【JAMA Oncol】オシメルチニブが希少なEGFR変異陽性の未治療NSCLCで有望
著者

海外ジャーナルクラブ

5ヶ月前

【JAMA Oncol】オシメルチニブが希少なEGFR変異陽性の未治療NSCLCで有望

【JAMA Oncol】オシメルチニブが希少なEGFR変異陽性の未治療NSCLCで有望
Okumaらは、 exon20挿入変異以外の希少なEGFR遺伝子変異を有する未治療の転移性非小細胞肺癌 (NSCLC) 患者を対象に、オシメルチニブの有効性および安全性を多施設共同非盲検単群第Ⅱ相非無作為化比較試験UNICORNで検討した。 その結果、 オシメルチニブは有望な臨床活性を示し、 有害事象も管理可能であった。 本研究はJAMA Oncol誌において発表された。

📘原著論文

First-Line Osimertinib for Previously Untreated Patients With NSCLC and Uncommon EGFR Mutations: The UNICORN Phase 2 Nonrandomized Clinical Trial. JAMA Oncol. 2023 Nov 22:e235013. PMID: 37991747

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

希少対象患者の単群観察研究で何となく40例のように見えますが、 帰無仮説を奏効率 (ORR) 20%、 対立仮説をORR40%とすると、 有意水準5%、 検出力80%を達成するためには38例の症例が必要であったと、 きちんとサンプルサイズを設定している点が素晴らしいです。

🔢関連コンテンツ

タグリッソ錠80mg

抗悪性腫瘍薬>チロシンキナーゼ阻害薬

肺癌のTNM臨床病期分類

肺癌の病期分類 (UICC-8版)

背景

希少なEGFR遺伝子変異を有するNSCLCはまれなサブグループであり、 全EGFR遺伝子変異の14%を占める。

研究デザイン

対象

希少なEGFR変異を有する転移性NSCLC患者 : 40例

介入

オシメルチニブ80mgを1日1回経口投与。

主要評価項目

ORR

副次評価項目

病勢コントロール率 (DCR)、 無増悪生存期間 (PFS)、 治療失敗までの期間 (TTF)、 全生存期間 (OS)、 奏効期間 (DoR)、 安全性

研究結果

解析対象

適格患者40例のうち55.0% (22例) は男性であり、 年齢中央値は72歳 (範囲 39.0-88.0歳) であった。

高頻度に認めた変異

  • G719X : 50.0%
  • S768I : 25.0%
  • L861Q : 20.0%

有効性評価

主要評価項目

ORR : 55.0% 

90%CI 40.9-68.5%

副次評価項目

  • DCR : 90.0%
90%CI 同76.3-97.2%
  • PFS中央値 : 9.4ヵ月
同3.7-15.2ヵ月
  • TTF中央値 : 9.5ヵ月
同5.6-30.3ヵ月
  • OS中央値 : NR
同19.3ヵ月-NR
  • DoR中央値 : 22.7ヵ月
同9.5ヵ月-NR

単独変異・複合変異別の解析

ORR

  • 単独変異 : 45.5%
90%CI 26.9-65.3%
  • 複合変異 : 66.7%
同43.7-83.7%

PFS中央値

  • 単独変異 : 5.4ヵ月
同3.6-22.7ヵ月
  • 複合変異 : 9.8ヵ月
同5.1ヵ月-NR

OS中央値

  • 単独変異 : 23.0ヵ月
同12.3ヵ月-NR
  • 複合変異 : NR

DoR中央値

  • 単独変異 : 22.7ヵ月
同3.6-22.7ヵ月
  • 複合変異 : NR
同5.7ヵ月-NR

安全性評価

  • Grade3~4の有害事象が27.5% (11例) で報告され、 12.5% (5例) に間質性肺疾患が発現した。
  • 有害事象はすべて管理可能であり、 治療に関連した死亡例はなかった。

結論

オシメルチニブは、 exon20挿入変異以外の希少なEGFR遺伝子変異を有する未治療の転移性NSCLC患者において、 有望な臨床活性を示し、 有害事象も管理可能であった。 この患者集団に対する治療選択肢として、 オシメルチニブの使用が支持される。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【JAMA Oncol】オシメルチニブが希少なEGFR変異陽性の未治療NSCLCで有望