著者

海外ジャーナルクラブ

12日前

【ESMO Open】トラスツズマブ デルクステカンによる薬剤性肺炎、 日本人に多い


Powellらは, トラスツズマブ デルクステカン (T-DXd) 単剤療法の第Ⅰ相および第Ⅱ相試験9件の統合解析を基に, T-DXd投与患者における薬剤性間質性肺疾患 (ILD) および肺炎の発生状況を検討. その結果, 重篤な治療を受けた患者の統合解析では, ILD/肺炎の発生率は15.4%で, そのほとんどは低悪性度かつ治療開始後12カ月間に発生したものであることが明らかとなった. 本研究は, ESMO Open誌に発表された. 

📘原著論文

Powell CA, et al, Pooled analysis of drug-related interstitial lung disease and/or pneumonitis in nine trastuzumab deruxtecan monotherapy studies. ESMO Open. 2022 Aug;7(4):100554. PMID: 35963179

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

本研究は9つの研究の患者を統合して解析しています. 登録1150名のうち506名は日本からの症例であり, 日本人以外と比較すると薬剤性間質性肺疾患のHRは2を超えています. 薬剤性間質性肺疾患は日本人に起こりやすいと言えます.



研究デザイン

対象は、 9つの試験でT-DXdを投与された患者で、 治験責任医師が評価したILD/肺炎の事象を, 独立した判定委員会が後ろ向きにレビューし, 薬剤関連ILD/肺炎と判定された事象を要約した.

研究結果

  • 解析対象:1,150例
乳癌:44.3%, 胃癌:25.6%, 肺癌:17.7%, 大腸癌:9.3%, その他の癌:3.0%
  • 治療期間中央値:5.8カ月
範囲:0.7-56.3
  • 前治療ライン数の中央値4
範囲:1-27
  • 薬剤性ILD/肺炎の発生率は15.4% (グレード5:2.2%) であった.
  • ILD/肺炎を発症した患者のほとんどは低グレードのイベント (グレード1または2:77.4%) を経験し, 87.0%がT-DXdの初回投与から12カ月以内 (中央値 5.4カ月) に最初のイベントを経験した.
  • 判定されたILD/肺炎の発症は, 53.2%のイベントで治験責任医師が確認するよりも早かった.
発症日の差の中央値:43日
  • ステップワイズCox回帰解析により, 薬剤性ILD/肺炎と判定されるリスク増加に関連す因子として以下のものが特定された.
  • 年齢<65歳
  • 日本での試験登録
  • T-DXd用量>6.4 mg/kg
  • 酸素飽和度<95%
  • 中/重度の腎障害
  • 肺合併症の存在
  • 初診から4年以上経過

結論

  • 統合解析の結果, ILD/肺炎の発生率は15.4%で, そのほとんどは低悪性度かつ治療開始後12カ月間に発生したものであった.
  • T-DXd治療のベネフィット・リスクは肯定的であるが, 一部の患者ではILD/肺炎の発症リスクが高まっている可能性があり, ILD/肺炎のリスク要因を確認するためのさらなる調査が必要である.
  • ILD/肺炎を発症した場合には, 注意深く経過を観察し, 積極的な管理を行うことが望まれる.

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師