著者

海外ジャーナルクラブ

19日前

【Clin Gastroenterol Hepatol】ワルファリンはDOACに比較し、上部消化管出血の発生率が高いことが判明


Ingasonらは, ワルファリンと直接経口抗凝固薬 (DOAC) による下部消化管出血 (GIB) の発生率をアイスランドの住民を対象にした全国規模のコホート研究で検討. その結果, ワルファリンはDOACと比較して, 上部GIBの発生率は高かったが下部GIBの発生率は高くなく, アピキサバンとの比較では消化管大出血の発生率が高いことが明らかとなった. 本研究は, Clin Gastroenterol Hepatol誌において発表された. 
原著

📘原著論文

Ingason AB, et al, Warfarin is associated with higher rates of upper but not lower gastrointestinal bleeding compared to direct oral anticoagulants: a population-based propensity-weighted cohort study. Clin Gastroenterol Hepatol. 2022 Aug 14;S1542-3565(22)00770-4.PMID: 35977616

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

タイトルは印象的なのですが, 結論としては 「ワルファリンとアピキサバン以外のDOACで、 全体的なGIBおよび消化管大出血の発生率は同等であった」 ことも同じくらい重要ですね.

🔢関連コンテンツ

Glasgow‐Blatchford スコア

上部消化管出血患者のリスク評価

NOBLADSスコア

下部消化管出血の重症化予測スコア

ABCスコア

消化管出血の入院後30日以内死亡予測スコア

Rockall スコア (臨床評価)

上部消化管出血の再出血・死亡リスク評価

Rockall スコア (臨床評価+内視鏡所見)

上部消化管出血の再出血・死亡リスク評価

AIMS65スコア

上部消化管出血患者の死亡リスク評価


背景

GIB全体の発生率はワルファリンとDOACの間で広く比較されているが, これらの薬剤の種類によってGIBの上下部の発生率が異なるかどうかはまだ不明である.

研究デザイン

2014~2019年に経口抗凝固薬の処方を受けたアイスランドの全患者のデータを収集し, アイスランド国立大学病院およびアイスランドの4つの地域病院の電子医療記録システムと紐づけを行った. すべてのGIB事象は, カルテレビューにより手作業で確認された.

研究結果

上部GIBの発生率

ワルファリンはDOACと比較して, 上部GIBの発生率が高く (1.7件/100py vs 0.8件/100py, HR 2.12, 95% CI 1.26-3.59) , アピキサバン (HR 2.63, 95%CI 1.35-5.13) , ダビガトラン (HR 5.47, 95%CI 1.87-16.05) , リバロキサバン (HR 1.74, 95%CI 1.00-3.05) との比較においても高かったが, 下部GIBの発生率は同等であった.

major GIBの発生率

ワルファリンはアピキサバンと比較して消化管大出血 (major GIB) の発生率が高かったが (2.3件/100py vs. 1.5件/100py, HR 1.79, 95%CI 1.06-3.05) , それ以外はワルファリンとDOACで全体的なGIBおよび消化管大出血の発生率は同等であった.

結論

ワルファリンはDOACと比較して, 上部GIBの発生率は高かったが, 下部GIBの発生率は高くなかった. ワルファリンはアピキサバンと比較して, 消化管大出血の発生率が高かった.


こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師