著者

海外ジャーナルクラブ

9日前

【論文】気管支拡張症は肺癌リスクの上昇と関連 (喫煙有無にか関わらず)


Choi Hらは、 気管支拡張症の有無による肺癌リスクをコホート研究で検討した. 結果、 喫煙状況に関係なく、 肺癌リスクの上昇と関連していたことが明らかとなった. 本研究はAnn Am Thorac Soc誌において発表された.

背景

気管支拡張症が肺癌リスクを増加させるかについて、 従来の研究では喫煙歴が考慮されていなかったため評価は不十分であった.

研究デザイン

2009年に韓国で国民健診プログラムに参加した385万8,422名が対象としたコホート研究.

肺癌診断日、 死亡日を2018年12月まで追跡し、 気管支拡張症の罹患患者 (6万5,305名) と非罹患患者 (379万3,117名) における肺癌発生率をCox比例ハザード回帰モデルを用いて評価した.

研究結果

参加者の肺癌発生率は?

気管支拡張症を有する参加者は有しない参加者に比べて有意に肺癌発生率が高かった.

1,000人年当たり 2.099人 vs 0.742人
aHR 1.22 (95%CI 1.14~1.30, P<0.001)

喫煙との関連は?

喫煙の有無にかかわらず、 肺癌のリスクは気管支拡張症のある参加者で有意に高かった

非喫煙者のaHR 1.28 (95%CI 1.17~1.41)
喫煙経験者のaHR 1.26 (95%CI 1.10~1.44)

結論

気管支拡張症の存在は、 喫煙の有無にかかわらず、 肺がんリスクの上昇と関連していた.

原著

Choi H、 et al、 Non-Cystic Fibrosis Bronchiectasis Increases the Risk of Lung Cancer Independent of Smoking Status.Ann Am Thorac Soc. 2022 May 9. doi: 10.1513/AnnalsATS.202111-1257OC. PMID: 35533306


こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院 救急部 清水真人先生
聖路加国際病院
救急部 清水真人先生

2013年慶應義塾大学医学部を卒業。初期臨床研修修了後、2015年聖路加国際病院救急部入局。就任間もなく聖路加ベストティーチャー賞を連続受賞。救急・集中治療、 医学教育を専門とする他、Webツールの医療現場での利用に精通し、 複数の雑誌で連載を行う。

聖路加国際病院
アプリ、web版でノートを開いたときのイメージ

HOKUTOをご利用いただくには

アプリからの新規登録が必要です。

アプリでの新規登録完了後、アプリ版の全機能と、

Web版のノート機能をご利用いただけるようになります。

※Web版のノート以外の機能は現在開発中です。

今すぐ無料ダウンロード!