【NEJM】パーキンソン病の集束超音波アブレーションで運動機能やジスキネジアが改善
著者

海外ジャーナルクラブ

12ヶ月前

【NEJM】パーキンソン病の集束超音波アブレーションで運動機能やジスキネジアが改善

【NEJM】パーキンソン病の集束超音波アブレーションで運動機能やジスキネジアが改善
Krishnaらは、 ジスキネジアや運動症状の日内変動があり、 オフ状態での運動障害があるパーキンソン病の患者を対象に、 片側淡蒼球内節への集束超音波アブレーションの有効性と安全性を検討。 その結果、 片側淡蒼球への集束超音波アブレーションは、 偽手術よりも3カ月間における運動機能の改善やジスキネジアの軽減が見られた患者の割合が高かったが、 有害事象を伴うものであった。 本研究は、 NEJM誌において発表された。

📘原著論文

Trial of Globus Pallidus Focused Ultrasound Ablation in Parkinson's Disease. N Engl J Med. 2023 Feb 23;388(8):683-693. PMID: 36812432

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

神経疾患の難しいところが、 今回の対象群 (偽手術) においても1/3が奏効していることです。 これはさまざまな民間療法がなぜか神経疾患に効果があると言っている大きな解釈可能な理由の一つ、 と言えると思います。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【NEJM】パーキンソン病の集束超音波アブレーションで運動機能やジスキネジアが改善