【初報告】HER3-DXdがEGFR陽性NSCLCのOS延長
著者

HOKUTO編集部

11ヶ月前

【初報告】HER3-DXdがEGFR陽性NSCLCのOS延長

【初報告】HER3-DXdがEGFR陽性NSCLCのOS延長

Patritumab Deruxutecan:T-DXdと同じリンカー・ペイロード

EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん (NSCLC)に対してはEGFRチロシンキナーゼ阻害薬 (EGFR-TKI) が有効だが、 ほとんどの症例で耐性化を来す。 かつ耐性例ではHERの発現が亢進することが過去の研究で示されている。

Patritumab Deruxutecan (HER3-DXd) は、 HER3を標的とした抗体薬物複合体 (ADC)。 国内で既に承認されているトラスツズマブ デルクステカン (T-DXd) と同じリンカーおよびペイロード (ADCに搭載する低分子医薬品) を用いている。

OSを含めた新データを世界に先駆けて公表

ESMO 2023では、 EGFR遺伝子変異NSCLCに対するHER3-DXdの有効性および安全性を検証した第Ⅰ相試験U31402-A-U102について、 新たなコホートのデータを加えた全生存期間 (OS) も含めた臨床成績が世界に先駆けて公表。 近畿大学病院腫瘍内科特命准教授の林秀敏氏が発表した。

同試験は用量別に4つのコホートに分けられているが、 今回新たに加わったのは、 HER3-Xd 5.6mg/kgを3週ごとに1回投与するコホート3のデータ (102例) である。

全体、 および第三世代EGFR-TKI・プラチナ系抗がん薬による治療歴がある症例グループ (78例、 以下Subset) 別に見た、 OSを含む主な解析結果は以下のとおりだった。

OS中央値 (95%CI)

  • 全体:15.8カ月 (10.8〜21.5カ月)
  • Subset:16.2カ月 (11.2〜21.9カ月)

無増悪生存期間 (PFS) 中央値 (95%CI)

  • 全体:6.4カ月 (5.3〜8.3カ月)
  • Subset:6.4カ月 (4.4〜10.8カ月)

奏効期間中央値 (95%CI)

  • 全体:7.6カ月 (6.9〜14.7カ月)
  • Subset:11.2カ月 (7.0〜NE)

客観的奏効率 (95%CI)

  • 全体:40.2% (30.6〜50.4%)
  • Subset:41.0% (30.0〜52.7%)

安全性解析の結果については既報と同様であった。

同薬は米食品医薬品局 (FDA) からは画期的治療薬に指定されている。

現在は同薬の第Ⅱ相/第Ⅲ試験が進行中であり、 林氏は「日本を含む全世界での承認取得を目指し開発が進められている」と述べた。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【初報告】HER3-DXdがEGFR陽性NSCLCのOS延長