【J Clin Oncol】CBDCAベースの化学療法へのオランザピン制吐療法の効果は?
著者

海外ジャーナルクラブ

19日前

【J Clin Oncol】CBDCAベースの化学療法へのオランザピン制吐療法の効果は?

【J Clin Oncol】CBDCAベースの化学療法へのオランザピン制吐療法の効果は?
Inuiらは、 CBDCAを含む化学療法を受けている肺癌患者を対象に、 オランザピンを用いた制吐療法の有効性および安全性について、 第III相二重盲検プラセボ対照無作為化比較試験で検討した。 その結果、 オランザピンを追加しても完全奏効率の有意な増加とは関連しなかったが、 悪心に対する良好なコントロールが得られた。 本研究はJ Clin Oncolにおいて発表された。

📘原著論文

Olanzapine Plus Triple Antiemetic Therapy for the Prevention of Carboplatin-Induced Nausea and Vomiting: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Phase III Trial. J Clin Oncol. 2024 Jun 4:JCO2400278. PMID: 38833659

👨‍⚕HOKUTO監修医コメント

後付けになりますが、 サンプルサイズの計算の際に10%以上の差を臨床的に有意な差としていたので、 結果としては "主要評価項目で有意差なし"となってしまいました。 サンプルサイズの計算は本当に難しいです。

🔢関連コンテンツ

制吐薬適正使用GL2023改訂ポイント一覧

解説 : ガイドライン改訂委員 山本駿先生

カルボプラチンAUC投与量計算

Calvert式によるカルボプラチン投与量

より効果的な制吐療法の開発研究

カルボプラチン (CBDCA) を含む化学療法は、 悪心・嘔吐の副作用が頻繁に発生し、 患者のQOLを低下させることが知られている。

本研究ではオランザピン+NK受容体拮抗薬+5-HT3受容体拮抗薬+デキサメタゾンによる制吐療法における化学療法誘発性悪心・嘔吐の予防に関する有効性および安全性を評価した。

主要評価は全期間のCR率

CBDCA (AUC≧5) を投与予定である化学療法未治療の肺癌患者 355例を以下の2群に1 : 1の割合で無作為に割り付けた。

オランザピン群 : 175例   

オランザピン5mgを1日1回+選択的NK1受容体拮抗薬アプレピタント+5-HT3受容体拮抗薬 (パロノセトロンまたはグラニセトロン) +デキサメタゾンを投与

プラセボ群 : 180例

プラセボ+アプレピタント+5-HT3受容体拮抗薬 (パロノセトロンまたはグラニセトロン) +デキサメタゾンを投与

評価項目

主要評価項目は全期間 (0~120時間) における完全奏効 (CR) 率*、 副次評価項目は悪心を認めない患者の割合、 安全性とした。

*CR : 嘔吐なし、 救援療法なしと定義された。

CR率に有意差なし、悪心予防は・・・

主要評価項目|全期間におけるCR率

有意な差はみられなかった。

- オランザピン群 : 86.9%

- プラセボ群   : 80.6%

群間差 : 6.3%㌽ (95%CI -1.3~13.9%㌽)

副次評価項目|悪心を認めない割合

オランザピン群で、 全期間/遅発期ともに悪心のない患者の割合は高かった。

全期間 p<0.001

- オランザピン群 : 88.6%

- プラセボ群 : 75.0%

遅発期 p<0.001

- オランザピン群 : 89.7%

- プラセボ群 : 75.6%

安全性評価

オランザピン群の24.6% (43例)、 プラセボ群の22.9% (41例) に傾眠が認められた。 Grade3以上の有害事象は両群ともに認められなかった。

ポストのGif画像
【J Clin Oncol】CBDCAベースの化学療法へのオランザピン制吐療法の効果は?の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【J Clin Oncol】CBDCAベースの化学療法へのオランザピン制吐療法の効果は?