【Nutrients】ワイン摂取により心血管死亡率、 CVD、 CHDのリスクが低下
著者

海外ジャーナルクラブ

9ヶ月前

【Nutrients】ワイン摂取により心血管死亡率、 CVD、 CHDのリスクが低下

【Nutrients】ワイン摂取により心血管死亡率、 CVD、 CHDのリスクが低下
Lucerón-Lucas-Torresらは、 ワイン摂取量と心血管疾患 (CVD) および心血管死亡率との関連性を系統的レビューとメタ解析で検討。 その結果、 ワインの摂取は心血管死亡率、 CVD、 冠動脈性心疾患 (CHD) のリスク低下と関係があることが確認された。 本研究はNutrients誌において発表された。 

📘原著論文

Association between Wine Consumption with Cardiovascular Disease and Cardiovascular Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis. Nutrients. 2023 Jun 17;15(12):2785. PMID: 37375690

👨‍⚕️監修医師のコメント

ワインの摂取量が不明である点は大きなlimitationです。 またこのような研究には、 必ずワインの代替を考える必要があります。 ワインを飲まないのであれば、 他に何を飲んでいるのか、 この発想が極めて重要です。


研究デザイン

方法

ワインの摂取と心血管イベントの関係について検討した25の研究 (メタ解析には22の研究が含まれた) を解析

研究結果

ワイン摂取と心血管疾患のリスク

  • CHDリスク:RR 0.76 (95%CI:0.69, 0.84) 
  • CVDリスク:RR 0.83 (95%CI:0.70, 0.98)
  • 心血管死亡リスク:RR 0.73 (95%CI:0.59, 0.90)

結論

ワインの摂取は心血管死亡率、 CVD、 CHDのリスク低下と関係があることが確認された。 しかし、 年齢や薬物使用、 病態などによりアルコールに弱い人々に対しては、 ワインの摂取量を増やすことが有害である可能性もあるため、 これらの結果は慎重に解釈することが求められる。

こちらの記事の監修医師
こちらの記事の監修医師
HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

HOKUTO編集部
HOKUTO編集部

編集・作図:編集部、 監修:所属専門医師。各領域の第一線の専門医が複数在籍。最新トピックに関する独自記事を配信中。

監修・協力医一覧
QRコードから
アプリを
ダウンロード!
HOKUTOのロゴ
HOKUTOのロゴ
今すぐ無料ダウンロード!
様々な分野の医師
様々な分野の医師
【Nutrients】ワイン摂取により心血管死亡率、 CVD、 CHDのリスクが低下