【Arthritis Rheumatol】リツキシマブ投与後のB細胞再増殖の抑制因子は?
著者

海外ジャーナルクラブ

9ヶ月前

【Arthritis Rheumatol】リツキシマブ投与後のB細胞再増殖の抑制因子は?

【Arthritis Rheumatol】リツキシマブ投与後のB細胞再増殖の抑制因子は?
Welteらは、 抗CD20モノクローナル抗体リツキシマブ投与を受けた自己免疫疾患の患者を対象に、 B細胞再増殖を調節する共変量を後ろ向き観察研究で検討。 その結果、 年齢(60歳超)、腎機能低下、抗好中球細胞質抗体関連血管炎、固形臓器移植、およびコルチコステロイドまたはアザチオプリンによる共免疫抑制が、B細胞の再増殖および再構成の抑制と関連することが示唆された。本研究はArthritis Rheumatol誌において発表された。

📘原著論文

Identification of covariates modulating B-cell repopulation kinetics in subjects receiving rituximab treatment. Arthritis Rheumatol. 2023 Jun 5. doi: 10.1002/art.42625. PMID: 37276446

🔢関連コンテンツ

リツキサン点滴静注100mg / 500mg

リツキシマブ

背景

リツキシマブの投与はB細胞を減少させるための重要な治療戦略として知られている。 しかし、 B細胞再増殖には個人差があり、 その再増殖動態に影響を及ぼす因子に関するデータは限られている。

研究デザイン

対象

リツキシマブ投与 (計2,017コース) を受けた自己免疫疾患患者:839例

評価された共変量

  • 患者特有の因子 (性別、 年齢、 腎機能、 基礎疾患)
  • 一般的な薬剤による共免疫抑制

主要評価項目

B細胞再増殖 (CD19⁺細胞5/μL以上) までの期間

副次評価項目

B細胞再構成 (CD19⁺細胞50/μL以上) までの期間

研究結果

B細胞の再増殖および再構成の抑制と関連する因子

患者特有の因子

  • 60歳超:再増殖のHR 0.71、 P=0.008
  • 腎機能低下:再増殖のHR 0.72、 P=0.001
  • 抗好中球細胞質抗体関連血管炎:再増殖のHR 0.61、 P<0.001
  • 固形臓器移植:再増殖のHR 0.4、 P<0.001

一般的な薬剤による共免疫抑制

  • コルチコステロイド:再増殖のHR 0.64、 P<0.001
  • アザチオプリン:再増殖のHR 0.49、 P<0.001

用量との関係

コルチコステロイド (P=0.043) とアザチオプリン (P=0.025) の効果は用量依存的であった。

結論

リツキシマブ投与後のB細胞再増殖および再構成を抑制する因子として、年齢(60歳超)、腎機能低下、抗好中球細胞質抗体関連血管炎、固形臓器移植、およびコルチコステロイドまたはアザチオプリンによる共免疫抑制が同定された。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Arthritis Rheumatol】リツキシマブ投与後のB細胞再増殖の抑制因子は?