著者

化学療法レジメン

47日前

【レジメン】Ibrutinib (イムブルビカ®) マントル細胞リンパ腫のレジメンを追加!

マントル細胞リンパに適応のある 「Ibrutinib (イムブルビカ®)」 のレジメンを追加しました!ぜひご利用下さい!


レジメン機能の4つの特徴

①血液内科頻用のレジメンを複数掲載!

②スマホに最適化されたスケジュール表!

例: VEN+AZA (ベネトクラクス、アザシチジン)

③各薬剤の投与量、方法、投与日を掲載!

例: VEN+AZA (ベネトクラクス、アザシチジン)

④概要欄からエビデンスなどの詳細確認!

例: VEN+AZA (ベネトクラクス、アザシチジン)

監修医師からのコメント

伊勢原協同病院血液内科 扇屋大輔先生

血液内科の化学療法レジメンは多種多様で、レジメンの数も日に日に増えてきています。そのため、全てのレジメンを頭の中に入れてミスなく使用するということが非常に難しくなってきています。

このレジメン機能では、レジメンの特徴や注意点、支持療法の内容、有害事象の頻度、根拠となる臨床試験も参照でき、外来・入院診療、カンファレンス、研修医指導など様々な場面で役に立ちます。今後も定期的にアップデートを予定しており、 血液診療の必須アイテムとなるはずです。

関連コンテンツ

💊 レジメン : Ibrutinib

💊 イムブルビカカプセル140mg


こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!