【Int J Cancer】肥満は胆道癌の死亡・発症率に関連
著者

海外ジャーナルクラブ

6ヶ月前

【Int J Cancer】肥満は胆道癌の死亡・発症率に関連

【Int J Cancer】肥満は胆道癌の死亡・発症率に関連
尾瀬氏らは、 アジア人を対象に肥満と胆道癌 (BTC) の関連について、 アジア人を対象とした集団のコホート研究におけるデータのプール解析によって検討した。 その結果、 体格指数 (BMI) とBTCの発症率および死亡率の関連が認められた。 本研究はInt J Cancer誌において発表された。 

📘原著論文

Obesity is associated with biliary tract cancer mortality and incidence: A pooled analysis of 21 cohort studies in the Asia Cohort Consortium. Int J Cancer. 2023 Nov 15

医師HOKUTO監修医コメント

WHOの肥満基準がBMI30以上に対して日本では25以上を採用しているため、 BMIを基準にした研究では必ずこの部分で欧米のトップジャーナルから厳しい評価を受けることがあります。 BMI30以上と胆道癌との関連も気になるところです。

🔢関連コンテンツ

BMI

肥満度を表す体格指数

γ−GTP増加

背景

体脂肪はBTCにおけるリスク因子である可能性が高く、 かつ胆石症における確立された危険因子である。 しかし、 BMIとBTCの関連については、 これまでの研究では胆石症の影響が十分に考慮されていなかった。

研究デザイン

対象

アジアコホートコンソーシアムに参加する21のコホート研究より : 計90万5,530人

介入

対象をBMI値に基づき以下4群に分類した。

  • 低体重群 (18.5未満)
  • 標準群 (18.5~22.9)
  • 過体重群 (23~24.9)
  • 肥満群 (25以上)

主要評価項目

BMIとBTC死亡率および発症率の関連

虚弱性を共有したCox回帰モデルによるHRおよびCIを用いて評価

副次評価項目

BMIと胆石症の関連性

結果

主要評価項目

正常BMI群と比較して高BMI群はBTC死亡率との関連が認められた。

HR(95%CI)

  • 男性:1.19 (1.02-1.38)
  • 女性:1.30 (1.14-1.49)

副次評価項目

BTCリスクにおいて、 BMIと胆石症は有意な相互作用を示した。

BMIとBTCリスクについて、 女性では直接および胆石症を介した関連が認められたが、 男性では関連は明らかではなかった。

胆石症がある場合、 男女ともにBMIとBTC死亡率は関連しなかった。 一方、 胆石症のない女性では、 BMIとBTC死亡率は関連していた。

結論

アジア人においては、 BMIがBTC死亡率と関連しており、 特に胆石症は両者の関連に影響を与えている。 さらに、 肥満は胆石症の有無にかかわらずBTC発症リスクを高める可能性がある。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Int J Cancer】肥満は胆道癌の死亡・発症率に関連