著者

HOKUTO編集部

49日前

【解説】その捻挫、 本当にレントゲン撮影が必要ですか?オタワ足外傷ルールをご紹介!


足関節捻挫は救急外来や整形外科外来でコモンな症候のひとつです. 過去の報告では、 X線を撮影した約80%以上に骨折はみられず、 骨折がみられたのは約15%であったといいます.
不要なX線撮影を避けるため、どんな所見に注意すればよいのでしょうか? 今回は研修医の皆様も簡便に利用できるOttawa足外傷ルールをご紹介します!

Ottawa足外傷ルールとは?

足外傷によるX線検査の判断ルールである¹⁾.

お気に入り登録するといつでも利用可能!


足関節の評価

いずれかを満たせば足関節のX線を撮影¹⁾
  • 腓骨遠位端より6cmまで後方の圧痛 (A)
  • 脛骨遠位端より6cmまで後方の圧痛 (B)
  • 受傷時および受診時に患肢に荷重不可

中足部の評価

いずれかを満たせば足部のX線を撮影¹⁾
  • 第5中足骨基部の圧痛 (C)
  • 舟状骨の圧痛 (D)
  • 受傷時および受診時に患肢に荷重不可

エビデンス

  • システマティックレビューでは感度97.6%、特異度31.5%で、 すべてに当てはまらなければ骨折の可能性は極めて少なかった²⁾.

使用上の注意点

  • 臨床的に重要でない軽微な骨折の否定や、固定免荷が不要かを予測するスコアではない²⁾.

参考文献

  1. Decision rules for the use of radiography in acute ankle injuries. Refinement and prospective validation. JAMA. 1993 Mar 3;269(9):1127-32. PMID: 8433468.
  2. Accuracy of Ottawa ankle rules to exclude fractures of the ankle and mid-foot: systematic review. BMJ. 2003 Feb 22;326(7386):417. PMID: 12595378


最終更新:2022年5月10日
監修医師:聖路加国際病院救急部 清水真人

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!