著者

HOKUTO通信

41日前

背番号は3桁 「育成」は何が違う?ー京大医学部ドラフト指名ー

京都大医学部の水口 (みなくち) 創太投手 (23) が、 プロ野球ソフトバンクから育成ドラフト7位で指名を受けた。 ここでは普通のドラフトと 「育成」 の違いを紹介する. 

球界入り 即答避ける

「周りの意見を聞きながら、 自分なりに結論を出したい」 20日のドラフト会議後、水口投手はこう語った。

京大からは2014年の田中英祐投手 (17年末に引退) 以来2人目、同大医学部では初のドラフト指名という朗報に、喜びを口にしながらも球界入りの即答を避けた。 指名が 「育成」 という枠だったからだ。

報道陣の求めに応じてポーズをとる水口選手 (京都大提供)

一軍公式戦は出られない

プロ野球の育成選手制度は2005年、 若手の発掘と育成のために設けられた。 1球団最大70人までの「支配下登録選手」(一軍、 二軍の所属全選手) とは別枠となる。

「育成」 は「支配下」とどう違うのか。 まず大きいのは、出場できるのがオープン戦や二軍の試合に限られ、一軍の公式戦には出られないことだ。

見た目では、 3桁となる背番号が目を引く。 基本は100番台だが、 打撃投手などのスタッフと区別するため、 0から始まる3桁や200番台とする球団もある。

最低年俸は約半分

お金の条件はかなりシビアだ。 最低年俸は 「支配下登録」 の420万円に対し、 230万円。 育成契約選手の年俸はおおむね400万程度までと推定されており、 億単位を稼ぐことも多い一軍の主力選手とは大きなギャップがある。

通常のドラフトなら指名された選手個人に支払われる契約金もない。 代わりに約300万円の支度金が支払われるという。

育成からスター選手へ

過去には、 育成出身で1億円プレーヤーになった巨人の山口鉄也投手 (2018年に現役引退) のようなケースも多い。 待遇の厳しさをパワーに変え、スター選手にのし上がる力強さが求められている。

京大初のプロ野球選手となった田中投手は1軍未勝利のまま、 3年間でプロ生活を終えた. 水口投手が入団を決意した際は、京大出身投手として新たな歴史を築けるか注目したい.

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
アプリをいますぐ
無料ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師