新規抗菌薬セフィデロコルが承認
著者

新薬承認情報

3ヶ月前

新規抗菌薬セフィデロコルが承認

新規抗菌薬セフィデロコルが承認
塩野義製薬は11月30日、 新規シデロフォアセファロスポリン系抗菌薬であるセフィデロコル (商品名フェトロージャ点滴静注用1g) について、 製造販売承認を取得したと発表した。 

国内唯一のセファロスポリン系抗菌薬-AMRが対象

同薬は、 鉄トランスポーターを介して菌体外膜を通過するという新規作用機序を有するセファロスポリン系抗菌薬である。 適応症は、 セフィデロコルに感性の大腸菌、 シトロバクター属、 肺炎桿菌、 クレブシエラ属、 エンテロバクター属、 セラチア・マルセスセンス、 プロテウス属、 モルガネラ・モルガニー、 緑膿菌、 バークホルデリア属、 ステノトロホモナス・マルトフィリア、 アシネトバクター属 (ただしカルバペネム系抗菌薬に耐性を示す菌株に限る) による各種感染症である。 既存の抗生物質が効かない薬剤耐性 (AMR) 感染症に対する抗菌活性が期待できるという。

厚労省の抗菌薬確保支援事業に初採択

同薬は、 厚生労働省が今年度から開始した「抗菌薬確保支援事業」の対象薬剤に初めて採択された。 同事業は、 厚労省がAMR対策の一環として試行導入した制度のことを指す。 国のAMR対策に協力することで生じる収益の一定額を国が保証すると共に、 抗菌薬の開発を促す仕組みを作ることで、 AMR対策の推進を促す。

関連コンテンツ

【よく分かる!】セフェム系抗菌薬の使い分け

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
新規抗菌薬セフィデロコルが承認