著者

HOKUTO編集部

38日前

【NIHSS】もっと使いやすくリニューアルしました (脳卒中重症度スコア)

NIHSSとは? (🔢計算はこちら)

National Institutes of Health Stroke Scaleの略¹⁾. 2001年のmNIHSS (modified NIHSS)²⁾として一部項目が削除されている (意識レベル、顔面麻痺、運動失調、構音障害). 本邦でのt-PA使用にあたっての根拠は古典的なNIHSS¹⁾である.

使用上の注意

本ツールは臨床現場での利用最適化のため一部意訳となっています. NIHSSについては使用上の注意点も多く、概要や原著論文を一度参照いただくことを推奨します.
  • 必ずリストの順に施行すること. 逆に行ったり評点を変更してはならない
  • 特に指示されている部分以外では、 患者を誘導してはいけない (患者の特別な努力を避ける).
  • 既知の麻痺や失明、意識障害などがある場合、 測定方法は複雑になる.
  • 各項目の詳細については、NIHSSの公式サイトを一度確認しておくことをお薦めする.

参考文献

  1. Improved reliability of the NIH Stroke Scale using video training. NINDS TPA Stroke Study Group. Stroke.1994 Nov;25(11):2220-6. PMID: 7974549
  2. A modified National Institutes of Health Stroke Scale for use in stroke clinical trials: preliminary reliability and validity. Stroke.2001 Jun;32(6):1310-7. PMID: 11387492

最終更新:2022年10月21日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師