【臨床Q&A】遠隔転移を有するシスプラチン不適 切除不能食道扁平上皮がんに対する初回治療は?
著者

HOKUTO編集部

11ヶ月前

【臨床Q&A】遠隔転移を有するシスプラチン不適 切除不能食道扁平上皮がんに対する初回治療は?

今週のQ&A (オンコロジー)

Q. シスプラチンに不適な、 遠隔転移を有する切除不能な食道扁平上皮がんに対する初回治療は?

HOKUTOユーザーの医師51名に聞きました。

(実施期間:2023年4月10日から4月17日)
【臨床Q&A】遠隔転移を有するシスプラチン不適 切除不能食道扁平上皮がんに対する初回治療は?
アンケート結果:ニボルマブ+イピリムマブ併用療法が最多で、 次点は5-FU+ネダプラチン (FN) 療法となりました。

専門医の解説

解説医師:山本 駿先生

国立がん研究センター 中央病院
頭頸部・食道内科

CheckMate 648試験にはシスプラチンが投与可能な症例のみが登録

以前のQ&Aでもあったが、 現在の遠隔転移を有する切除不能な食道扁平上皮がんに対する初回治療は、 KEYNOTE-590試験¹⁾、 CheckMate 648試験²⁾の結果から、 シスプラチン+5-FU併用療法 (CF) にペムブロリズマブを追加する併用療法、 CF+ニボルマブ併用療法、 ニボルマブ+イピリムマブ併用療法がエビデンスレベルAで推奨されている³⁾。

しかし、 近年の高齢化に伴い併存疾患を有する症例が増えており、 特に腎機能低下や心機能低下、 全身状態(PS)低下などにより、 大量補液が必要なシスプラチンに不適な症例にしばしば遭遇する。

その場合の最適な治療に関しては確立しておらず、 シスプラチンを含まないニボルマブとイピリムマブ併用療法は選択肢の一つであるが、 CheckMate 648試験にはシスプラチンが投与可能な症例のみが登録されていたことに注意が必要である²⁾。

FOLFOX療法では休薬や減量の適切なタイミングが必要

その他の選択肢として、 PRODIGE5/ACCORD17試験に基づき、 FOLFOX療法が挙げられる⁴⁾。 FOLFOX療法はシスプラチンでなく、 オキサリプラチンを用いることから大量補液が不要で、 中心静脈ポートを造設することで外来でも治療が可能である。 しかし、 有害事象として末梢神経障害があることから、 ADLを低下させないためにも、 外来での問診を通して適切なタイミングでの休薬や減量が必要である。

FN療法は入院が必要で、 血液毒性がやや高頻度

もう一つは5-FU+ネダプラチン併用(FN)療法が挙げられる⁵⁾。 シスプラチンでなくネダプラチンを用いる事から、 消化器毒性や腎障害の頻度が低く、 大量補液をこちらも必要としないことからシスプラチンが不適な症例においては選択肢となりうるただし投与に際して入院が必要となり、 血液毒性の頻度がやや高くなることから、 その点に注意が必要である。

S-1は各key drugに不応・不耐時に

また食道がんにおいてはS-1療法も時に用いられるが、 基本的に各key drugに不応・不耐の状態で用いられる事が多く、 後方視的検討では奏効割合が22.2%、 無増悪生存期間は3.0カ月と報告されている⁶⁾。

このようにシスプラチンが不適な症例における最適な治療戦略は確立しておらず、 今後のさらなる検討が必要である。

参考文献

  1. Pembrolizumab plus chemotherapy versus chemotherapy alone for first-line treatment of advanced oesophageal cancer (KEYNOTE-590): a randomised, placebo-controlled, phase 3 study.Lancet. 2021 Aug 28;398(10302):759-771. PMID: 34454674
  2. Nivolumab Combination Therapy in Advanced Esophageal Squamous-Cell Carcinoma.N Engl J Med. 2022 Feb 3;386(5):449-462. PMID: 35108470
  3. 日本食道学会. 食道癌診療ガイドライン 2022年版. 金原出版, 東京,
  4. Definitive chemoradiotherapy with FOLFOX versus fluorouracil and cisplatin in patients with oesophageal cancer (PRODIGE5/ACCORD17): final results of a randomised, phase 2/3 trial.Lancet Oncol. 2014 Mar;15(3):305-14.PMID: 24556041
  5. A phase II study of nedaplatin and 5-fluorouracil in metastatic squamous cell carcinoma of the esophagus: The Japan Clinical Oncology Group (JCOG) Trial (JCOG 9905-DI). Esophagus 2014; 11, 183-188.
  6. S-1 Monotherapy After Failure of Platinum Plus 5-Fluorouracil Chemotherapy in Recurrent or Metastatic Esophageal Carcinoma.Anticancer Res. 2019 Jul;39(7):3931-3936.PMID: 31262923
【臨床Q&A】遠隔転移を有するシスプラチン不適 切除不能食道扁平上皮がんに対する初回治療は?

ポストのGif画像
【臨床Q&A】遠隔転移を有するシスプラチン不適 切除不能食道扁平上皮がんに対する初回治療は?の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【臨床Q&A】遠隔転移を有するシスプラチン不適 切除不能食道扁平上皮がんに対する初回治療は?