ムダな残業、会議が多すぎる件について
著者

寄稿ライター

8ヶ月前

ムダな残業、会議が多すぎる件について

ムダな残業、会議が多すぎる件について
医師の働き方改革が2024年4月に始まるのを前に、 タイムマネジメントの重要性も高まっていますが、  「自分の職場では無理そう」「どうしたらいいか分からない」と思っている医師も多いでしょう。 新連載 「Dr.岩田による医師のためのタイムマネジメント」 では、 神戸大大学院感染治療学分野教授の岩田健太郎先生に、 時間管理に関する心構えや具体的な実践方法などを解説してもらいます。 

「時間の浪費」は個人の自由か

世の中には、 大事なのに値段がついていないものがあります。 例えば、 空気。 なくてはならない重要な物質なのですが、 お金を払って空気を買っている人は稀有でしょう。

時間も重要な資源 (リソース ) だと思っています。 が、 特に値札もついていないし、 誰にも平等に分け与えられている (かのような気がする ) ので、 漠然と時間を無駄遣いしている人が多いように思います。 もちろん、 個人レベルで誰にも迷惑をかけない形で時間を浪費しても、 それは「個人の自由」ですが、 時間の浪費は他人に迷惑をかけている場合も多いです。

典型的な時間泥棒

その1 : 無意味な会議

ムダな残業、会議が多すぎる件について
写真はイメージです

典型的なのは、 会議。 複数人が集まる場所で、 無駄で無意味で生産性のない発言を繰り返すことは、 明らかな時間泥棒です。 50人が参加している会議で5分間無駄発言をすれば250分、 4時間以上の巨大な時間の浪費です。

その無駄発言がさらなる20分の不毛な議論を惹起すれば、 被害は計り知れません。 残念ながら日本の医療現場や大学ではこのような無駄発言に満ちています。 そのような無駄発言の多い会議をわざわざ夕刻に開始することも。 女性が活躍できないわけです。

その2 : 無駄な残業

ムダな残業、会議が多すぎる件について
写真はイメージです

無駄な残業も大いなる時間泥棒です。 この場合、 浪費された時間は、 お金の浪費に転じます。 多くの医療機関が新型コロナ後の経営不振に苦しんでいますが、 邪な医師はわざと仕事をサボタージュし、 1時間でできる仕事を5時間かけて行い、 深夜まで残業して勤勉な医師であるふりをします。

このような生産性の低い医師が「勤勉で優秀な医師である」と勘違いされるようになったらその職場も危ういです。 そんな「無能」ともいえる医師が部署のトップだったりすると最悪で、 周囲の部下たちも「部長より早くは帰宅できない」なんてことになり、 無駄な残業の連鎖が起きます。

このようなエートス (習性 ) はさっさと断ち切らないといけません。 たとえ「働き方改革」が行われたとしても、 当直を宿日直と言いマツガエたり、 「自己研鑽」という都合の良い言葉を連呼したりして、 現状維持に汲々とすることでしょう。

ムダな仕事断捨離のチャンス

「タイパ」に生じる矛盾

ムダな残業、会議が多すぎる件について
写真はイメージです

若者の間では「タイパ」 (編集部注※タイムパフォーマンス、 かけた時間に対する満足度) が流行りだそうですが、 その実、 時間をリソースとして大事に使っているようには僕には見えません。 つまらない動画コンテンツを倍速で観るよりも「観ない」選択をするほうがずっと「タイパ」的には有効だからです。

何十年も心に残る名画をゆっくり観たほうが、 倍速で観て即座に忘れてしまうよりも時間あたりの生産性が高いでしょう。 名作映画「第三の男」のラストシーンを倍速で観ても、 何も残らないのではないでしょうか。

それと同様、 ブルシットジョブ (クソどうでもいい仕事 ) をスピードアップするよりは止める決断をしたほうが賢い判断というものでしょう。 我々の業界は無駄に満ちています。 「働き方改革」は、 無駄仕事断捨離のチャンス、 と捉えるべきなのです。


監修・執筆医

ムダな残業、会議が多すぎる件について

島根医科大 (現・島根大) 卒。 沖縄県立中部病院研修医、 セントルークス・ルーズベルト病院 内科研修医を経て、 ベスイスラエル・メディカルセンター感染症フェローに。 北京インターナショナルSOSクリニックを経て、 2004年に亀田総合病院で感染症科部長、 同総合診療・感染症科部長歴任。 2008年より現職。

「タイムマネジメントが病院を変える」 など著書多数。 米国内科専門医、 感染症専門医、 感染管理認定CIC、 渡航医学認定CTHなどのほか、 漢方内科専門医、 ワインエキスパート・エクセレンスやファイナンシャル・プランナーの資格をもつ。

ポストのGif画像
ムダな残業、会議が多すぎる件についての全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
ムダな残業、会議が多すぎる件について