【Liver Cancer. 2020 国内多施設研究】肝細胞癌に対する肝動注化学療法
著者

臨床試験データベース

7ヶ月前

【Liver Cancer. 2020 国内多施設研究】肝細胞癌に対する肝動注化学療法

【Liver Cancer. 2020 国内多施設研究】肝細胞癌に対する肝動注化学療法
肝動注化学療法 (HAIC) またはソラフェニブ治療を受けた進行肝細胞癌患者の転帰を、 レトロスペクティブに検討した試験の結果より、 大血管浸潤 (MVI) を認め、 肝外転移 (EHM) を認めない集団において有望性が示された。

原著論文

▼解析結果

Hepatic Arterial Infusion Chemotherapy versus Sorafenib in Patients with Advanced Hepatocellular Carcinoma. Liver Cancer. 2020 Sep;9(5):583-595. PMID: 33083282

関連レジメン

【Liver Cancer. 2020 国内多施設研究】肝細胞癌に対する肝動注化学療法

>>減量・休薬基準や専門医コメントを見る


臨床試験の概要

対象

HAICまたはソラフェニブ治療を受けた20歳以上の進行肝細胞癌患者 (日本の10施設) 

方法

1,775例 (HAIC群429例、 ソラフェニブ群1,346例) を肝外転移 (EHM) と大血管浸潤 (MVI) の有無により以下の4群に割り付けた。

  • コホート1 MVI+/EHM-:533例
  • コホート2 MVI-/EHM-:581例
  • コホート3 MVI+/EHM+:215例
  • コホート4 MVI-/EHM+:446例

評価項目

主要評価項目

  • EHM-の進行HCC患者 (コホート1と2) におけるOS

副次評価項目

  • EHM+の進行HCC患者 (コホート3と4) におけるOS
  • TTF
  • 異なる治療レジメン間でのHAICの治療成績の評価
  • HAICとソラフェニブ両方の中止理由

臨床試験の結果

患者背景

  • HCCの基礎疾患はC型肝炎ウイルスが最も多く、 次いでB型肝炎ウイルス、アルコール依存症であった。
  • 各群のベースラインの特性はバランスがとれていた。

OS中央値

コホート1

  • HAIC群:10.6ヵ月
(95%CI 9.1-14.3ヵ月)
  • ソラフェニブ群:9.1ヵ月
(95%CI 6.8-12.0ヵ月)
HR 0.667 (95%CI 0.475-0.935)、 p=0.018

コホート2

  • HAIC群:12.2ヵ月
(95%CI 9.9-16.5ヵ月)
  • ソラフェニブ群:15.4ヵ月
(95%CI 9.7-19.1ヵ月)
HR 1.227 (95%CI 0.699-2.155)、 p=0.475

コホート3

  • HAIC群:6.5ヵ月
(95%CI 4.7-9.5ヵ月)
  • ソラフェニブ群:5.3ヵ月
(95%CI 3.7-5.8ヵ月)
HR 0.500 (95%CI 0.250-1.000)、 p=0.046

コホート4

  • HAIC群:6.3ヵ月
(95%CI 1.7-10.9ヵ月)
  • ソラフェニブ群:9.0ヵ月
(95%CI 4.2-11.8ヵ月)
HR 1.125 (95%CI 0.434-2.915)、 p=0.808

レジメンによる比較

多変量解析により、 HAICのレジメン内容はOSに影響を及ぼさないことが確認された。

  • 5FU+CDDP:10.5ヵ月
(95%CI 9.2-12.3ヵ月)
  • 5FU+インターフェロン:12.0ヵ月
(95%CI 9.0-14.6ヵ月)
  • CDDP単独:7.8ヵ月
(95%CI 6.3-12.1ヵ月)

TTF中央値

コホート1

  • HAIC群:2.8ヵ月
(95%CI 2.4-3.0ヵ月)
  • ソラフェニブ群:2.5ヵ月
(95%CI 1.8-2.9ヵ月)
HR 0.957 (95%CI 0.772-1.185)、 p=0.683

コホート2

  • HAIC群:2.7ヵ月
(95%CI 2.2-3.6ヵ月)
  • ソラフェニブ群:4.9ヵ月
(95%CI 3.0-6.8ヵ月)
HR 1.563 (95%CI 1.126-2.165)、 p=0.007

コホート3

  • HAIC群:2.6ヵ月
(95%CI 1.3-3.2ヵ月)
  • ソラフェニブ群:2.0ヵ月
(95%CI 1.3-3.5ヵ月)
HR 0.820 (95%CI 0.527-1.275)、 p=0.374

コホート4

  • HAIC群:2.3ヵ月
(95%CI 0.9-2.7ヵ月)
  • ソラフェニブ群:2.3ヵ月
(95%CI 1.1-3.9ヵ月)
HR 1.094 (95%CI 0.566-2.114)、 p=0.789

有害事象 (AE)

  • AEにより治療を中止したのは、 HAIC群25.9%、 ソラフェニブ群29.6%であった。
  • AEによる治療中止の原因で多かったものは、 HAIC群では肝不全 (4.7%) 、 カテーテル閉塞 (2.3%) 、 腎不全 (2.1%) 、 腹痛 (2.1%) であり、 ソラフェニブ群では肝不全 (5.7%) 、 一般障害 (3.6%) 、 発疹 (2.2%) 、 手足皮膚反応 (2.2%) 、 食欲不振 (2.1%) であった。

著者らの結論

MVI+/EHM-の進行肝細胞癌患者において、 HAICは第一選択となりうる治療法である。

ポストのGif画像
【Liver Cancer. 2020 国内多施設研究】肝細胞癌に対する肝動注化学療法の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Liver Cancer. 2020 国内多施設研究】肝細胞癌に対する肝動注化学療法