンティブの追加を含む英国国立医療技術評価機構 (National Institute for Health and Care Excellence) の新しいガイダンスを支持する。 再発防止のため、 出産後12カ月までインセンティブを継続することが検討されている。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師