軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢に
著者

HOKUTO編集部

5ヶ月前

軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢に

軽度特発性間質性肺炎 (ILD)合併進展型小細胞肺癌 (ED-SCLC)を対象にデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチン併用療法の安全性を探索する多施設単群前向き試験 (通称DREAM試験)の結果から、 治療中に重症肺臓炎を発症しなかった症例が21例中20例 (95.2%) と良好な成績であったことが報告された。
軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢に
左から柴木氏、 坂田氏

背景

SCLCにおいて、 ILDは独立したリスク因子であり、 SCLCの約20%に合併しているとされる。 またILDの合併は、 化学療法による肺臓炎のリスク因子であるが、 ILD合併のED-SCLCに対しては、 既報から、 エトポシド+カルボプラチン併用療法がみなし標準とされている。 和歌山県立医科大学内科学第三講座講師・藤本大智氏らは、 軽度特発性間質性肺炎合併症例に対して、 免疫チェックポイント阻害薬単剤療法が検討可能であることを報告したが、 同一集団に対する安全性の検討は十分ではない。

そこで藤本氏を研究代表医師、 同講座の柴木亮太氏を研究事務局として、 軽度特発性ILD合併ED-SCLCを対象に免疫チェックポイント阻害薬+プラチナ併用療法の安全性を探索する多施設単群前向き試験 (通称DREAM試験) が全国16施設において実施された。

今回、その結果が済生会熊本病院呼吸器センター / 呼吸器内科の坂田能彦氏により報告された。

研究デザイン

対象

  • 初回治療
  • 軽度特発性*ILD合併
  • 全身状態(ECOG PS)が0/1
*以下のHAV基準を満たす軽度特発性間質性肺炎合併症例
①蜂巣肺なし(Haneycomb[-])
②抗核抗体/抗SS-A/抗SS-B/抗CCP抗体(Auto-antibody[-])
③%VC ≧80%

方法

全国16施設で登録された22例に対して併用療法を実施

デュルバルマブ 1,500mg+カルボプラチン AUC 5+エトポシド (75歳未満は100mg/m²、 75歳以上は80mg/m²) 

評価項目

  • Severe-pneumonitis free (SPF)* 割合
SPF割合が90%以上かつGrade5が1例以内であれば治療選択肢になり得ると仮定した。
  • 併用療法4コース以内にGrade3以上の肺臓炎を発症しなかった患者割合

研究結果

解析対象

21例

患者背景

  • 年齢中央値:74歳 (範囲65-82歳)
  • 男性:95%
  • 現喫煙 / 前喫煙:52% / 48%
  • 病期 (Ⅲ期 / Ⅳ期):10% / 90%
  • Probable UIP / Indeterminate for UIP:62% / 38%
  • %VC中央値:96.1% (範囲 81-118%) 

SPF割合

95.2% (20/21例) 

肺臓炎発症の内訳

  • 併用療法期間:2例 (Grade1と5を各1例)
  • 維持療法期間:0例

有害事象(AE)

グレード3以上の発現率

  • 血液毒性 (20例):好中球減少 (17例) 、 白血球減少 (1例) 、 血小板減少 (2例)
  • 非血液毒性 (3例):肺臓炎 (1例) 、 AST/ALT上昇 (1例) 、 低ナトリウム血症 (1例)

治療中止に至ったのは、 肺臓炎の2例のみだった (Grade1、 5で各1例)

追跡期間中央値

8.6ヵ月

無増悪生存期間 (PFS) 中央値

5.5ヵ月

(95%CI 3.6-6.4ヵ月)

全生存期間 (OS) 中央値

10.7ヵ月

(95%CI 6.0ヵ月-未到達)

坂田氏らの結論

デュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチン併用療法は、 軽度特発性間質性肺炎合併ED-SCLCに対して、 治療選択肢となり得る。 


HOKUTO関連コンテンツ

CDDP(CBDCA)/Etop+Durvalumab

①1コース21日間 (4コース終了後②維持療法へ)
軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢に
②維持療法 (デュルバルマブ単独)
軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢に

ポストのGif画像
軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢にの全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
軽度特発性ILD合併ED-SCLCへのデュルバルマブ+エトポシド+カルボプラチンが治療選択肢に