【JAMA Oncol】HR陽性乳癌の男性、 BCSMのリスクは20年間継続
著者

海外ジャーナルクラブ

2ヶ月前

【JAMA Oncol】HR陽性乳癌の男性、 BCSMのリスクは20年間継続

【JAMA Oncol】HR陽性乳癌の男性、 BCSMのリスクは20年間継続
Leoneらは、 stage I~Ⅲのホルモン受容体 (HR) 陽性乳癌の男性患者を対象に、 乳癌特異的死亡 (BCSM) と非BCSMの20年リスクを観察コホート研究で評価した。 その結果、 BCSMのリスクが少なくとも20年間継続し、 年齢、 病期、 腫瘍の悪性度などの臨床病理学的因子に依存することが示された。 本研究は、 JAMA Oncol誌において発表された。

📘原著論文

Mortality Risks Over 20 Years in Men With Stage I to III Hormone Receptor-Positive Breast Cancer. JAMA Oncol. 2024 Feb 29:e237194. PMID: 38421673

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

HR陽性乳癌の男性患者を対象に20年累積リスクをpopulation-basedで検討した研究です。 BCSMのリスクは少なくとも20年間持続し、 病期の高い男性ではBCSMリスクの動態は女性と異なるという意義ある結果を公表しています。


男性の累積リスクの研究は限定的

HR陽性乳癌の女性患者では遠隔再発および死亡のリスクが少なくとも20年間持続することが知られているが、 男性の死亡リスクに関する研究は限定的である。

観察コホート研究で検討

対象

1990~2008年にstage Ⅰ~ⅢのHR陽性乳癌と診断された男性 : 2,836例

方法

  • 累積罹患率関数を用いて、 診断後のBCSMおよび非BCSMの累積リスクに関するベースラインの臨床病理学的変数の転帰を推定した。
  • BCSMについては、 経時的に平滑化したハザード推定値をプロットした。
  • 多変量回帰分析により、 あらかじめ選択された変数とBCSMとの関連が、 5年間生存したことを条件に評価された。

BCSMのリスクは20年間持続

BCSMの20年累積リスク

  • Stage Ⅰ : 12.4%
  • Stage Ⅱ : 26.2%
  • Stage Ⅲ : 46.0%

BCSMの平滑化したハザード推定値

リンパ節転移が1段階上昇するごとに晩期ハザード率が増加し、 N3とstage Ⅲでは二峰性分布 (ハザード率のピークは4年と11年) に達した。

5年生存した患者の補正後BCSMリスク

  • 50歳未満のほうが64歳以上より高かった
  • Grade 2または3/4の腫瘍の方がGrade 1の腫瘍よりも高かった
  • Stage ⅡまたはⅢの方がstage Iよりも高かった

病期の高い男性のリスクは異なる

著者らは 「stage Ⅰ~ⅢのHR陽性乳癌男性におけるBCSMのリスクは、 少なくとも20年間持続し、 年齢、 腫瘍のステージ、 腫瘍の悪性度などの臨床病理学的因子に依存する。 病期の高い男性では、 BCSMリスクの動態は女性で報告されているリスクとは異なるようである」 と報告している。

ポストのGif画像
【JAMA Oncol】HR陽性乳癌の男性、 BCSMのリスクは20年間継続の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA Oncol】HR陽性乳癌の男性、 BCSMのリスクは20年間継続