著者

海外ジャーナルクラブ

147日前

【JACC】通称 「ハッピーハート症候群」 楽しい感情誘引によるたこつぼ症候群

D'Haens Gらは、 GEISTレジストリに登録されたたこつぼ症候群 (TTS) の患者を対象に、 ポジティブな感情的因子によるTTS (ハッピーハート症候群) の頻度や臨床的特性、 予後に与える影響を検討した. その結果、 ハッピーハート症候群はブロークンハート症候群と比較して男性患者に多く、 短期および長期の転帰は同様であることが明らかとなった. 本研究はJACC : Heart Failure誌において発表された.

背景

  • たこつぼ症候群 (TTS)の特徴として、 先行するストレス因子との関連性が指摘されている.
  • TTSの前にネガティブな感情を持つことはよくあり、これは "ブロークンハート症候群"と呼ばれている.
  • 一方、 ポジティブな感情誘因によるTTSである "ハッピーハート症候群" は稀であり、 これまでほとんど研究されていない.

研究デザイン

多施設共同GEISTレジストリ*に登録されたたこつぼ症候群 (TTS) 患者2,482例をストレス要因によって分類し、 ポジティブな感情誘引によるTTSである "ハッピーハート症候群" の特徴を比較、検討した.

*GErman-Italian-Spanish Takotsubo

研究結果

  • 登録患者2,482人のうち、 36.7% (910例) が何かしらの感情的誘因を示した. うち、ハッピーハート症候群は4.1%であった (全TTS症例の1.5%)
  • ネガティブな感情誘引 「ブロークンハート症候群」:95.9% (873人)
  • ポジティブな感情誘引 「ハッピーハート症候群」:4.1% (37人)
  • ハッピーハート症候群の患者は男性であることが多く (18.9 vs 5.0%, P<0.01)、 特に左室中部での非定型バルーンニングパターンの発生率が高かった (27.0 vs 12.5%, P=0.01).
  • 院内合併症および長期死亡率は同程度であった.
  • 院内合併症 (8.1 vs 12.3%, P=0.45)
  • 長期死亡率 (2.7 vs 8.8%, P=0.20)

結論

ハッピーハート症候群は、 ブロークンハート症候群と比較して男性患者の割合が高く、 左室中部での非定型バルーンニングを特徴とするまれなタイプのTTSである. 本研究では短期および長期の転帰は同様であったが、 より大きなサンプルサイズにおいて「ハッピーハート」において数値的に低いイベント率が統計的に有意であるかどうかを調査するために、 さらなるデータが必要である.

原著

Stiermaier T, et al, Happy Heart Syndrome: Frequency, Characteristics, and Outcome of Takotsubo Syndrome Triggered by Positive Life Events. J Am Coll Cardiol HF. 2022 Jul, 10 (7) 459–466

👨‍⚕️ HOKUTO監修医コメント
JACC (ジャック) は循環器系雑誌の中で、面白い研究テーマが採用されるイメージがありますね. なので読んでいて非常に興味深いです. 今回、 Abstractに長期アウトカムは同様と記載されていますが、 長期死亡率は2.7% (ハッピー) vs. 8.8% (ブロークン) の差をどう捉えるか、 βエラーと考えた方がいいかもしれませんね.

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師