著者

海外ジャーナルクラブ

46日前

【NEJM】ダロルタミドの併用でmHSPC患者の全生存期間が延長 (ARASENS試験)


Smith MRらは, 転移性ホルモン感受性前立腺癌 (mHSPC) 患者1,306名を対象に, アンドロゲン除去療法+ドセタキセルの併用にダロルタミドを追加した際の有効性と安全性を検証する国際共同第3相試験 (ARASENS試験) を実施. 結果、 ダロルタミド併用群で全生存期間が有意に改善したことを報告した. 本研究はNEJM誌において発表された.

研究デザイン

  • mHSPC患者1,306例を、以下の2群にランダムに割り付けした. いずれもアンドロゲン除去療法およびドセタキセルと併用した.
  1. ダロルタミド群 651例 (600mg 1日2回)
  2. プラセボ群 655例
  • 主要評価項目は全生存期間とした.

研究結果

有効性評価

  • 一次解析のデータカットオフ日において, 死亡リスクはダロルタミド群がプラセボ群に比べ32.5%有意に低かった (HR : 0.68, 95%CI 0.57~0.80, P<0.001) .

安全性評価

  • 最も一般的な有害事象 (患者の10%以上に発生) の発生率は, 両群でドセタキセル治療期間の重複期間中に最も高かった.
  • グレード3, 4の有害事象の発生頻度は, ダロルタミド群66.1%, プラセボ群63.5%であり, 最も多かったのは好中球減少 (ダロルタミド群 : 33.7%, プラセボ群:34.2%) であった.

原著論文

Smith MR, etal,Darolutamide and Survival in Metastatic, Hormone-Sensitive Prostate Cancer. N Engl J Med. 2022 Feb 17. doi: 10.1056/NEJMoa2119115. PMID: 35179323

関連する薬剤


こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!