【Gut】MASLDの長期予後予測に血清フェリチン値が有用
著者

海外ジャーナルクラブ

20日前

【Gut】MASLDの長期予後予測に血清フェリチン値が有用

【Gut】MASLDの長期予後予測に血清フェリチン値が有用
Armandiらは、 代謝機能障害関連脂肪性肝疾患 (MASLD) の患者を対象に、 ベースラインの血清フェリチン値と長期転帰の関連を多施設コホート研究で検討した。 その結果、 血清フェリチン値がMASLD患者の長期予後予測に役立つ可能性があることが示唆された。 本研究は、 Gut誌において発表された。

📘原著論文

Serum ferritin levels can predict long-term outcomes in patients with metabolic dysfunction-associated steatotic liver disease. Gut. 2024 Jan 25:gutjnl-2023-330815. PMID: 38199805

👨‍⚕️HOKUTO監修医コメント

MASLD患者の長期予後予測に血清フェリチン値が有用であり、 カットオフ値が肝関連イベント、 全死因死亡リスクともに示されているので臨床現場で検証可能です。

🔢関連コンテンツ

FIB-4 index

肝線維化のリスク評価

NAFLD線維化スコア (NFS)

非アルコール性脂肪性肝疾患の肝線維化リスク

背景

高フェリチン血症は、 MASLD患者における肝線維症の重症度と関連しているが、 長期転帰における意味についてはこれまで十分に検討されていなかった。

研究デザイン

対象

MASLD患者 : 1,342例

方法

フェリチンと交絡因子または非侵襲的スコアリングを考慮した4つの生存モデルが、 5分割交差検証のスキーマを繰り返しながら適用された。 予測性能はHarrellのC-indexで評価し、 共変量としてフェリチンを含めることで改善がみられるかどうかが検討された。

研究結果

追跡期間中央値96ヵ月における転帰

  • 肝関連イベント : 7.7%
  • 肝細胞癌 : 1.9%
  • 心血管イベント : 10.9%
  • 肝外癌 : 8.3%
  • 全死因死亡 : 5.8%

高フェリチン血症と転帰の関連

高フェリチン血症により肝関連イベントのリスクが50%、 全死因死亡のリスクが27%増加した。

フェリチン閾値とC-indexとの関連

ベースラインのフェリチン閾値が段階的に増加すると、 C-indexが統計学的に0.02から0.03の範囲で増加した。

イベント発生のリスク閾値

肝関連イベントの発生リスク : 閾値215.5μg/L

HR中央値 1.71、 C-index 0.71

全死因死亡のリスク : 閾値272μg/L

HR中央値 1.49、 C-index 0.70

FIB-4、 NFSへの影響

予測モデルに血清フェリチン閾値 (215.5μg/Lと272μg/L) を含めることで、 肝関連イベント (C-index>0.71) と総死亡 (C-index>0.65) の長期的リスク評価におけるFibrosis-4 (FIB-4) と非アルコール性脂肪肝疾患 (NAFLD) 線維化スコア (NFS) の性能が向上した。

結論

MASLD患者の長期予後予測に、 血清フェリチン値を用いることの可能性を支持している。

ポストのGif画像
【Gut】MASLDの長期予後予測に血清フェリチン値が有用の全コンテンツはアプリからご利用いただけます。
臨床支援アプリHOKUTOをダウンロードしてご覧ください。
今すぐ無料ダウンロード!
こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Gut】MASLDの長期予後予測に血清フェリチン値が有用